英語で「もちろん、そうしましょう」はなんて言う?

皆さんは学生時代に英語を勉強したはずなのに、いざとなるととっさに表現が出てこないことはありませんか?この連載では、アメリカで15年間暮らした私が現地で身につけた身近な表現をクイズ形式でお届けします。言葉は生きています。同じ意味でも地域や立場、状況によって様々な言い方がありますし、答えは一つではありません。ここではなるべく簡単な言い方で相手にわかってもらえる表現をご紹介いたします。

「もうちろん、そうしましょう」って英語で言えますか?

正解は

Why not? です。

why = なぜ

not = 否定

 

Let’s go and see a movie this weekend.

今週末に映画を観に行かない?

Yes, why not?

もうちろん、そうしましょう。

 

why not? は状況によっていくつかの意味にとれる言い回しですが、今回ご紹介するのは相手の提案に対しての「そうしない理由がない」=「はい、そうしましょう」「もちろん、そうしましょう」という意味で使われる表現です。

否定の not が含まれているのに肯定の意味になります。

会話でとてもよく使われますので、覚えておくと言い回しのバリエーションが増えて良いと思います。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク