【ドキュメント】これが借金250万芸人「西日本」の貧乏財布!倉田はどう整理した?

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女性はたくさんいらっしゃいます。

でも、日々の行動や考え方をスッキリさせるだけでも、お金の動きは良い方向に傾く。

元国税局職員のさんきゅう倉田が、大勢見てきた貧乏な人とお金持ちの違いから分析した、お金が貯まる人の行動を紹介します。

 

 

最も貧乏な同期の財布

若手芸人というのは、普遍的に貧乏で、生活に困窮しています。地方に比べると、東京には一駅に一頭はいますので、見つけたら手厚く保護してあげてほしいくらいです。貧しい理由は、そこそこの年齢になっても時給1,000円でアルバイトをしていること、ギャンブルをしていること、浪費してしまうことなど個人によって異なりますが、概ね、借金があっても元気ににこにこ生きているから不思議です。

 

そんな中、借金が250万円ある同期がいます。彼の名前は「西日本」。高校を卒業して、すぐによしもとさんの養成所に入り、卒業して芸人になりました。社会人としての経験がないので、彼には常識というものがありません。三省堂国語辞典によると、「常識」とは「その社会が共通に持つ、知識または考え方」だそうです。

 

彼と、一度パン屋さんに行ったことがありますが、トレーとトングを使わずに、パンを直接手にとって、レジに持って行く奇行を見せてくれました

 

 

財布の整理を実践しよう

そんな借金が250万円あって、常識のない男の財布の中を見ると、不要なものでパンパンです。前回の記事の内容を実践すべく、所属事務所と本人の同意を得て、財布を綺麗にすることになりました。

 

 

彼の財布の中身です。彼とぼくは同じ財布を使っています。ぼくが入れているお金以外のものは3枚のカードですが、彼は、確認できただけでも44枚のナニカを入れています。キャッシュカード、クレジットカード、ポイントカード、電子マネー、割引券、スタンプカード、会員カード、レシート、ショップカードなどです。

 

ひとつずつ精査する必要性を感じなかったので、キャッシュカード、クレジットカード、ポイントカード、電子マネーを残して、すべて破棄します。しかし、ここで、問題が起こります。彼が抵抗したのです。

 

とくに、割引券とスタンプカードを捨てることに不満を漏らしました。みなさんも、財布の中身を整理するときに「これは使うから」とか「もったいない」と考えて、躊躇してしまうことがあると思います。そういうときは、「この割引券をいつ使うかな」「スタンプが貯まるのはいつかな」と想像してみてください。すると、2ヶ月に一回しか行かない店だったり、今のペースだとスタンプが貯まるのは1年後だったりします。それでいて、大盛り無料とか餃子無料とかドリンクサービスとか500円割引とか、利益は大したことがない。

 

西日本にも、来店ペースと得られるサービスを再確認してもらい、保有するコストに見合わないものを捨ててもらいます。具体的には、すべて捨ててもらうことになりました。

 

破棄が難しいカードはどうするか

次に、キャッシュカード、クレジットカード、ポイントカード、電子マネーの使用頻度を確認します。キャッシュカードは3枚ありましたが、内2枚は全く使っていなかったので、自宅で保管してもらうことにします。クレジットカードについても同様の作業をします。

ポイントカードは、基本的には破棄し、2枚あったビデオレンタル店の内、月に1回使用する1枚だけを残し、もう一枚は自宅で保管します。電子マネーは、足りなくなったときに1,000円ずつチャージしているとのことなので、チャージする時間をコストと考えて破棄します。「1万円ずつチャージしましょう」と言っても実行できないと踏んで、破棄を提案しましたが、それができるなら保有しても良いと思います。

 

整理は定期的に。

西日本には、

時間を大切にできない人は財布が汚い、

財布が汚い人は貧しい、

貧しい人は時間を大切にできない、

ということを認識してもらい、カードを処分してもらいました。

財布の整理は、部屋の掃除と一緒で、定期的に行わなければなりません。放っておくと、また汚れてしまいます。可能であれば、決済をしたら、その度に綺麗にするのが望ましく、かつ、楽です。常に綺麗な状態を保っていれば、会計時に誰に覗かれても恥ずかしくありませんし、気分良く財布を開くことができますよ。

 

【週1回連載!お楽しみに】

#1・財布のココが違う!貧乏な人とお金持ちの現実

#2・これが借金250万芸人「西日本」の貧乏財布!倉田はどう整理した?

#3・その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

#4・元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

ツチノコ見つけたら15日までに確定申告して!「会社員でも申告が必要」な7つのケース

会社員の確定申告は、やると得する場合とやらなければいけないけど損をする場合があります。前者は控除が受けられるときが該当し、後者は会社からの給与以外に収入があるときです。恣意的に確定申告は必要ないだろう…

元国税芸人が教える「意外な確定申告」サラリーマンでもお金が戻る5つのケースって?

1ヶ月間の確定申告期間も終わりを告げようとしています。オトナサローネの読者の皆さんは確定申告をしたのでしょうか。よくわからないからしていない、会社でやってくれているから大丈夫、そんな風に考えたことはあ…

貯金ができない人5つの共通点「タクらない」「メールにレスしない」

貯金ができる人は、高収入でも低収入でも貯金ができます。逆に、貯金ができない人は、収入の多寡に関わらず貯金ができない。お給料が低くても、将来のことを考えてちゃんと貯金ができる女性の、5つの共通点をまとめ…

婚活パーティーで知り合った詐欺師。お金を貸す前に考えて欲しいことは……

お金のことで困っている、あるいは、悩んでいる女性は大勢います。ついつい無駄遣いをしてしまう方もいますし、節制しているけれどお給料が低くてにっちもさっちもいかない方もいるでしょう。まっすぐに生きているの…

【元国税芸人】貯金0でマンションを買った40代女性の末路は…?

40代のキャリアウーマンAさんは、クレジットカードで買物を続けてリボ払いにし未払金を貯め続け、並行して貯金も100万円ほどあるという、具合の悪い生活を続けていました。マンション購入を機に、リバランスを行いま…

なぜ貯金が貯まらない?独身40代、A子さんの場合はリボ払いで買い物を……

職業柄、芸人以外のいろいろな職種の方と出会います。ほとんどが、33歳のぼくより年上の方が多いのですが、男性だけでなく女性もいて、ぼくがお金関係の執筆や講演をしていると話すと、もれなく「貯金が全然できない…

毎月の手取りが18万円なのに、2年で150万円貯めた⁉︎21歳節約ガールの13節約方法とは

節約の方法は世代や性別、環境によって異なります。我慢と忍耐の範囲も個人によって異なるでしょう。他人の節約方法から学ぶことは多々あります。良いところは取り入れ、悪いところは避ける。今回は、地方から東京に…

「お金まわりがダメな男」元国税芸人の僕が教えるチェックポイント6つ

付き合ってはいけない男性、結婚してはいけない男性、すぐに別れるべき男性などをテーマにしたインターネット上のまとめサイトがたくさんあります。それらにはチェックポイントがいくつかあって「半分以上当てはまる…

だから女性と芸人が騙される!「お金が欲しい人」が気をつけてほしい詐欺

InstagramやFacebookで華やかな写真やLINEの画面を載せている人は詐欺師です。ぼくは、Instagramで“いいね”を押してくれた人のプロフィールをチェックしていますが、20代~30代の女性で高級ホテルの写真やベタな…

元国税芸人の僕が「それはやめたほうが」と思う投資は…初心者ほど失敗するコレ

投資が身近になってきました。国はNISAを施行し、こども向けNISAも始まって、誰でも投資に触れることができるようになっています。どうして投資を勧めるかというと、銀行に預けてもお金が増えないからです。世界のお…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事