「自然にお金がたまる人」は腰を曲げない?言われてみればその通りの小さな習慣

「あっちのスーパーのほうが安いわあ、ちょっと遠いけど行っちゃおうかしら」

数百円や数十円を追い求めて、スーパーやドラッグストアを移動していませんか。少しでも価格の安いものを求めるのは大切ですが、下がった価格以上のコストがかかってしまっては本末転倒です。

コストとリターンを比較するのは投資のときだけではありません。日常生活でも、意識する必要があります。

 

1・いつも自分の時給を念頭に置いてコスパを考える

この記事をご覧のみなさまのお給料は、時給に換算するとどれくらいでしょうか。2000円か、はたまた3000円か、4000円や10000円という方もいるかも知れません。

 

少なくとも、みなさんの時間にはそのくらい価値があるわけです。ちょっとベーコンが安いからと行って、歩いて向かってはいけません。多少高くとも、会社の近くや駅前のスーパーで買い物をして、浮いた時間で休息をとったり仕事をしたりするほうが良いのです。

 

「あたしってば、また横着して、特売日にスーパーに行かなかったわ」などと悔いる必要はありません。特売のためにスケジュールを調整して、混雑する店内に闖入し、果てしなく並ぶレジで順番待ちをして、ストレスを貯めなくてよいのです。それだったら、15分残業して超過勤務手当をもらうほうが、効率的。それが、稼ぐ力がある人のアドバンテージです。

 

 2・「無料」には、特別な効用があるということを意識する

何も「特売に行くな」というわけではありません。商品が通常の取引価格より安いって、魅力的ですよね。

 

人は安いものに、その値引き分以上の価値を感じます。

 

例えば、1000円のチョコレートが800円になっているのを見つけるより、100円のチョコが無料になっているのを見つけるほうが、興奮しませんか。前者は200円引き、後者は100円引きです。でも、後者のほうが嬉しく感じる。無料には、とてつもない価値があります。

 

無料とまではいかなくとも、著しく値引きされた商品を購入できれば、あなたの満足度は高まり、ストレスが軽減されるでしょう。そのためには、多少長距離を移動しても良いかもしれません。でも、少々の値引きで、あなたの貴重な時間を消費するのは絶対にやってはいけないのです。

 

 3・「駅の向こう側のドラッグストア」には行かない

今、あなたがいるスーパーではトイレットペーパーが400円で売っています。でも、駅の向こう側のドラッグストアでは200円です。この後、駅の向こう側に行く予定はありません。あなたならどうしますか。シングルかダブルか迷いながら、駅を越えますか。

 

トイレットペーパーの価格差は200円です。あなたの時給が2000円なら200円は6分の労働で稼ぐことができます。駅の向こうのドラッグストアが往復6分以内なら買いに行っても良いでしょう。

 

時間とお金は等価です。

 

6分以上かかるのに買いに行くのは、自分の財布からお金を捨てながら歩いているのと同義です。ドラッグストアの店員が俳優並みにカッコいいか店長に弱みを握られていない限り、行くのは控えましょう。

 

4・腰を曲げて手を伸ばすと、お金は貯まらない

お金の価値は、その人によって異なります。これを“お金の相対的価値”といいます。芸人チームは交通費で1000円もらったら大喜びですが、パパ活している女の子は1000円もらったら悪態をつくでしょう。

 

昔、代官山の2畳の家に住んでいたとき、「どうして住んでいるんですか?」とよく聞かれていました。僕の答えは「治安がいいからです」。いっしょに治安の良いエピソードも紹介していました。それは「今日、家を出たときに家の前で見つけたんですけど、1週間前に落ちてた500円玉が、まだ落ちていた」というものです。

 

代官山の住人にとって、500円は膝を曲げて手を伸ばすことより価値が低いわけです。

 

安売りや移動時間も同じです。時給が低い人にとっては有効ですが、こちらの読者のような仕事ができる女性やアンテナを貼っている主婦の方には無用の節約です。

 

わざわざ、ドラッグストアに腰を曲げて手の伸ばす必要はありません。そんなことをするくらいなら、残業をしたり、夕飯のおかずを一品多くしたり、子供の雑巾を縫ったり、趣味のミシンに精を出したりするほうがよっぽど有意義です。

 

お金と時間を使うときは、常にリターンとの比較をするとお金が貯まりやすくなります。

 

 

スポンサーリンク

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

1000万円貯めたひとはこれをしていない!節約している「つもり」な3つのこと

こんなに頑張っているのに全然貯まらないのはどうして?と嘆いたり、あきらめたりしていませんか?マネー相談を3000件以上して感じるのは1000万円貯めた人は無理な節約はし…

40代でマンションを買う女性が陥りがちな落とし穴

40代になり、恋人もいないとなると、ふと頭をよぎるのが「この先もずっと独身かもしれない…」という不安。もし、一生独身ならマンションでも買って住む家は確保しておきた…

コレがバッグに入っていると貧乏に!「お金持ちが持ち歩かないもの」とは?

夏日が散見されるようになってきました。茹だるような暑さではないですが、天気予報で「夏日」と聞くと、夏が近づいている気がします。ぼくは、夏だからといって、海に行く…

これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。多くの芸人がアルバイトをする中、ぼ…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきか…

40歳独身の会社員が、定年までに貯めておきたいお金はいくらか?

40歳になると、将来のことを考えて、個人年金を考えたり、噂になっている確定拠出年金を調べてみたり、不動産投資のセミナーに参加してみたり、NISAの口座を開いてみたり…

30代半ば芸人は年収190万、バイトで生計を立てる。その暮らしは明るいのか?

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をやっています。日々、お金の知識や情報を集めていますが、その中でも芸人たちのお金事情は大変興味深いと思います。実録!若手芸人のアルバイト事情とは95%の…

吉本のギャラは本当に9:1?現役芸人が語る「コスト」の話【元国税芸人】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。世間の注目を浴びている吉本興業株式会社で芸人をやっています。芸人さんたちのTwitterの投稿には「吉本という会社が好きです」「嫌な思いもしたけど、素敵な社員さんもたくさん…

これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。多くの芸人がアルバイトをする中、ぼくは講演会や執筆、稀にあるメディアへの出…

2000万時代の老後資金を狙いにくる「情報詐欺」にやられないための心得

元国税局職員 さんきゅう倉田です。僕は芸人をしています。大学を卒業して、東京国税局に入り、惜しまれることなく退職して、芸人になりました。現在34歳で、活況は呈していませんが、ファイナンシャルプランナー…

家賃50万のマンションに住むのはどういう人?意味のわからないその生態

元国税局職員さんきゅう倉田です。よしもとさんで芸人をしています。いま、芸人として身につけたスキルと知識で、文章を書いています。ぼくは、大学を卒業後、国家公務員として東京国税局に入り、退職して芸人になり…

年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま…

「メールを返さない人」は成功しない、ごく当たり前すぎる2つの理由

元国税局職員 さんきゅう倉田です。日々、フリーランスとして、執筆や講演会をしています。メインの仕事は芸人なので、取材を受けたり、収録に行ったり、ライブに出たりもしています。すべての仕事のスケジュール管…

おひとりさまは【2000万】より多く貯めるべきなの?半分でいいの?

こんにちは、元国税局職員のさんきゅう倉田です。芸人としてライブに出たり、たまにテレビに出たり、記事を書いたりしています。さて、先日、金融庁かそれに類似する団体が発表した、老後の資産形成に関する資料を読…

「二度とご飯を食べたくない女性」に転落する7つの行動

元国税局職員 さんきゅう倉田です。おもに、芸人として活動しています。芸人になって10年ほど経つので、その10年で得たスキルで、文章を書いたり、講演会をしたりしています。このような仕事をしていると、たくさん…

【男が語る】年収300万円のイケメンと1000万円のブ男、どっちがコスパか

元国税局職員 さんきゅう倉田です。よしもとで芸人をやっております。「貧乏なイケメンとお金持ちで器量の悪い男どっちがいい?」そんな質問を友人からされたことがありませんか。熟考を要する究極の選択だと思いま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事