その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

会社員や主婦の方が、収入を増やそうと思っても簡単にはできません。それが感覚的に分かっているので、貯金を増やそうと考えたら、多くの方が“節約”をします。生活を切り詰め、お誘いを断り、趣味を我慢する。自らを律することで、資産を増やすのです。やりたいことを我慢して、将来に備えるのはなかなかできることではありません。立派です。とても素敵な節約。しかし、節約を意識しすぎるあまり、ついつい“だめな節約”を行ってしまうことがあります。きょうは、ぼくが考える“赤点節約”を紹介します。

 

値段の安い、遠くのスーパーに行く

あなたの家の近くに、2軒のスーパーがあったとします。Aスーパーは徒歩1分、Bスーパーは徒歩16分。Aでは大根が300円で、Bでは50円です。大根1本を買う必要があるとき、あなたはどちらのスーパーに行きますか。

 

「Aに行く」が正解です。

節約の基本は、「お金」だけでなく「時間」も意識することです。お金と時間が交換できるということを忘れてはいけません。買い物をするときは、最小のコストで最大の利益を得られるように考える必要があります。

 

大根の例で考えてみます。Aで買うと移動2分支払い300円がコストになります。Bで買うと移動32分支払い50円のコストがかかります。どちらも利益は大根1本。コストで見ると、時間が30分、価格で250円の差があります。つまり、移動に30分使うと、250円安く買える状況です。

 

「とにかく安いほうが良い」と考える人は節約に向いていません。仮に、あなたの時給が1000円だったとしたら、30分で500円稼ぐことができます。あなたの時間にはそれくらいの価値があるわけです。

 

それなのに、30分移動して250円しか安くならないのなら、半分の時給で働かされているようなものです。それだったら、30分残業したり、趣味に時間を使ったりするほうが節約上手といえます。

 

大根を買う話は極端な例ですが、類似の場面は、無限にあって、その都度、判断が求められます。続けていると、そのうち無意識に判断できるようになり、お金が貯まりやすくなります。

 

割引率で判断する

あなたには、500円のお弁当が2割引になっていて、つい手を伸ばしてしまうことがありますか。それはとても自然なことです。500円の価値の物が400円で手に入るのなら、素敵な取引といえます。では、1万円のものが1割引になっていた場合はどうでしょう。お弁当の2割引に慣れていると、1割引にはあまり魅力を感じないかもしれません。

 

しかし、ここで重要なのは、割引率ではなく、いくら割引されたかです。お弁当は100円ですが、1万円のものは1000円です。お弁当10回分の価値があります。100円が毎日積み重なるのなら大きいですが、単体で見ると微々たる割引です。

 

無理な節約は続きません。たった100円しか安くならないのなら、割引のない、あるいは、もう少し高い商品に手を出すのも良いのです。節約を続けるために、小さい贅沢を許容し、その分、大きな買い物の割引には注視してください。

 

無料のものをもらいにいく

無料のサンプルを積極的にもらいに行ったり、無料のセミナーを聞きに行ったりするのには、危険が伴います。節度を持って近づきましょう。無料には理由があって、広告のためのようなあなたに害のないものもありますが、商品を買わせるため、会員獲得のためなど、のちのち、支払いの発生するものがあります。

 

勧められても断れる、どんなに試食・試飲をしてもNOと言える、話を聞いた後に帰れない雰囲気になっても帰ることができる、そんな胆力の強い方は結構ですが、ぼくも含め、なかなかはっきり言えない人は一定数いるものです。無料はとっても魅力的ですが、警戒しながら近づきましょう。

 

ポイントを積極的に貯める

基本的に、あまり得をしないので、ポイントカードは9割方捨てて欲しいのですが、それでも保有する方は、積極的にポイントを貯めないようにしましょう。「ポイントが貯まるから」を理由に、長距離を移動する、必要のないものを買う、高い買い物をするのは、無駄以外の何ものでもありません。ポイントは、「買い物したついでに貯めるもの」であることを忘れないようにしましょう。

 

 

安い、を理由に必要以上に買う

特売や卸売、外資系スーパーで、日用品や食料品を大量に買ったことがありませんか。日用品は腐らないから、大量に買っても大丈夫と考えていませんか。まとめ買いは、節約の敵です。

 

基本的に、支払いは遅らせる方が良く、将来使うものの代金を先に払う”まとめ買い”は、芳しくありません。まとめて買ったものを管理・保管するコストもかかりますし、無くなりそうになってから買うのと違い何がどれくらいあったかずっと覚えていなければいけません。生活環境の変化で不要になることもあるでしょうし、もっと安い値段で販売される可能性もあります。まとめ買いには、たくさんのリスクがあり、値段と天秤にかけて判断しなければいけません。

 

以上が、やってはいけない5つの節約です。節約に行き詰まった方、これから始める方に参考にしていただけると幸いです。

 

【週1回連載!お楽しみに】

#1・財布のココが違う!貧乏な人とお金持ちの現実

#2・これが借金250万芸人「西日本」の貧乏財布!倉田はどう整理した?

#3・その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

#4・元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

「二度とご飯を食べたくない女性」に転落する7つの行動

元国税局職員 さんきゅう倉田です。おもに、芸人として活動しています。芸人になって10年ほど経つので、その10年で得たスキルで、文章を書いたり、講演会をしたりしています。このような仕事をしていると、たくさん…

【男が語る】年収300万円のイケメンと1000万円のブ男、どっちがコスパか

元国税局職員 さんきゅう倉田です。よしもとで芸人をやっております。「貧乏なイケメンとお金持ちで器量の悪い男どっちがいい?」そんな質問を友人からされたことがありませんか。熟考を要する究極の選択だと思いま…

【男が語る】お金がかかるオンナと、かからないオンナ。どちちがモテるのか?

こんにちは、元国税局職員の芸人、さんきゅう倉田です。さて、女性の友人に「金がかかるオンナとかからないオンナ、どっちがモテるかなあ」と聞かれました。「金がかかるオンナがモテるかい!」と心の中でつっこみな…

コレがバッグに入っていると貧乏に!「お金持ちが持ち歩かないもの」とは?

夏日が散見されるようになってきました。茹だるような暑さではないですが、天気予報で「夏日」と聞くと、夏が近づいている気がします。ぼくは、夏だからといって、海に行くこともプールに行くこともないですし、8月…

【男の意見】男が○○をしなくなったら浮気のサイン。金づかいで見抜く男の浮気本性

こんにちは、元国税局職員 さんきゅう倉田です。さて、芸人はみんな浮気をします。ぼくは、お笑いを初めて10年ですが、たくさんの浮気の話を聞いてきました。売れている売れていないに関わらず、みんな浮気に明け暮…

意外と知らない!芸能人の結婚式に呼ばれたら、ご祝儀はどうする?問題

他者と素敵な人間関係を築く人は、お祝いごとをかかしません。とくに、お笑い界は、めでたいことに敏感です。結婚式に呼ぶのが憚れるような大御所の先輩であれば、結婚の報告だけをすることも多々あります。すると、…

年収8000万の人たちがやってる「ものすごく手間がかかるけれど効果がデカい」節約

先日、クイズ番組の収録に遊びに行ったのですが、楽屋に10人いる中、お弁当が20個余っていました。持って帰りましょう、と誰かが言ったところ、その中にいたお金持ちから順にお弁当を取りに行っていましたが、先…

「もっとお金がほしい人」がインスタを見るとき注意すべき8ポイント

いつの時代も、たくさんの詐欺が溢れています。詐欺とは認定しがたいけれど、知識不足や思慮の浅さに付け込まれて、利益の出ない不動産を買わされてしまう人もいます。先日、ぼくの知り合いの30代の女性が「マンシ…

副業やセカンドキャリアを始めるときに、知っておきたい4つのこと

「仕事を辞めてかわいいカフェをやりたいなあ うふふ」と若い頃は思うものです。そのうち、開業資金や煩雑な手続きのことを知り諦めるわけですが、副業として何かをやるのはとてつもなく素敵なことです。国も副業・…

よく飲む人ほどお金持ちになる?意外だけどシンプルな理由【国税芸人の視点】

交際費とは、難しく言うと接待、慰安、供応、贈答を、得意先や仕入先に行った費用です。広く一般的には、“飲み代”が交際費と認識されていますが、間違いではないでしょう。それ以外にも、付き合いの場や慶弔の出費、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事