2018年40代が買ってよかったもの・買わなきゃよかったもの3選

2018年はどんな一年だったでしょうか。良いこともあれば、悪いこともあり、禍福はあざなえる縄のごとし

お買い物も同様に、買ってよかったと満足できるものもあれば、買わなきゃよかった、何で買ってしまったんだろう、と後悔するものもあったのではないでしょうか。

今回は、今年一年を振り返って、買ってよかったものと買わなきゃよかったものを、マネー相談などで伺ったお話をもとにまとめました。

 

買ってよかったもの

1・お掃除ロボット 5万円 (48歳、金融会社勤務)

仕事が忙しいと、家事はつい後回しになりがちです。家事へのしわ寄せが大きくなると、暮らしのベースがいつもと変わってしまい、探し物が増えるなど効率が悪くなり、そうすると仕事に集中できず、と悪循環におちいってしまうことも。

 

そんな事態を避けるため、家事を省力化することは決して手抜きや怠けといったものではありません。お掃除ロボットは安いものも出ていますが、思い切って高機能のものにしました。

 

お掃除ロボットが床掃除をしている間、料理をしたり、アイロンがけをしたりして、時間を有効活用できるので、今では家事を一緒に担う相棒のようなもの、だそうです。

2・家族旅行 50万円 (49歳、デパート勤務)

結婚記念日に、家族旅行に行きました。結婚して20年の節目の年だったので、長期休暇をとり、1週間の九州旅行を満喫しました。記念なら結婚25年の銀婚式が本来、と思いつつ、一人息子の大学受験の年と重なるので、20年目に家族旅行をすることにしたのです。

 

家族旅行は数年前から計画的に資金を貯めつつ、どこに行って何をするかなども家族でよく話し、それが旅行と同じくらい楽しい思い出になったということでした。

 

また、目的を持つと節約も苦にならず、貯蓄もできる、ということが経験として分かったことも良かったようです。これから、息子の進学、自分達夫婦の老後など、必要な資金を貯めることにも自信ができたとのことでした。

3・マンション 3200万円 (41歳、看護師)

独身で実家暮らしなのですが、駅の近くの2LDKマンションを購入しました。実家は古い作りなので段差も多いし、冬は浴室やトイレが寒く、両親が高齢になってくると心配な点がいくつもあります。しかし、リフォームするとなると、両親との意見の違いや費用の点で難しく、それならばいっそ自分がマンションを購入しようと思い立ったそうです。

 

エレベーター付きのマンションなら、両親の足腰が悪くなっても住みやすいので引っ越してもいいし、もちろん自分が一人ぐらしをしてもいい、賃貸に出して家賃収入を得てもいい。

 

将来の住まいに関する心配が解消されて、とてもいい買物だった、と満足しています。現在は、賃貸に出して家賃収入から住宅ローンを返済しています。

 

 

買わなきゃ良かったもの

1・着なかった服や靴 5000円~ (45歳、自営業 他多数)

服や靴はタンスに数多くあるのに、なぜか今日着る服がない、合わせる靴がない、という経験は多くの人が持っているでしょう。そのため、また買うことになりますが、無計画に買ってしまうと失敗を重ねるばかりです。

 

特に、バーゲンなどで安くなっているととりあえず買ってしまい、手持ちの服とのバランスはとれないことにもなりがちです。年末年始はバーゲンや福袋が多く、お財布の紐がゆるくなりやすい時期なので、注意したいですね。

 

2・夫が通販で買った料理本 5500円 (42歳、教員)

レシピサイトもいいけれど、インターネットは自分の興味のあるワードで検索をしていくので、「考えてもいなかったようなもの」は、なかなか見つけることが難しいチャネルです。その点、本はページをめくっていると新たな発見があり、マンネリになりがちな料理にはいいツールです。

 

確かにそうなのですが、夫が通販で買った料理本はマニアックで通好み、しかも高額な上に、料理を作ってはみたものの出来ばえはいまひとつ。レシピがマニアック過ぎたのか、夫の腕が未熟なのか分からずじまい。

 

マニアな料理より、お味噌汁と卵焼きを普通に作ってほしいと思ったそうです。

 

3・英会話の教材 35000円 (38歳、商社勤務)

仕事にも生かせるので、TOEICスコア800点を目標にかかげ、英会話の教材を買って意気込んでいたのですが、日々の仕事が忙しくなかなか手がつけられず、目標の800点には及びませんでした。来年は強制的に勉強ができるよう、英会話教室に申し込もうと思っているそうです。

 

まずは、日常の仕事管理をして予想外の残業を少なくする必要があるでしょう。そして、ぜひ頑張って目標を達成して欲しいですね。

 

聞いてみると、みなさん買物には成功もしていますが、失敗も案外多いものですね。何事も失敗はつきもの。失敗からはさまざまな気づきがあるでしょう。

2019年はさらにいい年に、小さく失敗して大きく成功する一年にしていきましょう。

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録FPパートナー

 

★あなたのお金にまつわる悩み・疑問をお聞かせください!

主婦の友社の40代働く女性向けサイト、OTONA SALONEのマネー記事に、あなたの素朴な疑問をお寄せください。節約がうまくいかない悩みでも、貯金の疑問でも、投資の質問でも、お金にまつわることなら何でもOKです。

*お寄せいただいた疑問は編集部が再構成の上で記事にしますが、採用状況に関して編集部から直接のお返事ができない点をご了承ください。
*回答するFPから詳しい事情のお伺いをしていい場合は、*印の欄にお名前とメアドをご記入ください。

ご応募はこちらから

 

■次に読まれているのは■

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

【総資産300億円!】もしもあなたがジャニーさんの娘だったら、遺産はいくら?相続税は?

ジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川さんの訃報が届いたのは2019年7月9日のこと。日が経つにつれ、各メディアからはさまざまな報道がなされているように感じます。そこでふと気になったのが、ジャニーさんの遺産…

航空券を安く押さえる㊙テクとは?海外旅行をお安く安全に楽しむコツ5選

JTBの発表によれば、2019年の夏休みに海外旅行をする人は299万人、前年比3.5%増の見込みとのことです。人気は台湾、ハワイ、グアムなど、ショッピングやアクティビティが充実していて、しかも比較的安全なところが…

夫婦で2,000万円!?【一生独身の女性の老後のお金】はいくら必要?

「老後資金として2000万円の蓄えが必要」、2019年6月に金融庁の金融審議会がまとめた報告書が話題になっています。年金だけでは足りないと政府が認めたということ? 今から2000万円も貯められない! など不安を感…

【我慢不要で1年で100万貯まる】40代独身女性におすすめの節約術10選

40代の独身女性が節約をするには、「とにかくガマン」の力技的な方法は不向きです。ストレスが溜まりますし、長続きできません。大切なお金は、使うべきところでは使い、締めるところはしっかり締めていきたいですね…

ご祝儀の相場は◯◯円!オトナ世代の【冠婚葬祭で包むお金】の平均

大人のお付き合いに、冠婚葬祭のご挨拶は欠かせません。お祝いやおくやみなど、自分の思いを相手に伝えられるようにと考えると、包む金額はなかなか悩ましいものではないでしょうか。今回は、冠婚葬祭に包む金額の相…

おひとりさまの1ヶ月の貯蓄平均値は約3万円!貯蓄を倍増させるには?

人生100年時代。シングルの女性が老後のために必要な貯蓄は、2000万円とも3000万円とも言われています。しかし、思うように貯まらないと感じている人も少なくありません。そこで今回は、今の貯蓄を一気に倍増させる…

貯金の上手な県は○○だった!貯蓄ができる都道府県ランキング

県民性、という言葉があるように、都道府県ごとに異なる個性があります。性格や行動パターン、考え方などの傾向は、その地域であれば当たり前のことが、別の場所ではそうではない、ということも。ソニー生命保険が発…

お金が貯まらない人ほど知らない!貯金の基本5つ

貯金を始めて意識したのは、何歳くらいだったでしょうか。お金を貯めて欲しかったものを買うのは、ワクワクするような、もったいないような、なんとも複雑な気持ちになります。そんな「貯金初心者」から年月を経ても…

レジ前で1秒「コレ」を考えるだけでお金が貯まる?

お金を貯めたいからと言って、とにかく何も買わずにガマンする、というやり方はオススメできません。そんな方法はお金よりもストレスがたまり、長続きできないばかりか、反動で爆買いに走ってしまうリスクもあります…

意外とそんなに大変じゃない⁉あと3万円収入アップする方法

今の収入に大きな不満があるわけではなくても、あともう少し、月に3万円の収入がプラスされたらいいのに、と思うことはありませんか。あと3万円あれば、欲しいものをもっと楽に買えたり、貯蓄を増やせたり、と想像が…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事