英語で「正午」はなんて言う?

皆さんは学生時代に英語を勉強したはずなのに、いざとなるととっさに表現が出てこないことはありませんか?この連載では、アメリカで15年間暮らした私が現地で身に着けた身近な表現をお届けします。言葉は生きています。同じ英語でも地域や立場、状況によって様々な言い方がありますし、答えは一つではありません。ここでは、なるべく簡単な言い方で相手にわかってもらえるような表現をご紹介いたします。

「正午(12pm)」って英語で言えますか?

正解は、

noon 「ヌーン」です。

 

We eat lunch at noon.

私達は正午に昼食を食べます。

The lunch meeting will start at noon sharp.

ランチミーティングは正午きっかりに始まります。

He had to leave the hotel before noon.

彼は正午前にホテルを出なければならなかった。

 

正午の後つまり「午後」の事は、afternoon (after + noon) という一語で表す単語があります。では、正午の前の事は?

in the morning 「午前中に」という言葉がありますね。

因みに、上記3番目の例文のようにbefore noon とも言いますが、どちらかと言うと正午を強調したいときに使います。そして、afternoon はあるのに、beforenoon という一語の単語は無いのです。不思議ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク