貯金ができない人5つの共通点「タクらない」「メールにレスしない」

貯金ができる人は、高収入でも低収入でも貯金ができます。逆に、貯金ができない人は、収入の多寡に関わらず貯金ができない。お給料が低くても、将来のことを考えてちゃんと貯金ができる女性の、5つの共通点をまとめました。

 

1・残業代を請求する

「うちの会社残業代でないんだよね」と聞くことがあります。貯金のできる人は、残業代が出ないような環境で働きません。残業代が出ないのに働いているということは、会社に時間を盗まれているようなものです。定時で上がれば、副業をしたり将来のために勉強をしたり人と会って役立つ話を聞いたりできます。

 

残業代が出ているのなら、そのお金をまるまる貯金に充てることができます。でも、貯金ができない人は、残業代がでないことを他人に吐露するくらいで、何もしません。それが当たり前だと思っているのでしょう。それでいて、飲み会の会計で1000円多く取られれば「2度と行かない」などと言うのでしょう。労働や時間の価値を全く理解していない。

 

どんなブラックな会社でも、粘り強く交渉すれば残業代が出るかもしれません。交渉・確認ができないのは、自分の仕事に自信がないからです。仕事ができないから、交渉できない。能力が低くとも、あなたが仕事を頑張っていれば交渉できます。残業代を請求できないのは、仕事を頑張っていないから。そういう人は永遠に貯金ができません。貯金ができる人は、正当な対価として残業代を請求できます。

 

2・歩いて帰らない

仕事が遅くなった、友人と飲んでいた、そんな理由で終電の時間を過ぎてしまうことは誰にでもあるでしょう。そんなとき、1時間ないし2時間かけて歩いて帰る人は貯金ができません。貯金ができる人は、時間を無駄にせず、自分への投資ができるので、数千円かかってもタクシーで帰ります。体力や睡眠時間を大切にし、翌日のパフォーマンスを万全にします。

 

3・メールの返信が早い

メールの返信が遅いということは、返信までの時間に貯め続けたメールをすべて管理しなければいけません。これは、脳に無用な負荷がかかります。すると、他の作業のパフォーマンスが落ちてしまう。優先すべきはなんなのかが分かっていません。そういう人は、無駄な買い物をする傾向にあります。

メールの返信が早い人は、無駄を省き効率よく働くので、その思考が貯金にも反映されていて、お金がよく貯まります。

 

4・できないって言わない

仕事ができるかどうかは、貯金ができるかどうかに関係があります。仕事ができる人の中には、貯金ができる人とできない人の両方がいますが、仕事のできない人の中には貯金ができない人しかいません。

 

それは、そもそもの給料が著しく低いからです。仕事で、誰かから何かを依頼されたとき簡単に「できません」という人のところにお金は集まりません。どうやったらできるかを考えておらず、さらに仕事に対するプライドもない。プライドがないということは、やりがいを感じていない。仕事がたのしくないのでしょう。

 

そうなると、ただ賃金をもらうためだけに働いていることになります。それが、どんなに虚しく生産性のないことか分かっていない人は、将来のことを考え、計画をたてることもできない。

 

貯金のできる人は仕事を楽しんでいてプライドがありおいそれと「できない」と言わない、あるいは、ものすごく割り切って働いているかのどちらかです。

 

5・何が経費になるか分かっている

貯金ができない人は、会社の業務の延長で買ったものを自費で購入している場合があります。仕事に活かせるから買ったのに、領収証を経理に持っていかない。持っていったこともないから経費になるかどうかもわからない。

 

経費では落とせないかもしれないけれど、一度確認するべきではないでしょうか。経費で落とせるのなら、その分は貯金に回せますし、仕事のために必要なものをさらに多く購入して自分の能力や経験値を上げることができます。

 

貯金ができない人は「どうせ無理だから」「億劫だから」そんな情けない理由で、確認を放棄します。貯金ができる人は、そんな確認を厭わないでしょう。

 

勤務先の平均賃金が低くても、あなたがしっかりしていればお金を貯めることができます。今の努力は、将来のキャリアアップの礎です。お金の動きも仕事も、常に長期的な視点で捉えましょう。

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

知ってた?電子マネーで電気代やクルマ税をお得に納付できるらしい!

税金を納めることは義務のひとつですが、少しでも節約になればうれしいですよね。そして人気急上昇の電子マネーを利用して納めたい!という方も多いのでは?今回は、税金や…

【軽減税率】意外な盲点!「重曹」は8%?10%?間違えると損をする!

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、東京国税局に入り、退職して、吉本で芸人をやっています。芸人として得た知識やスキルで、記事を書き、講演会を行い、ファイナンシャルプランニングをやっていま…

年収8000万のお金持ちが飛行機に乗るとき「絶対しないこと」って?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、国税局に入り、退職して、現在は、吉本興業で芸人をやっています。芸人として売れていませんが、アルバイトはしていません。みなさんの知らないところでメディア…

【二度目のデートに誘われない女】年収8000万に「嫌われること」とは…

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本で芸人をしながら、税金のことを日々考えて生活しています。税金のことを考えていないときは、ご飯のことを考えています。今日はどこへ行こうかな、明日はどこへ行こうかな、…

年収8000万以上の人はアレを食べない⁉ 寿司屋での「お金持ちの流儀」とは

元国税局職員さんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をしながら、どこかで書いたりどこかに出たりしています。取材を受けることもありますし、取材をすることもあります。それはもう、様々な人と出会います。出会って、…

30代半ば芸人は年収190万、バイトで生計を立てる。その暮らしは明るいのか?

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をやっています。日々、お金の知識や情報を集めていますが、その中でも芸人たちのお金事情は大変興味深いと思います。実録!若手芸人のアルバイト事情とは95%の…

吉本のギャラは本当に9:1?現役芸人が語る「コスト」の話【元国税芸人】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。世間の注目を浴びている吉本興業株式会社で芸人をやっています。芸人さんたちのTwitterの投稿には「吉本という会社が好きです」「嫌な思いもしたけど、素敵な社員さんもたくさん…

これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。多くの芸人がアルバイトをする中、ぼくは講演会や執筆、稀にあるメディアへの出…

2000万時代の老後資金を狙いにくる「情報詐欺」にやられないための心得

元国税局職員 さんきゅう倉田です。僕は芸人をしています。大学を卒業して、東京国税局に入り、惜しまれることなく退職して、芸人になりました。現在34歳で、活況は呈していませんが、ファイナンシャルプランナー…

家賃50万のマンションに住むのはどういう人?意味のわからないその生態

元国税局職員さんきゅう倉田です。よしもとさんで芸人をしています。いま、芸人として身につけたスキルと知識で、文章を書いています。ぼくは、大学を卒業後、国家公務員として東京国税局に入り、退職して芸人になり…

年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事