英語で手渡す時の「はい、どうぞ。」はなんて言う?

皆さんは学生時代に英語を勉強したはずなのに、いざとなるととっさに表現が出てこないはありませんか?この連載では、アメリカで15年間暮らした私が現地で身につけた身近な表現をクイズ形式でお届けします。言葉は生きています。同じ意味でも地域や立場、状況によって様々な言い方がありますし、答えは一つではありません。ここではなるべく簡単な言い方で相手にわかってもらえる表現をご紹介いたします。

手渡す時の「はい、どうぞ。」って英語で言えますか?

正解は

Here you are. です。

なぜそうなる~?と思いますよね。

とにかく、何かを渡すときに言う慣用句として覚えてしまいましょう!

 

Here you are.  I’m sure you’ll like it.

はい、どうぞ。気に入って頂けるはずです。

 

無言で渡されるより、このように声掛けをしてもらうと感じが良いですね。

実際アメリカに住んでいた時に何かを手渡された時には必ず言われましたよ。

Here you go.  や、短く Here!とも言います。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク