40歳独身の会社員が、定年までに貯めておきたいお金はいくらか?

40歳になると、将来のことを考えて、個人年金を考えたり、噂になっている確定拠出年金を調べてみたり、不動産投資のセミナーに参加してみたり、NISAの口座を開いてみたりすることがあると思います。

情報が多くて、何が得で何が損なのか全然分かりませんよね。ベストなものはなくて、あなたの環境によって向き不向きがあるので一概にはいえませんが、まずはなんとなくそれらを始める前に、将来必要なお金を知るのはどうでしょうか。

60歳で退職して2000万円の退職金をもらっても、悠々自適な生活を続けるのは難しい。今のあなたの生活水準を考慮して、退職までに貯めるべき金額を試算しましょう。

 

諸説ある「老後に必要なお金」。いったい正解はいくらなのか?

60歳を過ぎると、一般的には医療費や遊興費が増えていきます。ただ、子どもが独立して教育費がかからなくなり、支出が減ることも多いようです。住宅ローンを払い終わって、固定費がぐっと下がる方もいます。平均的な支出は現役時代の7割といわれていて、生活水準を変えずとも今までの暮らしを維持できます。

 

平均的な高卒の退職金が1600万円、大卒で1900万円というデータがあります。1900万円を60歳から65歳までの5年で割り、さらに12ヶ月で割ると、毎月使えるのは31万円ほどとなります。独身であれば、生活費としては十分です。

 

しかし、65歳になってからが大変です。厚生年金の平均支給額は15万円です。最低でも生活費として25万円は欲しいところ。そうすると、年金だけでは毎月10万円の赤字です。貯金から月10万円取り崩すと、70歳までで600万円、75歳までで1200万円、80歳までで1800万円、85歳までで2400万円必要です。現在の女性の平均年齢は87歳、男性は81歳なので、老後の資金としてはさらに必要かもしれません。

 

60歳から65歳までは退職金で生活するとしても、老後の資金として2400万円は準備したいところです。

 

定年までにどうやって2400万円を貯めるか

毎年、国税庁の民間給与実態調査が発表されると、さまざまな媒体で平均年収が記事になっています。労働者全体で見ると年収は420万円が平均とされており、年2回のボーナスをそれぞれ2ヶ月分として16で割ると、月収は26万円です。この数字を見て「ああ、自分は平均より上だ」とほっとした方が多いのではないでしょうか。

 

40代の平均年収はおよそ500万円です。バリバリ働く読者の皆さんは、この金額よりさらに多くもらっているでしょう。正社員だけに限ると、平均年収は560万円。

 

さらに、40代で大卒以上に限ると、平均年収は600万円です。月収でおよそ37万円。社会保険、源泉所得税、住民税を引いた手取りは27万円ほどとなります。独身であれば、5万円は貯金したいところです。

 

毎月5万円貯めると、1年間で60万円。40歳から60歳までで1200万円を貯めることができます。これに加えて年2回の賞与も貯金に回すと、2000万円~3000万円の貯金ができます。40歳で貯金がまったくなくとも、今から始めれば、老後に安心して暮らせるだけの資産ができます。

 

給料が入る度に5万円程度を貯金に回すと良いでしょう。ボーナスが出ても、過度な支出は禁物です。しっかりと貯金の計画を立て、余裕がある場合のみ使って良いことにします。

 

 

ルールを作らずに「これくらいなら」と自分のルールを破ってしまうと、そのままルールを守れないようになってしまいます。それは、あなたが悪いわけではなく、人間とはそういう弱い生き物だからです。そこで、貯金のルールをつくり、どんなときもそのルールを破らないように意識することが大切です。そうすると、そのうち何も考えなくてもルールを守れるようになり、お金を使えないストレスもなくなります。

はっきりとした目標に確実に近づいていく実感は、あなたに充足感を与えてくれるはずです。さっそく、貯金の計画を立ててはいかがでしょうか。

 

■元国税!さんきゅう倉田の連載記事一覧■

#1・【新連載・元国税芸人】財布のココが違う!貧乏な人とお金持ちの現実

#2・【ドキュメント】これが借金250万芸人「西日本」の貧乏財布!倉田はどう整理した?

#3・その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

#4・元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

#5・気になる!芸能人だけがやっている、5つの危ない経費……⁉

#6・お金持ちの社長たちの共通点。彼らが「普段しないこと」9選

#7・1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

#8・元国税芸人の僕が思うモテる女性のお金づかい5選

#9・行き当たりばったりの節約はNG!正しい貯金術4選

#10・40歳独身の会社員が、定年までに貯めておきたいお金はいくらか?

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

バッグにこれが入っていると貧乏神!「お金持ちになれない中身」とは

夏日が散見されるようになってきました。茹だるような暑さではないですが、天気予報で「夏日」と聞くと、夏が近づいている気がします。ぼくは、夏だからといって、海に行くこともプールに行くこともないですし、8月…

【男の意見】男が○○をしなくなったら浮気のサイン。金づかいで見抜く男の浮気本性

こんにちは、元国税局職員 さんきゅう倉田です。さて、芸人はみんな浮気をします。ぼくは、お笑いを初めて10年ですが、たくさんの浮気の話を聞いてきました。売れている売れていないに関わらず、みんな浮気に明け暮…

意外と知らない!芸能人の結婚式に呼ばれたら、ご祝儀はどうする?問題

他者と素敵な人間関係を築く人は、お祝いごとをかかしません。とくに、お笑い界は、めでたいことに敏感です。結婚式に呼ぶのが憚れるような大御所の先輩であれば、結婚の報告だけをすることも多々あります。すると、…

年収8000万の人たちがやってる「ものすごく手間がかかるけれど効果がデカい」節約

先日、クイズ番組の収録に遊びに行ったのですが、楽屋に10人いる中、お弁当が20個余っていました。持って帰りましょう、と誰かが言ったところ、その中にいたお金持ちから順にお弁当を取りに行っていましたが、先…

「もっとお金がほしい人」がインスタを見るとき注意すべき8ポイント

いつの時代も、たくさんの詐欺が溢れています。詐欺とは認定しがたいけれど、知識不足や思慮の浅さに付け込まれて、利益の出ない不動産を買わされてしまう人もいます。先日、ぼくの知り合いの30代の女性が「マンシ…

副業やセカンドキャリアを始めるときに、知っておきたい4つのこと

「仕事を辞めてかわいいカフェをやりたいなあ うふふ」と若い頃は思うものです。そのうち、開業資金や煩雑な手続きのことを知り諦めるわけですが、副業として何かをやるのはとてつもなく素敵なことです。国も副業・…

よく飲む人ほどお金持ちになる?意外だけどシンプルな理由【国税芸人の視点】

交際費とは、難しく言うと接待、慰安、供応、贈答を、得意先や仕入先に行った費用です。広く一般的には、“飲み代”が交際費と認識されていますが、間違いではないでしょう。それ以外にも、付き合いの場や慶弔の出費、…

「自然にお金がたまる人」は腰を曲げない?言われてみればその通りの小さな習慣

「あっちのスーパーのほうが安いわあ、ちょっと遠いけど行っちゃおうかしら」数百円や数十円を追い求めて、スーパーやドラッグストアを移動していませんか。少しでも価格の安いものを求めるのは大切ですが、下がった…

傘を売るなら、雨の日は値上げする?値下げする?正解は…

あなたが交渉中の相手が、生意気な態度で交渉を取り下げてきました。あなたが「いま、取り下げるならあなたと会うことは二度とないわ」などと言ったとしましょう。それに対して相手は「私は、この会社の敷居をまたぐ…

国税芸人は見た!「ヤバいほどモテない」お金づかいの3人

お金の使い方や扱い方には、育ちや考え方が現れるものです。現金を蔑ろにし、支払いを渋り、自分の器を超えて無茶な決済をする人は、お金にも人にもモテません。社会にはびこるヤバイ人たちから、「モテないお金の扱…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事