【新連載・元国税芸人】財布のココが違う!貧乏な人とお金持ちの現実

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女性はたくさんいらっしゃいます。

でも、日々の行動や考え方をスッキリさせるだけでも、お金の動きは良い方向に傾く。

元国税局職員のさんきゅう倉田が、大勢見てきた貧乏な人とお金持ちの違いから分析した、お金が貯まる人の行動を紹介します。

 

貧乏な人とお金持ちの違いは、余裕があるかどうか

貧乏な人とお金持ちには、衣服や腕時計、鞄などパッと見て分かる違いもありますが、バリバリ働く女性であれば、それらを整えることは容易です。ここでは、収入の差異ではなく、収入の割にお金に余裕があるかどうかを重要なポイントとしています。

「収入を増やす」のと「支出を減らす」のはどちらが簡単でしょうか。

圧倒的に、「支出を減らす」方が簡単です。会社員の方が収入を増やそうと思えば、主な選択肢は、残業か副業です。残業は会社の都合もありますし、副業は始めるのに知識や時間が必要です。

支出を減らすのは、何かを我慢したり、考え方を変えたりと、あなた一人だけで解決できることがほとんどです。その中で、支出を減らすために、特に簡単に実行できるのが「財布を整理すること」です。財布が整理できていないということは、お金を管理できていないのと同義です。

 

 

財布が汚い人は、100%貧しい。

この場合の「財布が汚い」とは、ボロい財布を使っているということではなく、財布の中が整理されていない、という意味です(ただ、ボロい財布を使っているのは論外)。財布が汚い人は、お金が貯まりません。財布が整理できない無頓着な方は、支払いにも無頓着です。携帯料金、水道光熱費、今日何にいくら使ったか、それが真に必要なものかどうか、検討しない傾向があります。

まずは、財布を綺麗にして、お金が管理できる環境を整えましょう。

 

 

すべて捨てる。

不要なクレジットカード、レシート、ポイントカード、スタンプカード、診察券、名刺、割引券、チラシ、薬、絆創膏、外国の通貨、及びゴミが入っていませんか?財布はゴミ箱ではありません。決済時に頻繁に使用するもの以外は入れないようにしましょう。

もっとも財布に闖入してくるのは、レシートです。経費として精算する、家計簿をつけるなどの使用する目的がない限り、受け取らないようにしましょう。財布が汚い人は、家計簿をつけていないと推察されますので、基本的にはすべて捨てて良いと思います。

クレジットカードも、複数持っていれば、解約するか財布以外で保管します。「使ってないけど、あっても困らないから持っている」系のアイテムは、あなたを貧しさに誘(いざな)います。すべて破棄しましょう。

ポイントカードとスタンプカードも限界まで捨てます。ポイントカードを脳で管理し、財布を膨らませ、提出のためにレジでもたつくこととポイントやスタンプで得られる恩恵を天秤にかけましょう。100円で1ポイントとか大盛り無料とか本当に必要でしょうか。擦り切れたカードが財布に詰まっている状態は、お金に取ってよろしくありません。

診察券や薬など捨てられないけれど、財布に入れる必要のないものは、引っ越しさせてあげましょう。彼らには、彼らにとって住みよい家があります。財布の中に彼らの居場所はありません。

 

お金持ちの財布の共通点

古今東西のネットメディアで、お金持ちの財布の共通点がまとめられています。それらが、どこか別の媒体からの引用なのか、実体験に基づくものか、想像の産物なのかは分かりませんが、概ね、正しいと思います。偶然一致した、あるいは、お金持ちがそれらを読んで影響を受けたのかもしれません。

お札の向きを揃え、無駄なものを入れず、長財布を使う(お札を折らないようにしています)、一言で言うと「整理」しているのが普遍的な共通点です。お金持ちは、そうすることがお金にとって良いことだと知っていて、ストレスなくできるくらい整理に慣れています。

お金が貯まらない人も、収入が多いためになんとなく貯まっている方も、まずは、財布の中を整理して、よりお金が貯まる環境を整えましょう。

 

 

さんきゅう倉田/大学卒業後、東京国税局を経て、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに。趣味は「青色申告」、特技は「否認」、無人島にひとつ持って行くとしたら「売掛帳」。著書『読めば必ず得する税金の話』(総合法令出版)。

 

【週1回連載!次回は11/4(日)19:00予定です!お楽しみに】

#1・財布のココが違う!貧乏な人とお金持ちの現実

#2・これが借金250万芸人「西日本」の貧乏財布!倉田はどう整理した?

#3・その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

#4・元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

スポンサーリンク

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー…

節約に見えて実は浪費?!やるだけ損のダメ節約4

限られたお金は大切に使いたいものです。節約できるところはしっかり節約して、有効なお金の使い方をしたいですね。ところが、節約のように見えて実は浪費になっていること…

30代半ば芸人は年収190万、バイトで生計を立てる。その暮らしは明るいのか?

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をやっています。日々、お金の知識や情報を集めていますが、その中でも芸人たちのお金事情は大変興味深いと思います。実録!若手芸人のアルバイト事情とは95%の…

吉本のギャラは本当に9:1?現役芸人が語る「コスト」の話【元国税芸人】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。世間の注目を浴びている吉本興業株式会社で芸人をやっています。芸人さんたちのTwitterの投稿には「吉本という会社が好きです」「嫌な思いもしたけど、素敵な社員さんもたくさん…

これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。多くの芸人がアルバイトをする中、ぼくは講演会や執筆、稀にあるメディアへの出…

2000万時代の老後資金を狙いにくる「情報詐欺」にやられないための心得

元国税局職員 さんきゅう倉田です。僕は芸人をしています。大学を卒業して、東京国税局に入り、惜しまれることなく退職して、芸人になりました。現在34歳で、活況は呈していませんが、ファイナンシャルプランナー…

家賃50万のマンションに住むのはどういう人?意味のわからないその生態

元国税局職員さんきゅう倉田です。よしもとさんで芸人をしています。いま、芸人として身につけたスキルと知識で、文章を書いています。ぼくは、大学を卒業後、国家公務員として東京国税局に入り、退職して芸人になり…

年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま…

「メールを返さない人」は成功しない、ごく当たり前すぎる2つの理由

元国税局職員 さんきゅう倉田です。日々、フリーランスとして、執筆や講演会をしています。メインの仕事は芸人なので、取材を受けたり、収録に行ったり、ライブに出たりもしています。すべての仕事のスケジュール管…

おひとりさまは【2000万】より多く貯めるべきなの?半分でいいの?

こんにちは、元国税局職員のさんきゅう倉田です。芸人としてライブに出たり、たまにテレビに出たり、記事を書いたりしています。さて、先日、金融庁かそれに類似する団体が発表した、老後の資産形成に関する資料を読…

「二度とご飯を食べたくない女性」に転落する7つの行動

元国税局職員 さんきゅう倉田です。おもに、芸人として活動しています。芸人になって10年ほど経つので、その10年で得たスキルで、文章を書いたり、講演会をしたりしています。このような仕事をしていると、たくさん…

【男が語る】年収300万円のイケメンと1000万円のブ男、どっちがコスパか

元国税局職員 さんきゅう倉田です。よしもとで芸人をやっております。「貧乏なイケメンとお金持ちで器量の悪い男どっちがいい?」そんな質問を友人からされたことがありませんか。熟考を要する究極の選択だと思いま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事