英語で「最近どう?」は何て言う?

皆さんは学生時代に英語を勉強したはずなのに、いざとなるととっさに表現が出てこないことはありませんか?この連載では、アメリカで15年間暮らした私が現地で身に着けた身近な表現をお届けします。言葉は生きています。同じ英語でも地域や立場、状況によって様々な言い方がありますし、答えは一つではありません。ここでは、なるべく簡単な言い方で相手にわかってもらえるような表現をご紹介いたします。

「最近どう?」って英語で言えますか?

正解は、

What’s up? 「ワッツ アップ?」です。

これは、挨拶代わり、久しぶりに会って近況を聞く、ちょっといつもと様子が違うので、どうしたの?何かあったの?と聞く等の状況で使えます。ただ、かなりくだけた言い方なので、目上の人や上司にではなく、気心知れた仲の良い友人に言うのが安全ですね。

What’s up?

最近どう?

Not so bad, thanks.

まぁまぁ、かな。ありがと。

 

単に挨拶代わりのWhat’s up? と受け止めて、Hi!と返事するだけの人もいます。

若い人達は、What’s up? を省略してsup 「サップ」と言ったり、SNSに投稿したりします。「よっ!」っていう感じでしょうかね。

一方、丁寧な言い方としては、

How have you been? 「ハウハヴィユービーン?」です。最後に会ってから今までどうしていましたか?というニュアンスがあります。

Long time no see.  How have you been?

しばらくぶりですね。最近如何ですか?

I’m doing ( I’ve been でもOK) very well.  Thank you.

元気にしています。ありがとう。

 

Thank you.や Thanks も付けて返事をすると、気にかけてくれてありがとう、という気持ちが表せて良いと思います。

ワッツアップと言えば、ビデオ通話、ショートメッセージ等を利用できるWhatsApp という無料アプリがありますね。綴りは違いますが発音は同じです。用途を考えると、なるほど・・・と思いますね。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク