英語で駅の「窓口」はなんて言う?

皆さんは学生時代に英語を勉強したはずなのに、いざとなるととっさに表現が出てこない事はありませんか?この連載では、アメリカで15年間暮らした私が現地で身につけた身近な表現をクイズ形式でお届けします。言葉は生きています。同じ意味でも地域や立場、状況によって様々な言い方がありますし、答えは一つではありません。ここではなるべく簡単な言い方で相手にわかってもらえるような表現をご紹介致します。

「駅の窓口」って英語で言えますか?

正解は

 

ticket counter です。

チケットを買ったり、予約したり、相談したりできるあの窓口です。ticket officeとも言います。JRの「みどりの窓口」は JR Ticket Office です。

日本語で窓口と言っても英語に言い換えてみると色々あります。例えば、

受付窓口 reception counter

銀行の窓口 teller counter (window)

郵便局の窓口 post office counter (window)

劇場の窓口 box-office counter (window)

窓口は現金を狙われる事が多かったため、防犯上窓のようなつくりになり、window と呼ばれるようになったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク