40代の春スカート、品よくキマる3大「痛くない」トレンドは?

日に日に暖かくなってきて、脚取りも軽くなるこの時期。冬に大活躍したパンツスタイルから、スカートに履き替えるだけで春気分が高まります。今季は久しぶりにミニスカートも流行っていますが、同時にミモレ〜マキシ丈などのロングタイプも大人気。脚のラインや膝を見せたくない、アラフォー世代にも優しいトレンドです。ただ、選ぶデザインを間違うと一気に痛くなるので、今回はそんな春におすすめの3つのスカートをご紹介します。

 

揺れ感&透け感のあるプリーツスカート

アラフォーがフェミニンなスカートスタイルを目指すなら、ふんわりとした揺れ感や、やりすぎない透け感が楽しめるプリーツスカートがおすすめ。軽くて柔らかな印象なので、ペールトーンのカラーなども無理なく楽しめます。

 

ブラウスやジャケットを合わせればお仕事スタイルに、スウェットやプルオンパーカを合わせれば休日コーデにと、着こなしの幅も広いアイテムです。

 

 

 

ただ、プリーツ自体が華やかなので、柄ものは少しトゥーマッチな印象になってしまう可能性も。30代までならスニーカーなどでカジュアルに合わせればOKですが、アラフォー世代には、単色の方が着こなしやすいです。

 

全体的にシワのあるランダムプリーツスカートも、爽やかな揺れ感が特徴の今季のトレンドとは違うので、アラフォーにはおすすめしません。

 

ストンと落ち感があるロング丈スカート

今季はミモレ丈よりさらに長い、マキシ丈もトレンドです。

 

脚のラインを拾わない落ち感のある素材感のものなら、多少フレア感があっても甘くなりすぎず、スタイルアップも簡単。シンプルな印象ではけるので、スカートで柄物を取り入れるなら、このシルエットのタイプがおすすめです。

 

 

今季なら、ストライプやチェック柄なども40代に似合いやすいので試してみてください。ただ、派手色やサテン素材などの過剰なツヤ感があるものは、印象が強すぎて着こなし方が難しくなることもあるので、選ぶ際に試着するなどして注意してください。

 

タイトシルエットのミモレ丈スカート

すっきりシルエットのタイトスカートは、お仕事にも重宝するきちんと感が魅力。定番のベーシックカラーの他、今季ならリネンやジャガードなどリラックス感のある素材でデイリーに取り入れたり、ペールトーンやカラーレースなどでフェミニンに着こなすのもおすすめ。

 

ただし、小さめサイズを購入してしまうとシルエットを拾いやすいので、いつもより少しゆとり感のあるサイジングのものを選んだり、ラップスカートタイプのタイトスカートを選ぶと体型カバーにも役立ちます。

 

 

 

同じタイトスカートでも、フロントボタンやポケットのついたデニムタイプだと、一気にカジュアル感がアップしてしまうので、オンオフ問わずに着こなすなら大人っぽく着られる素材がおすすめです。

 

 

ロング丈でもNGなスカートって?

ギャザーやタックでウエスト周りからボリュームが出るフレアタイプのスカート。ふんわりと可愛らしい雰囲気ですが、体型が変わってくる40代女性には、ウエスト周りが太く見えたり、若作りな印象を与えてしまう可能性も。特に白ベースの花柄やパステルカラーなど、目立ちやすい柄や膨張色は避けたほうが無難です。

 

いかがだったでしょうか。楽で足さばきがよく、体型カバーまで叶えるスカートは、着こなしに悩む40代にこそ欠かせないアイテム。軽やかなカラー&質感のスカートを主役に、華やかな春コーデを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

結局、40代を一番キレイに見せるデニムって? その正解はコレだ!

まだ肌寒い今の季節に活躍するのが、動きやすくてほどよく保温性もあるデニムスタイル。冬はニットにあわせて、春はブラウスやTシャツをあわせて一年通して履けるので、ど…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

【着太り】40代の白ボトムスは○○で「若作りオバサン」防止!

まだ5月だというのに、早くも夏日が続いている今年。そんな今の時期に活躍するのが、着こなしに清潔感と女性らしい爽やかさを与えてくれる白ボトム。ベーシックカラーなので40代にも取り入れやすく、トップスの色を…

着やせのコツはパーツで違った!【二の腕・下腹・お尻・太もも】気になる部分別やせテク

気温も上がり、そろそろ薄着になりごまかしが効かなくなる季節。どうせなら少しでも着痩せして見えたい、スタイル良く見えたいと思うのは40代女性たちの本音です。今回は、部位別に着痩せする着こなしのポイントをま…

40代が【飛びついちゃダメ!】この春の流行大反省会

10日間のゴールデンウィークも終わり。年号も令和に変わって早1週間、春のお買い物もひと段落したという人も多いのではないでしょうか。お仕事シーンと違って、長い連休中は着こなしのバリエーションに困った、旅行…

断捨離は何から始めて、どこまで捨てる?後悔しないコツと手順、成功例は

寒暖差が大きかった今年の春。ようやく本格的に暖かくなってきたので、このゴールデンウィークにクローゼットの衣替えをしようと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、クローゼットを占める割合の多いア…

40代は「着映え感」が大切!パッと華やかに見える3つのコーデテクって?

気温もグッと上がり、春本番を迎える4月。そろそろ着こなしも本格的に春っぽくしたいけど、なぜかいつも似たような格好になってしまって、イマイチ気分も上がらない……。なんて人も多いはず。今回は、40代の“着映え”…

新パーソナルカラー診断別、40代女性たちの春のマストバイアイテム

先日は季節外れの雪も降りましたが、春もいよいよ本番のこの時期。気温の上昇とともに、冬から春への着こなしのスイッチングを意識する季節がやってきました。今回は、「パーソナルカラー診断」を元におすすめの春ア…

黒紺グレーばっかり持ってない?「地味コンサバおばさん」を脱出する5つの方法

華やかな色の服が流行る春になっても、結局買い物に行くと無難な色を選んでしまう、というアラフォーの人も多いはず。確かに着回しやすさや、大人でも浮かないという利点はありますが、保守的すぎる着こなしで密かに…

この春買うべきトレンチ、やめるべきパーカーは?40代春ファッションOK・NG

3月に入り気温が高い日も増えてきたので、分厚いコートもそろそろ出番が減ってきました。そんな今、一番に購入したいのがコートやジャケットなどの羽織りもの。シーズンのはじめは、何を買い足していいのかわからな…

まだ着ていたら痛い!? 40代が「即捨てるべき」7つのアイテム【2019春】

気温も上がってきて、そろそろワードローブも冬物から春物へと入れ替えたい時期。春の新作を買い足す上で、去年のアイテムをどれを残してどれを処分しようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。体型の変化や流…

痛くない!「オバ見えしがちな春ワンピ」を5歳若くする着こなしワザ

寒さは続いてますが、少しずつファッションでも春の気分を取り入れていきたいこの時期。今シーズンはワンピースがとにかく大豊作なんです。だからこそ、積極的に取り入れて行きたいけれど、どうしても「痛いかも……」…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事