「ほしん」ではありません。「補填」の読み方、知っていますか?

2022.04.06 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「補填」です。

「補填」の読み方は?

「補填」の「填」には「真実(しんじつ)」や「真理(しんり)」などの言葉に用いられる「真」が含まれていることもあり、「補填」を「ほしん」と読みたくなるところですが、残念ながらそれは不正解。

「補填」は、「補填」の字だけで表されるより、文中で表された方がすんなり読めるかもしれません。例えば、「補填」の例文には「赤字を補填する」などが挙げられます。

正解は……

「ほてん」です。

「補填」とは

不足をおぎないうめること。欠損をみたすこと。補充。填補。

出典元:精選版 日本国語大辞典

という意味です。

なお、本記事で出題した「補填」の「填」の字は異体字です。異体字とは“標準の字体とは異なるが、意味・発音が同じで、通用する漢字。(出典元:小学館 デジタル大辞泉)”のことで、本来の漢字は「塡」と書きます。

「塡(填)」は

①ふさぐ。ふさがる。
②うずめる。はめる。みたす。

出典元:塡|漢字一字|漢字ペディア

を意味し、音読みは「テン」、訓読みは、常用漢字表外ではありますが、「ふさ(ぐ)・ふさ(がる)・うず(める)・うず(まる)・は(める)」と読みます。

「塡」がつく言葉で代表的なものは「補填」の他に

  • 充塡(ジュウテン)
  • 装塡(ソウテン)

などが挙げられます。

「充塡」は“欠けているところや空いているところに、ものを詰めてふさぐこと。(出典元:小学館 デジタル大辞泉)”を、「装塡」は“中に詰め込むこと。特に、銃砲に弾丸を込めること。(出典元:小学館 デジタル大辞泉)”を意味します。

「補填」「充塡」「装塡」の意味を知ることで、「塡」がもつ意味を理解できたのではないでしょうか。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク