英語で「コンセント」は何て言う?

皆さんは学生時代に英語を勉強したはずなのに、いざとなるととっさに表現が出てこないことはありませんか?この連載では、アメリカで15年間暮らした私が現地で身に着けた身近な表現をお届けします。言葉は生きています。同じ英語でも地域や立場、状況によって様々な言い方がありますし、答えは一つではありません。ここでは、なるべく簡単な言い方で相手にわかってもらえるような表現をご紹介いたします。

「コンセント」って英語で言えますか?

正解は、

outlet 「アウトレット」です。

イギリスではsocket 「ソケット」と言われる事が多いです。

 

Please put the plug into the outlet.

コンセントにプラグを差し込んでください。

 

アウトレットと言えば、訳アリ商品や工場直販で市場価格よりかなりお得な値段で購入できる、皆が大好きなショッピングモールが思い浮かびませんか? outlet は、出口、はけ口という意味もあるので、それが由来だとの説があります。

 

ところで、海外に旅行に出かけて、コンセントの穴と自分の持っている電化製品のプラグの形と合わなくて充電できずに困った事はありませんか?お出掛けの前にはその国のコンセントの形を確認して用意すると安心ですね。うっかりして持っていなくても、滞在先のホテルで借りる事ができる事もありますし、ちょっとしたドラッグストアで売っている場合もあります。私はほぼ全ての国で使えるコンパクトな海外旅行用充電器を家族分必ず持参します。便利です!ご参考までに。

スポンサーリンク