【男が語る】お金がかかるオンナと、かからないオンナ。どちちがモテるのか?

こんにちは、元国税局職員の芸人、さんきゅう倉田です。

さて、女性の友人に「金がかかるオンナとかからないオンナ、どっちがモテるかなあ」と聞かれました。「金がかかるオンナがモテるかい!」と心の中でつっこみながら、「どっちかなあ」とぼんやりした回答をし、残っていたワインを一気に飲みほしました。

若い女性と若くない女性のどちらがいいかは、好みの問題ですが、よりお金がかかるのは、若くない女性でしょう。デートをする度に思います。

 

年をとるほど「相手への要求」が増えていく理由は?

男性もそうですが、歳を取れば取るほど、経験値が増えていきます。いい思い出も悪い思い出もいっぱいです。いい思い出は、常に今の出来事と比較されます。このお店はあまり美味しくないなとか、昔の恋人のほうが良いプレゼントくれたななどと、過去を持ち出して判断します。

 

もちろん、過去の経験に勝っていることを、必ずしも求めているわけではないと思います。それでも、過去の経験から平均や基準を設けるはずです。非日常的な良い思い出のほうが強く印象に残るので、年を取れば取るほど、この基準は高くなります。

 

だから、質の高いもの、優れたもの、格式の高いもの、高額なものを求めているつもりはなくとも、満足のハードルは上がっています。

 

歳を取っていても経験の少ない人はいるでしょうし、歳が若くても経験豊富な人もいるでしょう。しかし、確率からいえば、若いほうが、相手への要求が少なくなります。

 

若い人ほど「些細なこと」でも喜んでくれる

男性でも女性でも、20歳くらいであれば、食事をご馳走になるだけでそれなりに喜ぶのではないでしょうか。彼らの収入は、ほとんどの場合、時給1000円程度のアルバイトです。35歳の男女とはお金の価値が全く異なります(ぼくも、今年度で35歳です)。

 

きっと、予約した居酒屋のコースが4000円でも高いと感じるでしょう。35歳なら、デートで4000円の食事をご馳走になっても、テンションは上がらないでしょう。「ごちそうさま、ありがとう」と言って終わりです。より経験が多い人なら、それが当然なので、お礼も言わないかもしれません。

 

僕の実例1・32歳女性。遅刻した上、払わない

2年ほど前、32歳の女性と食事にでかけました。午前10時に連絡してお誘いし、その日の14時に待ち合わせて、食事をすることになりました。場所は、恵比寿だったと思います。いつものように待ち合わせに遅れてきた彼女は、当然謝ることはせず、「久しぶり」と言いました。

 

1分ほど歩いて、ぼくが「この辺でお店探そう」と言うと「やっぱり。予約してないのね」と言われてしまいます。確かに予約をしていたほうが良かったかもしれません。ぼくは、少し、胸が苦しくなりました。

 

毎日のように見ている食べログを見て、お店を探します。近くのイタリア料理屋に行くことにしました。前菜とパスタと肉のグリルを食べ、トスカーナのワインを3杯ずつ飲んで、お店を出ました。

 

会計は、8000円くらいだったと思います。お会計のタイミングで、鞄から財布を出す素振りはありません。店を出ると、にこにこしながら、腕を組んできました。

 

その後、少し付近の商店を見たところで「そろそろ次の予定があるから帰るね」と別れたきり、会っていません。彼女を満足させることはできなかったように思います。

 

僕の実例2・21歳女性。当然のように財布を出す

数ヶ月前に、21歳の女性と出かけ、ビブグルマンに選ばれている店でワインを飲みました。食事を済ませて、店員さんに会計をお願いすると、鞄から財布を取り出していました。ぼくが紙幣を出し、店員さんに渡すと、「出しますよ」と言います。13も年齢が下なのに、無料で当然と思っていないようです。無料で当然なのに。

 

ぼくから誘い、ぼくの選んだ店での食事です。女性に負担させるようなことはありませんし、財布を出す仕草の有無など気にしません。満足してくれたか、そうでないかが大切です。様子を伺うと、21歳の女性は、満足してくれていたようです。

 

超美人の32歳より、普通の21歳のほうが男にとっては「コスパ」がいい

32歳の女性は、美人です。売れっ子ではないのですが、モデル業をしていました。海外に逃げた有名なお金持ちとも知り合いです。きっと、たくさんの男性に、いい思いをたくさんさせてもらっているのでしょう。ぼくからすれば、食事に行けただけで、幸運なことなのかもしれません。

 

例として、ふたりの女性とのエピソードを記しましたが、彼女たちに限らず、年令によるリアクションと満足度の違いは常に感じます。ぼくは未だ独身なので、女性と食事をする機会は、同じ年齢の男性の平均よりは多いと思います。

 

その中で感じるのは、経験の多い女性を満足させるのは大変なことで、その半分のコストで、多くを求めない女性と会うほうが、圧倒的にたのしいということです。読んでくださった方が、小さなことで滿足する方であれば、嬉しく思います。

スポンサーリンク

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男性心理】バツイチ男の心をつかむ40代女性の魅力とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第3…

【男性心理】なぜ女性との連絡先の交換は「ハードルの高い」儀式なのか

男性が「この女性いいな」と思ったときにどんなことを考えたり行動したりするのか。男性のこの行動ってどういう意味があるの?これって私は恋愛圏内のサインなの?それとも…

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もた…

【男性心理】40代バツイチ男が婚活で10人以上と会って思ったこと5つ

改めて振り返ってみるとバツイチ男の私は婚活にあたって、出会い系アプリ・Webサービス・飲食店のパーティ・友人の紹介・・・有料の結婚相談所や仲人サービス以外のありと…

男は意外と見てる…! 「トイレ帰り」にドン引きされている40代オバサン…3大NG

デート中、まだ深い仲になっていない間柄のときほどタイミングを迷いがちなのが、お手洗いに立つ頃合い。会話が盛り上がっているときにいきなり失礼するわけにもいなければ…

【軽減税率】意外な盲点!「重曹」は8%?10%?間違えると損をする!

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、東京国税局に入り、退職して、吉本で芸人をやっています。芸人として得た知識やスキルで、記事を書き、講演会を行い、ファイナンシャルプランニングをやっていま…

年収8000万のお金持ちが飛行機に乗るとき「絶対しないこと」って?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、国税局に入り、退職して、現在は、吉本興業で芸人をやっています。芸人として売れていませんが、アルバイトはしていません。みなさんの知らないところでメディア…

【二度目のデートに誘われない女】年収8000万に「嫌われること」とは…

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本で芸人をしながら、税金のことを日々考えて生活しています。税金のことを考えていないときは、ご飯のことを考えています。今日はどこへ行こうかな、明日はどこへ行こうかな、…

年収8000万以上の人はアレを食べない⁉ 寿司屋での「お金持ちの流儀」とは

元国税局職員さんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をしながら、どこかで書いたりどこかに出たりしています。取材を受けることもありますし、取材をすることもあります。それはもう、様々な人と出会います。出会って、…

30代半ば芸人は年収190万、バイトで生計を立てる。その暮らしは明るいのか?

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をやっています。日々、お金の知識や情報を集めていますが、その中でも芸人たちのお金事情は大変興味深いと思います。実録!若手芸人のアルバイト事情とは95%の…

吉本のギャラは本当に9:1?現役芸人が語る「コスト」の話【元国税芸人】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。世間の注目を浴びている吉本興業株式会社で芸人をやっています。芸人さんたちのTwitterの投稿には「吉本という会社が好きです」「嫌な思いもしたけど、素敵な社員さんもたくさん…

これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。多くの芸人がアルバイトをする中、ぼくは講演会や執筆、稀にあるメディアへの出…

2000万時代の老後資金を狙いにくる「情報詐欺」にやられないための心得

元国税局職員 さんきゅう倉田です。僕は芸人をしています。大学を卒業して、東京国税局に入り、惜しまれることなく退職して、芸人になりました。現在34歳で、活況は呈していませんが、ファイナンシャルプランナー…

家賃50万のマンションに住むのはどういう人?意味のわからないその生態

元国税局職員さんきゅう倉田です。よしもとさんで芸人をしています。いま、芸人として身につけたスキルと知識で、文章を書いています。ぼくは、大学を卒業後、国家公務員として東京国税局に入り、退職して芸人になり…

年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事