英語でホテルの「フロント」は何て言う?

皆さんは学生時代に英語を勉強したはずなのに、いざとなるととっさに表現が出てこないことはありませんか?この連載では、アメリカで15年間暮らした私が現地で身に着けた身近な表現をお届けします。言葉は生きています。同じ英語でも地域や立場、状況によって様々な言い方がありますし、答えは一つではありません。ここでは、なるべく簡単な言い方で相手にわかってもらえるような表現をご紹介いたします。

ホテルの「フロント」って英語で言えますか?

正解は、

Reception 「リセプション」です。

Welcome to Hotel Otona. Please check in at the reception.

オトナホテルへようこそ。フロントでチェックインしてください。

 

reception は受付、歓迎、歓迎会等の意味がある言葉です。

ホテルのフロントの受付係の事を Hotel receptionist と言います。

パーティー会場の受付もreception と言います。

 

ついつい、front フロントとだけ言ってしまいそうですが、その場合は desk を付けて、front desk 「フロントデスク」と言いましょう。これなら、日本語のフロント、英語の reception と同じ意味になります。

front は前、正面という意味もあるので、front だけですと、状況や言い方によってはホテルの建物の前でチェックインすると勘違いしてしまう場合もあるのでご注意ください。

スポンサーリンク