この春切るなら断然「美人ボブ」!40代が若見えする7つのスタイル

アメリカに住む人たちいわく、ロックダウンが視野に入ったら最初に髪を切るべきだそう。また、白髪染めはちょっと急いですぐやったほうがいいみたい。しばらくサロンにも行けないからです。

そこで今回は40代女性におすすめの最新春髪事情をリサーチしました。いま気になる「長持ちする髪型」もご紹介!

 

1:グラデーションショートボブで小顔に

働く女性に人気の高いショートボブ。

頭の形に合わせた丸みのあるヘアスタイルで、髪のハリコシなくなり、髪がペタっとしやすくなる年代の方でも、どこから見ても頭のシルエットがキレイに見えるスタイル。根元を立ち上げながら乾かすだけでキマるので、チャレンジしやすいデザインです。

 

2:ふんわりロングボブで柔らかい印象に

肩下に届くちょっと長めのボブがエントリー。

丸みのある鎖骨ラインのナチュラルロブ。ワンカールの内巻きと外ハネをミックスさせて、重く見えがちな毛先に柔らかさを与えることができます。

 

3:束感たっぷり肩ハネボブディで元気に

若見えを意識したい女性には、ハーフウェットな質感を取り入れたボブが狙い目!

全体のシルエットに丸みを与えているので、髪型変化に抵抗のある女性でもチャレンジしやすいデザインに。外ハネはストレートアイロンで正面から見たサイドの毛束だけ。それ以外は内巻きワンカールにするのがお約束です。

出典>>この春切るなら断然「美人ボブ」!40代が若見えする5つのスタイル

 

4:ひし形シルエットの束感ボブでリフトアップ

頭や顔の形がきれいに見えると評判のひし形ボブはアラフォーでも取り入れやすいヘア。顔型を選ばずに似合わせやすいボブです。前髪を外に流すことで顔が引き締まりリフトアップ効果もあり!

注意したいのは、トップの長さ。短いと老けて見えるので長めに残してもらいましょう。

 

5:ペタ髪でもOKなふんわりボブでふんわりと

やわらかい髪質でもふんわりと決まるナチュラルなエアリーボブ。すき間をつくるようにスタイリングすることで、ふわっと軽やかに決まります。

毛量が減ってきた、ペタ髪の人は毛先ワンカールのパーマをかけると自分でもスタイリングがしやすく、ふんわり感がキープできますよ。

 

6:重めなミディアムボブでクセ毛もまとまる

鎖骨下に長さを設定したミディアムボブ。長さと重さがあることで、うねりなどクセがある人でもまとまりやすくなります。直毛の人は毛先が内に入りやすいようにワンカールのパーマをかけるといいでしょう。

鎖骨レングスはアラフォーに人気の長さなので、ムリなく取り入れられると思います。髪のボリュームが減ってくる世代ですが、カットの仕方で重めシルエットにできるのでぜひ相談してください。

 

6:ショート前髪のボブで若々しく

難易度高めに見えるショート前髪は、意外にもアラフォー世代におすすめのスタイル。

パツンと揃えてしまうと思いっきり若作りになりますが、すき間をつくることでなじみやすく、若々しい印象に。40代、50代の女優さんにも多いですよね、短めの前髪にしている人が。。

残念ながら面長の人は、前髪を短くしてしまうと顔の縦幅が強調されてしまうので、避けたほうがいいでしょう。ただ、束感のあるボブスタイルはどんな顔型にも似合うので、前髪の長さを調整することでマネできますよ。

出典>>40代でもマネできる!「痛く見えない」かろやかボブヘア4選

 

7:襟足をぐっと短めにして3ヶ月キレイに

「前上がりのショートボブ」は小まめなメンテナンスが必要で、お財布に優しくないからと躊躇している人も多いのでは?

襟足をギリギリまでカットして、顔まわりにレイヤーを入れた前上がりのショートボブなら問題ありません。襟足がすっごく短いので、最低でも3ヶ月はキープ可能(実際に3ヶ月カットしないで過ごせました!)。のびてきてもジャマにならず、お手入れも楽チン!

出典>>キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク