その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

会社員や主婦の方が、収入を増やそうと思っても簡単にはできません。それが感覚的に分かっているので、貯金を増やそうと考えたら、多くの方が“節約”をします。生活を切り詰め、お誘いを断り、趣味を我慢する。自らを律することで、資産を増やすのです。やりたいことを我慢して、将来に備えるのはなかなかできることではありません。立派です。とても素敵な節約。しかし、節約を意識しすぎるあまり、ついつい“だめな節約”を行ってしまうことがあります。きょうは、ぼくが考える“赤点節約”を紹介します。

 

値段の安い、遠くのスーパーに行く

あなたの家の近くに、2軒のスーパーがあったとします。Aスーパーは徒歩1分、Bスーパーは徒歩16分。Aでは大根が300円で、Bでは50円です。大根1本を買う必要があるとき、あなたはどちらのスーパーに行きますか。

 

「Aに行く」が正解です。

節約の基本は、「お金」だけでなく「時間」も意識することです。お金と時間が交換できるということを忘れてはいけません。買い物をするときは、最小のコストで最大の利益を得られるように考える必要があります。

 

大根の例で考えてみます。Aで買うと移動2分支払い300円がコストになります。Bで買うと移動32分支払い50円のコストがかかります。どちらも利益は大根1本。コストで見ると、時間が30分、価格で250円の差があります。つまり、移動に30分使うと、250円安く買える状況です。

 

「とにかく安いほうが良い」と考える人は節約に向いていません。仮に、あなたの時給が1000円だったとしたら、30分で500円稼ぐことができます。あなたの時間にはそれくらいの価値があるわけです。

 

それなのに、30分移動して250円しか安くならないのなら、半分の時給で働かされているようなものです。それだったら、30分残業したり、趣味に時間を使ったりするほうが節約上手といえます。

 

大根を買う話は極端な例ですが、類似の場面は、無限にあって、その都度、判断が求められます。続けていると、そのうち無意識に判断できるようになり、お金が貯まりやすくなります。

 

割引率で判断する

あなたには、500円のお弁当が2割引になっていて、つい手を伸ばしてしまうことがありますか。それはとても自然なことです。500円の価値の物が400円で手に入るのなら、素敵な取引といえます。では、1万円のものが1割引になっていた場合はどうでしょう。お弁当の2割引に慣れていると、1割引にはあまり魅力を感じないかもしれません。

 

しかし、ここで重要なのは、割引率ではなく、いくら割引されたかです。お弁当は100円ですが、1万円のものは1000円です。お弁当10回分の価値があります。100円が毎日積み重なるのなら大きいですが、単体で見ると微々たる割引です。

 

無理な節約は続きません。たった100円しか安くならないのなら、割引のない、あるいは、もう少し高い商品に手を出すのも良いのです。節約を続けるために、小さい贅沢を許容し、その分、大きな買い物の割引には注視してください。

 

無料のものをもらいにいく

無料のサンプルを積極的にもらいに行ったり、無料のセミナーを聞きに行ったりするのには、危険が伴います。節度を持って近づきましょう。無料には理由があって、広告のためのようなあなたに害のないものもありますが、商品を買わせるため、会員獲得のためなど、のちのち、支払いの発生するものがあります。

 

勧められても断れる、どんなに試食・試飲をしてもNOと言える、話を聞いた後に帰れない雰囲気になっても帰ることができる、そんな胆力の強い方は結構ですが、ぼくも含め、なかなかはっきり言えない人は一定数いるものです。無料はとっても魅力的ですが、警戒しながら近づきましょう。

 

ポイントを積極的に貯める

基本的に、あまり得をしないので、ポイントカードは9割方捨てて欲しいのですが、それでも保有する方は、積極的にポイントを貯めないようにしましょう。「ポイントが貯まるから」を理由に、長距離を移動する、必要のないものを買う、高い買い物をするのは、無駄以外の何ものでもありません。ポイントは、「買い物したついでに貯めるもの」であることを忘れないようにしましょう。

 

 

安い、を理由に必要以上に買う

特売や卸売、外資系スーパーで、日用品や食料品を大量に買ったことがありませんか。日用品は腐らないから、大量に買っても大丈夫と考えていませんか。まとめ買いは、節約の敵です。

 

基本的に、支払いは遅らせる方が良く、将来使うものの代金を先に払う”まとめ買い”は、芳しくありません。まとめて買ったものを管理・保管するコストもかかりますし、無くなりそうになってから買うのと違い何がどれくらいあったかずっと覚えていなければいけません。生活環境の変化で不要になることもあるでしょうし、もっと安い値段で販売される可能性もあります。まとめ買いには、たくさんのリスクがあり、値段と天秤にかけて判断しなければいけません。

 

以上が、やってはいけない5つの節約です。節約に行き詰まった方、これから始める方に参考にしていただけると幸いです。

 

【週1回連載!お楽しみに】

#1・財布のココが違う!貧乏な人とお金持ちの現実

#2・これが借金250万芸人「西日本」の貧乏財布!倉田はどう整理した?

#3・その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

#4・元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

スポンサーリンク

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

知ってた?電子マネーで電気代やクルマ税をお得に納付できるらしい!

税金を納めることは義務のひとつですが、少しでも節約になればうれしいですよね。そして人気急上昇の電子マネーを利用して納めたい!という方も多いのでは?今回は、税金や…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

お金が貯められない人が、今すぐやめるべき3つの行動

毎月、贅沢をしているわけでもないのになかなかお金が貯まらないという人は少なくありません。お金を貯められないと気になっている人は、「お金を貯めたい!」と願っている…

1000万円貯めたひとはこれをしていない!節約している「つもり」な3つのこと

こんなに頑張っているのに全然貯まらないのはどうして?と嘆いたり、あきらめたりしていませんか?マネー相談を3000件以上して感じるのは1000万円貯めた人は無理な節約はし…

【軽減税率】意外な盲点!「重曹」は8%?10%?間違えると損をする!

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、東京国税局に入り、退職して、吉本で芸人をやっています。芸人として得た知識やスキルで、記事を書き、講演会を行い、ファイナンシャルプランニングをやっていま…

年収8000万のお金持ちが飛行機に乗るとき「絶対しないこと」って?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、国税局に入り、退職して、現在は、吉本興業で芸人をやっています。芸人として売れていませんが、アルバイトはしていません。みなさんの知らないところでメディア…

【二度目のデートに誘われない女】年収8000万に「嫌われること」とは…

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本で芸人をしながら、税金のことを日々考えて生活しています。税金のことを考えていないときは、ご飯のことを考えています。今日はどこへ行こうかな、明日はどこへ行こうかな、…

年収8000万以上の人はアレを食べない⁉ 寿司屋での「お金持ちの流儀」とは

元国税局職員さんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をしながら、どこかで書いたりどこかに出たりしています。取材を受けることもありますし、取材をすることもあります。それはもう、様々な人と出会います。出会って、…

30代半ば芸人は年収190万、バイトで生計を立てる。その暮らしは明るいのか?

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をやっています。日々、お金の知識や情報を集めていますが、その中でも芸人たちのお金事情は大変興味深いと思います。実録!若手芸人のアルバイト事情とは95%の…

吉本のギャラは本当に9:1?現役芸人が語る「コスト」の話【元国税芸人】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。世間の注目を浴びている吉本興業株式会社で芸人をやっています。芸人さんたちのTwitterの投稿には「吉本という会社が好きです」「嫌な思いもしたけど、素敵な社員さんもたくさん…

これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。多くの芸人がアルバイトをする中、ぼくは講演会や執筆、稀にあるメディアへの出…

2000万時代の老後資金を狙いにくる「情報詐欺」にやられないための心得

元国税局職員 さんきゅう倉田です。僕は芸人をしています。大学を卒業して、東京国税局に入り、惜しまれることなく退職して、芸人になりました。現在34歳で、活況は呈していませんが、ファイナンシャルプランナー…

家賃50万のマンションに住むのはどういう人?意味のわからないその生態

元国税局職員さんきゅう倉田です。よしもとさんで芸人をしています。いま、芸人として身につけたスキルと知識で、文章を書いています。ぼくは、大学を卒業後、国家公務員として東京国税局に入り、退職して芸人になり…

年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事