これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。
話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。

多くの芸人がアルバイトをする中、ぼくは講演会や執筆、稀にあるメディアへの出演で生計を立てています。
そういう活動をしていると、無数のお金持ちと出会います。毎度、お金持ちってこんなにたくさんいたのかと驚いています。
先日は、南平台(渋谷の高級住宅街)に8億円の家を持つ方と会いました。スーパーカーが3台停められた3階建てのその家は、普段は使われていないそうです。

 

お金持ちは「よい人になる余裕」を持っている

都内にその規模の自宅を複数所有している40代の男性は、ずっとにこにこして、若くて貧しいぼくにも、ずっと敬語でした。お金持ちとしての余裕が感じられます。

芸人であるぼくに興味を持ってくださって、仕事の内容を説明すると、「すごいですね」とか「たくさん勉強されてるんですね」などとおっしゃいます。

8億の別宅を持っている方と比べたら、何もすごいことなどないのに。

 

余裕は人を豊かにする、と感じました。

一方、40代でもお金のない人は…言わなくてもわかると思いますが

逆に、ぼくより貧しい年上の人には、不快な目に合わされることがあります。

つい、先日のことです。

ぼくが、シェアオフィスの文化祭に参加していたところ、知人の40代の女性から電話がありました。

 

「いま、アンタのシェアオフィスの前にいるんだけど」

 

ぼくは、知人と知人の友人の40代の女性を迎え、文化祭について説明しました。知人をA、その知人をBとしましょう。

 

ぼくがAたちを呼んだわけではありません。近くで飲んでいて、文化祭をやっていると知り、電話をかけてきたようです。

 

ぼくは、作業を中断して、シェアオフィスの中を案内しました。

 

洒落た展示と、光の三原色を基調としたパーティを見せて、彼女たちと少し話をしました。Bは、第一声で「アンタがクラタ?!よく聞いてるわよ」と言っていました。

 

酒に酔っているのか、初対面の人間同士で行われる儀礼的な挨拶がありません。そういう状況に、ぼくは不快ではなく、恐怖を感じます。
このまま時間を共有すると、とてつもなく失礼なことを言ってくるんじゃないか、それは、ぼくのハッピーな日常を邪魔する異物になるのではないかと思うと、細胞が震えました。

 

Bは「もっとがんばれよ」とか「早くテレビに出られるようになんなさいよ」などと言っていました。

 

ぼくがどんな仕事や活動をしているか知らないのに、そう言うのです。ぼくは「がんばるよ」とだけ言いました。

 

そう、貧乏な人は「負の予断」を持っている

おそらくですが、目の前のこの失礼な発言をするBより、ぼくは、がんばっています。テレビにたくさん出ているか?と聞かれれば、レギュラーもないので、自信を持って「出てません」と言いますが、それでも、同世代の芸人の平均くらいは、テレビの仕事をいただいています。

 

Bは、自分がテレビで見たことのない芸人、ということで、礼儀を持って接しなくて良いと考えているんだと思います。

 

「どんな仕事をしているんですか」と聞いても、自分でも何をしているのかよく分からないようで、ぼんやりとした回答をしていました。

 

 

仕事をがんばっていない人に「がんばりなさい」と言われるのは、悲しい。

 

 

貧乏な人は例外なく「世界が小さく、了見が狭い」のです

Bのふるまいは、頑張っていない愚か人によく見られます。仕事を頑張っている人やお金持ちには、そんな風に言われたことがありません。

 

売れていない芸人でも、ひとりの大人として、経緯を持って対応してくれます。

 

その後、酒が回ってきたのか、Aは同じ話を繰り返し話すようになりました。それに対し応答しても、反応を示せないくらい酩酊しています。

それを見て困惑しぼくが「酔っていないときに話を聞くよ」と言うと、Bが憤慨します。

「お前は生意気だ。お前は大成しない。お前のような人間が成功するわけがない。不快だ。お前は私達の話をちゃんと聞いていない。お前は私達のいうことを、もっと聞かなければならない。お前はクズだ」

そう叫んで、Bは帰っていき、Aが後を追いました。

ぼくは、自分のシェアオフィスで、招かれざる来訪者に罵られてしまいました。

 

他人に「お前は大成しない」という発言をしたことがある人へ

ぼくは、成功とはなんなのか考えました。彼女の言う大成。成功していない彼女が言う大成。

「じゃあ、自分は成功しているのか?」と聞かれたらきっと恥ずかしい思いをします。だから、多くの人は「お前は大成しない」などと言いません。

Bの厚顔無恥と迂闊は、彼女の成功の妨げとなるでしょう。お金持ちは、おしなべてそのような発言はしません。いつだって、不快と恐怖を連れてくるのは、無礼で貧しき人です。

 

■合わせて読みたい■

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

 

スポンサーリンク

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

1000万円貯めたひとはこれをしていない!節約している「つもり」な3つのこと

こんなに頑張っているのに全然貯まらないのはどうして?と嘆いたり、あきらめたりしていませんか?マネー相談を3000件以上して感じるのは1000万円貯めた人は無理な節約はし…

40代でマンションを買う女性が陥りがちな落とし穴

40代になり、恋人もいないとなると、ふと頭をよぎるのが「この先もずっと独身かもしれない…」という不安。もし、一生独身ならマンションでも買って住む家は確保しておきた…

コレがバッグに入っていると貧乏に!「お金持ちが持ち歩かないもの」とは?

夏日が散見されるようになってきました。茹だるような暑さではないですが、天気予報で「夏日」と聞くと、夏が近づいている気がします。ぼくは、夏だからといって、海に行く…

「自然にお金がたまる人」は腰を曲げない?言われてみればその通りの小さな習慣

「あっちのスーパーのほうが安いわあ、ちょっと遠いけど行っちゃおうかしら」数百円や数十円を追い求めて、スーパーやドラッグストアを移動していませんか。少しでも価格の…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきか…

40歳独身の会社員が、定年までに貯めておきたいお金はいくらか?

40歳になると、将来のことを考えて、個人年金を考えたり、噂になっている確定拠出年金を調べてみたり、不動産投資のセミナーに参加してみたり、NISAの口座を開いてみたり…

30代半ば芸人は年収190万、バイトで生計を立てる。その暮らしは明るいのか?

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をやっています。日々、お金の知識や情報を集めていますが、その中でも芸人たちのお金事情は大変興味深いと思います。実録!若手芸人のアルバイト事情とは95%の…

吉本のギャラは本当に9:1?現役芸人が語る「コスト」の話【元国税芸人】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。世間の注目を浴びている吉本興業株式会社で芸人をやっています。芸人さんたちのTwitterの投稿には「吉本という会社が好きです」「嫌な思いもしたけど、素敵な社員さんもたくさん…

2000万時代の老後資金を狙いにくる「情報詐欺」にやられないための心得

元国税局職員 さんきゅう倉田です。僕は芸人をしています。大学を卒業して、東京国税局に入り、惜しまれることなく退職して、芸人になりました。現在34歳で、活況は呈していませんが、ファイナンシャルプランナー…

家賃50万のマンションに住むのはどういう人?意味のわからないその生態

元国税局職員さんきゅう倉田です。よしもとさんで芸人をしています。いま、芸人として身につけたスキルと知識で、文章を書いています。ぼくは、大学を卒業後、国家公務員として東京国税局に入り、退職して芸人になり…

年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま…

「メールを返さない人」は成功しない、ごく当たり前すぎる2つの理由

元国税局職員 さんきゅう倉田です。日々、フリーランスとして、執筆や講演会をしています。メインの仕事は芸人なので、取材を受けたり、収録に行ったり、ライブに出たりもしています。すべての仕事のスケジュール管…

おひとりさまは【2000万】より多く貯めるべきなの?半分でいいの?

こんにちは、元国税局職員のさんきゅう倉田です。芸人としてライブに出たり、たまにテレビに出たり、記事を書いたりしています。さて、先日、金融庁かそれに類似する団体が発表した、老後の資産形成に関する資料を読…

「二度とご飯を食べたくない女性」に転落する7つの行動

元国税局職員 さんきゅう倉田です。おもに、芸人として活動しています。芸人になって10年ほど経つので、その10年で得たスキルで、文章を書いたり、講演会をしたりしています。このような仕事をしていると、たくさん…

【男が語る】年収300万円のイケメンと1000万円のブ男、どっちがコスパか

元国税局職員 さんきゅう倉田です。よしもとで芸人をやっております。「貧乏なイケメンとお金持ちで器量の悪い男どっちがいい?」そんな質問を友人からされたことがありませんか。熟考を要する究極の選択だと思いま…

【男が語る】お金がかかるオンナと、かからないオンナ。どちちがモテるのか?

こんにちは、元国税局職員の芸人、さんきゅう倉田です。さて、女性の友人に「金がかかるオンナとかからないオンナ、どっちがモテるかなあ」と聞かれました。「金がかかるオンナがモテるかい!」と心の中でつっこみな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事