40代が似合わないTシャツはコレ! 失敗しがちな真夏の痛カジュアル5選

 

歳を重ねるにつれ、一部の人しか似合わなくなってくるカジュアルアイテムのひとつが、Tシャツ。若い時はデニムに合わせるだけでこなれてみえたのに、今白シャツ×デニムなんて着たら生活感が出てしまう……。という人も多いのでは? 今回は、Tシャツがなぜ似合わなくなるのかをテーマに、着るだけでダサくなるオバさん確定のTシャツをピックアップ。カラーTシャツ、ロゴTシャツ、ビッグシルエットなど、Tシャツのバリエーションが豊富な今季こそ、チェックしてみてください。

 

なぜ40代女性にTシャツが似合わなくなるのか?

最たるものは、体型と肌質の変化です。ウエストのくびれがはっきりしていて、体全体が薄く肌にハリがある若い頃は、カジュアルな綿素材のTシャツを着ていても女性らしくシルエットが決まります。でも、年齢を重ねるにつれデコルテは痩せてくるのに二の腕や背中、脇やウエスト周りに肉がついたり、フェイスラインがたるんでくるもの。そうなると、カジュアルでシンプルなTシャツと体型とのバランスが悪くなり、あれ?こんな感じだったっけ……とギャップを感じるように。かといって、ただ痩せ体型なら似合う、というものでもないのがTシャツの難しいところ。ガリガリすぎても貧相に見えるし、肌質にハリがないと、綿素材を着た時に貧乏臭いイメージになってしまうことも。40代になったら素材のいい服を選ぶことが大切と言いますが、Tシャツもペラペラのものよりは、ほどよくしっかりした素材を選ぶ方が賢明です。

 

避けるべきTシャツのタイプって?

甘いテイストのTシャツ

袖部分のみレースになっていたり、ガーリーなデザインのTシャツも今季のトレンド。しかし、ただでさえカジュアルなTシャツに、甘いデザインが加わってしまうとアラフォー女性には痛さが倍増。可愛らしいディテールは子供っぽくも見えるので、プチプラで若作りをしているように見られてしまうかもしれません。大人が選ぶなら、クリーンなデザインがベストです。

 

首周りが開きすぎているTシャツ

意外と街でも多いのが、この首からデコルテを露出したデザインのTシャツ。そもそも今、あまり首周りが開いたデザインのTシャツは流行りではありませんので、いかにも「一昔前のTシャツを着ています」感が強い印象に。首〜デコルテはシワやシミが目立ちますし、一番の幻滅ポイントであるブラ紐が覗いてしまうことも。毎日必死にケアしていても、やっぱり経年劣化は否めないので、ネックまわりはほどよく詰まったデザインにすると大人っぽく上品に着こなすことができます。

 

体型かくしのビッグT

体型に自信がなくなった分、ゆとりが欲しくて腰回りやヒップまで隠してくれるメンズサイズのL〜XLなどをセレクトしていませんか? 肩が落ちるビッグTをスタイリッシュに着こなせるのも、若さ&スタイルの良さのなせる技なんです。体型に自信がないぽっちゃりさんがビッグTを着こなすと、ゆとりの分だけさらに肉があるように見えるので、隠すどころか着太りします。チュニックはオバさんっぽいからさすがに着たらダメだよね、と思った人が、次に手を出してしまう事が多いアイテムです。

 

ロックTシャツ

アラフォーのファッションで、一番大切なのが清潔感と品。ロックを聴いたり、バンドのファンでいることが悪いと言っているわけではありませんが、上品さや清潔感とは対極の位置にあるロックTシャツは、10代〜せいぜい20代前半までしか許されないアイテムです。精神的に大人になり切れていないのかな、常識がなくて変わった人なのかな、と思われたくなければ、部屋着やパジャマにするのもやめて、こっそり思い出とともにしまうか、断捨離リストへ入れてください。

 

真っ白なTシャツ

眩しいほどの白いTシャツは「爽やかに見えて顔映りがいい」と信じて、着ているアラフォー女性をよく見かけます。しかし、一点の曇りもない白Tは、逆に肌のくすみを目立たせて老け見えさせてしまう危険性が高いアイテムです。デザインによっては体操服っぽくも見えてしまったりと、難易度も高いので、今季なら自分の肌に似合うニュアンスカラーを取り入れた方が失敗せずに済むと思います。

 

 

いかがだったでしょうか。この他にも、花柄のTシャツや太いボーダー、原色カラーなど、アラフォーが避けるべきデザインはたくさんあります。大人でもカジュアルが許されている今だからこそ、Tシャツを選ぶ時には素材やデザインに注意して選んでください。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

クローゼットの中に服はたくさんあるのに、今日着たい服が見つからない、出かける前に鏡の前に立ったとき、昔ほど自信が持てない、そう感じたことはありませんか?20〜30代…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

結局、40代を一番キレイに見せるデニムって? その正解はコレだ!

まだ肌寒い今の季節に活躍するのが、動きやすくてほどよく保温性もあるデニムスタイル。冬はニットにあわせて、春はブラウスやTシャツをあわせて一年通して履けるので、ど…

オバサン見えは痛い「下着」のせい? 40代からのブラ・ショーツの選び方

小中学生の頃、40代女性=オバサンだと思っていました。しかし自分が40代になって、正直、心のどこかで「オバサンと言われたくない」「オバサン見えしたくない」と思ってい…

元・片づけられない女が考案。世界一カンタンな「鬼速片づけ」たった2つの法則

毎日を、せわしなく生きるオトナ女性。忙しい毎日に頭がいっぱいいっぱいになったり、余裕がなくなってイラっとしたり。そんな心が荒れてしまっているとき、実は部屋も荒れているんです!部屋が片づいていることで、…

【全色塗ってみた】THREEの新作グローリップ9色、美肌に見えるのはどれ?【イエベ・ブルベ】

品格をあらわすのは口元です。オトナ世代のメイクで大事なのは、ずばりリップメイク。大人の品格を出しつつも、今っぽいリップはどんな色でしょうか? 気になるメイクアイテムをリアルに試す、人気の「全部塗ってみ…

自分史上、最高の写真を撮れる!【カメラ撮影テク×パーソナルカラー講座】

美味しい料理、キレイな景色、自分のプロフィール……。何かと写真を撮影してSNSなどでシェアする機会が増えました。できるだけステキな写真を撮れるようになりたいですよね。そこで、自分史上、最高の写真を撮れるよ…

【全色塗ってみた】クレ・ド・ポー ボーテ 新作リップ。美人見え口紅を探せ!【イエベ・ブルベ】

顔がぼんやりしたがちなオトナ世代。メイクで大切なのはずばり「リップ」です。40代の肌がキレイに見える「美人見え」リップはどんなものでしょうか? オトナサローネは気になる新色をリアルに「全部塗ってみた」と…

世界が注目する日本の観光ルート「昇龍道」知ってる?中でもおすすめ観光スポットは…

オトナサローネ編集長・アサミがいま注目している地域といえば、「昇龍道」。中部から北陸にかけての、あたかも龍のような超開運観光ルートです。歴史的建造物や伝統文化、絶景に絶品グルメと、オトナ女子の知的欲求…

運命のルージュに出会う!「なんとなく似合うと思い込んでる」口紅はもうヤメて

「クレ・ド・ポー ボーテ」から1月21日に発売される新しいプレイフルルージュ「ルージュルミヌ」。どこから見てもふっくらと官能的で輝く唇を演出するスリムルージュです。この発売を記念して、1月18日(金)から3日…

40代をカバーするベースは?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ベースメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ベースメイク編】で…

40代の美白・シワケアはどうしてる?【オトナサローネ2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・スペシャルスキンケ…

実は40代に似合うメイクって?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ポイントメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ポイントメイク編】…

答えの見えない恋。納得できる次のステップへ進むために

「か・が・み」の三文字のうち、真ん中の「が」を抜くと「かみ」になることはよく言われます。「が」はすなわち「我=自分」。鏡はありのままの自分と正面から向き合い続けることの象徴です。……いったいどういうこと…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事