40歳独身の会社員が、定年までに貯めておきたいお金はいくらか?

40歳になると、将来のことを考えて、個人年金を考えたり、噂になっている確定拠出年金を調べてみたり、不動産投資のセミナーに参加してみたり、NISAの口座を開いてみたりすることがあると思います。

情報が多くて、何が得で何が損なのか全然分かりませんよね。ベストなものはなくて、あなたの環境によって向き不向きがあるので一概にはいえませんが、まずはなんとなくそれらを始める前に、将来必要なお金を知るのはどうでしょうか。

60歳で退職して2000万円の退職金をもらっても、悠々自適な生活を続けるのは難しい。今のあなたの生活水準を考慮して、退職までに貯めるべき金額を試算しましょう。

 

諸説ある「老後に必要なお金」。いったい正解はいくらなのか?

60歳を過ぎると、一般的には医療費や遊興費が増えていきます。ただ、子どもが独立して教育費がかからなくなり、支出が減ることも多いようです。住宅ローンを払い終わって、固定費がぐっと下がる方もいます。平均的な支出は現役時代の7割といわれていて、生活水準を変えずとも今までの暮らしを維持できます。

 

平均的な高卒の退職金が1600万円、大卒で1900万円というデータがあります。1900万円を60歳から65歳までの5年で割り、さらに12ヶ月で割ると、毎月使えるのは31万円ほどとなります。独身であれば、生活費としては十分です。

 

しかし、65歳になってからが大変です。厚生年金の平均支給額は15万円です。最低でも生活費として25万円は欲しいところ。そうすると、年金だけでは毎月10万円の赤字です。貯金から月10万円取り崩すと、70歳までで600万円、75歳までで1200万円、80歳までで1800万円、85歳までで2400万円必要です。現在の女性の平均年齢は87歳、男性は81歳なので、老後の資金としてはさらに必要かもしれません。

 

60歳から65歳までは退職金で生活するとしても、老後の資金として2400万円は準備したいところです。

 

定年までにどうやって2400万円を貯めるか

毎年、国税庁の民間給与実態調査が発表されると、さまざまな媒体で平均年収が記事になっています。労働者全体で見ると年収は420万円が平均とされており、年2回のボーナスをそれぞれ2ヶ月分として16で割ると、月収は26万円です。この数字を見て「ああ、自分は平均より上だ」とほっとした方が多いのではないでしょうか。

 

40代の平均年収はおよそ500万円です。バリバリ働く読者の皆さんは、この金額よりさらに多くもらっているでしょう。正社員だけに限ると、平均年収は560万円。

 

さらに、40代で大卒以上に限ると、平均年収は600万円です。月収でおよそ37万円。社会保険、源泉所得税、住民税を引いた手取りは27万円ほどとなります。独身であれば、5万円は貯金したいところです。

 

毎月5万円貯めると、1年間で60万円。40歳から60歳までで1200万円を貯めることができます。これに加えて年2回の賞与も貯金に回すと、2000万円~3000万円の貯金ができます。40歳で貯金がまったくなくとも、今から始めれば、老後に安心して暮らせるだけの資産ができます。

 

給料が入る度に5万円程度を貯金に回すと良いでしょう。ボーナスが出ても、過度な支出は禁物です。しっかりと貯金の計画を立て、余裕がある場合のみ使って良いことにします。

 

 

ルールを作らずに「これくらいなら」と自分のルールを破ってしまうと、そのままルールを守れないようになってしまいます。それは、あなたが悪いわけではなく、人間とはそういう弱い生き物だからです。そこで、貯金のルールをつくり、どんなときもそのルールを破らないように意識することが大切です。そうすると、そのうち何も考えなくてもルールを守れるようになり、お金を使えないストレスもなくなります。

はっきりとした目標に確実に近づいていく実感は、あなたに充足感を与えてくれるはずです。さっそく、貯金の計画を立ててはいかがでしょうか。

 

知識さえあれば手が打てる

お金に恵まれている人は、「調べる」ことにぬかりがありません。

きちんと調査し、自分の立場を有利にしています。

さらに、人生を鷹揚に捉える、他人を否定しない、身繕いをきちんとしている、

必要な分野についての勉強をコツコツ続ける、生活リズムを維持できる。

そんなお金持ちの類型を抽出して、電子書籍を出版しました。

アマゾンのkindle unlimitedにも収録されているので、利用者なら実質無料で読めます。↓書影クリック

こちらから>>>『お金持ちがしない42のこと』(主婦の友社)

[/hidefeed]

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク