1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

ほとんどの若手芸人が、多かれ少なかれ借金があります。それは、“お笑い”をお金にするのがとてつもなく難しいということもありますが、ぐうたらのダメ人間が集まる巣窟だからでもあります。

その中でも、ギャンブルもやらず、酒も飲まず、女性と遊ぶこともないのに借金を250万円作った “西日本”という芸人がいます(調子が良いときは280万円でした)。彼の借金を減らすべく、月1回のミーティングで彼の生活習慣や考え方を詳らかにしていますが、そこには彼が貧乏になるべくして貧乏になった考え方や知識があります。

 

1・Suicaを1000円ずつチャージしている。

彼と移動していると、何度も改札で躓いてしまいます。彼は電子マネーに常に1000円ずつチャージしているので、すぐにHPが0になって、回復するために券売機でチャージします。だから、複数箇所に移動するとなると、1日に2回チャージすることもあります。その度に、急にいなくなった彼を、改札の中で待ったり、人混みではぐれてしまったのかと思い電話をしたりします。
電車にも乗り遅れますし、良いことはひとつもありません。耐えかねた仲間が、1000円ずつチャージしないで欲しい旨を伝えても、「待ってればいいじゃん」と言う始末です。チャージというのは、前払金です。早く払ったからと言って、支出が増えるわけではありません。1000円ずつチャージしている“時間”こそが、大きな損失だと理解できないのです。そして、そんな自分の時間を大切にできない人は、他人の時間も大切にできません。きっと、西日本が芸人でなく、一般の会社に就職しても、出世することはないでしょう。

2・年金が50歳からもらえると思っている

彼の借金を返すに当たって、ライフプランを書いてもらいました。何歳で結婚して、何歳で子供を作って、何歳まで働くか。そのためには、借金を何歳までに完済しなければいけないかを認識してもらうためです。そのときに彼は、35歳で結婚して、36歳で子供を作り、50歳から年金をもらい、60歳まで働くというプランを提出してくれました。
50歳から60歳までは年金をもらいながら働くつもりのようです。彼の相方である東日本にも確認してみたところ、「60歳から」との回答でした。
借金がある西日本の思考は、単純に支給年齢を誤認していたことが問題なのではなく、自分の都合の良い方向へ変えていたことが問題です。彼くらいの借金王になると、自分中心の思考が多くなってしまいます。高齢化で社会保障費が足りないなどとは知る由もありません。「50歳になったらもうおじさんだから、年金くらいもらえるだろう」とか考えているのです。そういう甘い考えは、リスクやコストに備える思考を奪うので、貧乏の礎となります。

3・自分が一番つらいと思っている

西日本の月収は、20万円程です。アルバイトで稼いだものですが、この月収では、250万円の借金を減らすのに10年くらいかかってしまいます。そこで、節約もさせつつ、アルバイトを増やしてもらうことにしました。まず、現在働いているドン・キホーテの勤務日数を増やすように提案しました。しかし、西日本は激しく抵抗します。2ヶ月ほどかかって、やっと重い腰を上げシフトを増やしましたが、それでも、月収は微増だったので、かけもちでアルバイトをすることになります。週に1回3時間のコンビニのバイト。月に1万2000円程度にしかなりません。週3に増やしてはどうかと言うと「どうして自分ばかりこんなに働かなければいけないのか」と言うのです。
そこで、一般企業に務める大人を呼んで、話を聞くことにしました。まず、月の勤務時間は残業を含めて、最低でも200時間とのこと。さらに、今月は毎日終電を超えてタクシーで帰り、15連勤中でした。これを受けて、月に160時間しか働いていない西日本は衝撃を受けます。
「みんなそんなに働いているんですね」
彼は、自分が一番働いていると思っていたようです。自分が一番つらい、自分がこんなに苦労しているのに、みんなは遊んでばかり、なんてずるいんだ、と考えていたのです。

 

彼の貧乏は、“自分に甘い”考え方や無教養によって引き起こされています。貧乏を避けるためには、他社との比較のために正しいものさしを持ち、最新の知識と情報を持って備えなければいけません。

 

 

■元国税!さんきゅう倉田の連載記事一覧■

【新連載・元国税芸人】財布のココが違う!貧乏な人とお金持ちの現実

【ドキュメント】これが借金250万芸人「西日本」の貧乏財布!倉田はどう整理した?

その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

気になる!芸能人だけがやっている、5つの危ない経費……⁉

お金持ちの社長たちの共通点。彼らが「普段しないこと」9選

1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

 

スポンサーリンク

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー…

節約に見えて実は浪費?!やるだけ損のダメ節約4

限られたお金は大切に使いたいものです。節約できるところはしっかり節約して、有効なお金の使い方をしたいですね。ところが、節約のように見えて実は浪費になっていること…

30代半ば芸人は年収190万、バイトで生計を立てる。その暮らしは明るいのか?

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をやっています。日々、お金の知識や情報を集めていますが、その中でも芸人たちのお金事情は大変興味深いと思います。実録!若手芸人のアルバイト事情とは95%の…

吉本のギャラは本当に9:1?現役芸人が語る「コスト」の話【元国税芸人】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。世間の注目を浴びている吉本興業株式会社で芸人をやっています。芸人さんたちのTwitterの投稿には「吉本という会社が好きです」「嫌な思いもしたけど、素敵な社員さんもたくさん…

これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。多くの芸人がアルバイトをする中、ぼくは講演会や執筆、稀にあるメディアへの出…

2000万時代の老後資金を狙いにくる「情報詐欺」にやられないための心得

元国税局職員 さんきゅう倉田です。僕は芸人をしています。大学を卒業して、東京国税局に入り、惜しまれることなく退職して、芸人になりました。現在34歳で、活況は呈していませんが、ファイナンシャルプランナー…

家賃50万のマンションに住むのはどういう人?意味のわからないその生態

元国税局職員さんきゅう倉田です。よしもとさんで芸人をしています。いま、芸人として身につけたスキルと知識で、文章を書いています。ぼくは、大学を卒業後、国家公務員として東京国税局に入り、退職して芸人になり…

年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま…

「メールを返さない人」は成功しない、ごく当たり前すぎる2つの理由

元国税局職員 さんきゅう倉田です。日々、フリーランスとして、執筆や講演会をしています。メインの仕事は芸人なので、取材を受けたり、収録に行ったり、ライブに出たりもしています。すべての仕事のスケジュール管…

おひとりさまは【2000万】より多く貯めるべきなの?半分でいいの?

こんにちは、元国税局職員のさんきゅう倉田です。芸人としてライブに出たり、たまにテレビに出たり、記事を書いたりしています。さて、先日、金融庁かそれに類似する団体が発表した、老後の資産形成に関する資料を読…

「二度とご飯を食べたくない女性」に転落する7つの行動

元国税局職員 さんきゅう倉田です。おもに、芸人として活動しています。芸人になって10年ほど経つので、その10年で得たスキルで、文章を書いたり、講演会をしたりしています。このような仕事をしていると、たくさん…

【男が語る】年収300万円のイケメンと1000万円のブ男、どっちがコスパか

元国税局職員 さんきゅう倉田です。よしもとで芸人をやっております。「貧乏なイケメンとお金持ちで器量の悪い男どっちがいい?」そんな質問を友人からされたことがありませんか。熟考を要する究極の選択だと思いま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事