「メールを返さない人」は成功しない、ごく当たり前すぎる2つの理由

元国税局職員 さんきゅう倉田です。日々、フリーランスとして、執筆や講演会をしています。メインの仕事は芸人なので、取材を受けたり、収録に行ったり、ライブに出たりもしています。

すべての仕事のスケジュール管理、クライアントとのメールや電話のやりとりも自分で行っています。

そうすると、毎月たくさんの人と知り合います。会社員の方もいれば、代表取締役もいますし、同じフリーランスの人もいます。

その中で、この人が大成することはないだろうなと思うことがあります。

いくつか理由がありますが、大成することがなさそうな人に共通するのは、「成功していないのに、メールやメッセージをちゃんと返さない」です。

 

実は「メールを返さない人」は少数派である

ぼくの取引先で、メールやメッセージを返さない人はいません。もちろん、単発の取引ではそのような方もいましたが、それ以降、取引をすることはありませんし、もう会うこともないでしょう。

 

継続して取引する場合に、取引先にメールを返さないという人はほとんどいないと思います。それでも、メールの返信が異常に遅いとか、2.3通に一回しか返信がない取引先くらいはいるのでしょうか。

 

ぼくの取引先にはいませんが、浅い知り合いの中には、メール無精の方が何名かいます。彼らはきっと大成しません。

 

彼らがメールを返さない理由とその先を考えてみました。

 

メールを返さない理由は2つに分かれる

まず、メールを返さないのは、①返すのを「忘れている」 ②「返さなくてよい」と考えている のどちらかです。

 

①返すのを忘れている人は、それが頻繁に起きるのなら、愚か者の粗忽者のだらしのない人間です。天才でない限り、そういう人に継続的に仕事は回ってきません。よって、お金も増えません。

 

②返さなくてよいと考えている人は、相手のことをナメている人です。きっと、ナメていない人には、きちんと返信するのでしょう。

 

相手をナメることがある人は、取り繕ってもバレる

ここで、②の場合に「ナメられた人」と「ナメられていない人」がいることがわかります。

 

ナメられた人は、彼らと仕事はしないでしょう。返事がない時点で、仕事の話も進みませんし、彼らのために何かやってやろうと考えることはありません。

 

よほど、大金を積まれれば取引をするかもしれませんが、彼らがナメている相手に大金を支払うとは思えません。よって、彼らはこの取引先を失います。

 

では、「ナメられていない人」はどうでしょう。ナメられていない人は、メールがちゃんと返ってくるので、そこで違和感を覚えないかもしれません。しかし、彼らが人を見て判断する人間だというのは確実に分かります。

 

もちろん、ずっと二人だけの空間にいれば分からないかもしれませんが、他人の介在を永遠に許さないのは不可能です。

 

オフィスで他の人と挨拶をすることもあるでしょうし、喫茶店で店員さんと会話をすることもあるでしょう。そのようなとき、彼らが人を見て判断する人間であることは明確に分かります。

 

容易に、自分との対応の違い、機微を感じることができます。

 

「ああ、相手によって態度を変える人間なのだな」と気づけば、彼らをよく思う人間は、余程の変わり者だけです。

 

「相手で態度を変える人」がお金を逃していく理由とは

そうすると、そのような悪い人と、積極的に取引をする必要はないと考えます。いつ自分のこともナメてくるか分かりませんし、平気で足を掬い、裏切るかもしれません。

 

だから、彼らが偉大な人物で、こちらからどうしても取引をして欲しい場合以外は、人を見る悪癖を省みない限り、取引は増えません。

 

では、彼らが優れた業績のある偉大な国賓級の人物かというと、全くそういうことはなく、ぼくがメールをできるくらいですから、同じくらいのステージにいるわけです。

 

売れていない芸人のぼくと同じステージですから、一般社会でいうと大したことはありません。マリオでいうと1-2くらいです。

 

そのくらいにいるのに人を見ていたら、今後の成長を著しく阻害します。だから、そういう人は大成しません。

 

唯一の例外。女の子は男の子からのメールを無視してもよい

メールの不返信が非難されないのは、唯一、女の子が男の子からの誘いを無視するときだけです。

 

興味のない男の子から連絡が来たとき「あなたとは会えません」とは言いづらいものです。そこで「都合が悪いんです。また今度」などと返していると、男の子は何度でも誘ってきます。

 

こうなると、もう、無視するしかない。空気の読めない男の子は無視されて当然です。ぼくもたくさん無視されましたが、怒っていません。ただ、浅い知り合いの人たちが大成することはないと思います。

スポンサーリンク

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー…

1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

ほとんどの若手芸人が、多かれ少なかれ借金があります。それは、“お笑い”をお金にするのがとてつもなく難しいということもありますが、ぐうたらのダメ人間が集まる巣窟だか…

【軽減税率】意外な盲点!「重曹」は8%?10%?間違えると損をする!

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、東京国税局に入り、退職して、吉本で芸人をやっています。芸人として得た知識やスキルで、記事を書き、講演会を行い、ファイナンシャルプランニングをやっていま…

年収8000万のお金持ちが飛行機に乗るとき「絶対しないこと」って?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、国税局に入り、退職して、現在は、吉本興業で芸人をやっています。芸人として売れていませんが、アルバイトはしていません。みなさんの知らないところでメディア…

【二度目のデートに誘われない女】年収8000万に「嫌われること」とは…

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本で芸人をしながら、税金のことを日々考えて生活しています。税金のことを考えていないときは、ご飯のことを考えています。今日はどこへ行こうかな、明日はどこへ行こうかな、…

年収8000万以上の人はアレを食べない⁉ 寿司屋での「お金持ちの流儀」とは

元国税局職員さんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をしながら、どこかで書いたりどこかに出たりしています。取材を受けることもありますし、取材をすることもあります。それはもう、様々な人と出会います。出会って、…

30代半ば芸人は年収190万、バイトで生計を立てる。その暮らしは明るいのか?

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をやっています。日々、お金の知識や情報を集めていますが、その中でも芸人たちのお金事情は大変興味深いと思います。実録!若手芸人のアルバイト事情とは95%の…

吉本のギャラは本当に9:1?現役芸人が語る「コスト」の話【元国税芸人】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。世間の注目を浴びている吉本興業株式会社で芸人をやっています。芸人さんたちのTwitterの投稿には「吉本という会社が好きです」「嫌な思いもしたけど、素敵な社員さんもたくさん…

これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。多くの芸人がアルバイトをする中、ぼくは講演会や執筆、稀にあるメディアへの出…

2000万時代の老後資金を狙いにくる「情報詐欺」にやられないための心得

元国税局職員 さんきゅう倉田です。僕は芸人をしています。大学を卒業して、東京国税局に入り、惜しまれることなく退職して、芸人になりました。現在34歳で、活況は呈していませんが、ファイナンシャルプランナー…

家賃50万のマンションに住むのはどういう人?意味のわからないその生態

元国税局職員さんきゅう倉田です。よしもとさんで芸人をしています。いま、芸人として身につけたスキルと知識で、文章を書いています。ぼくは、大学を卒業後、国家公務員として東京国税局に入り、退職して芸人になり…

年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事