毎月の手取りが18万円なのに、2年で150万円貯めた⁉︎21歳節約ガールの13節約方法とは

節約の方法は世代や性別、環境によって異なります。我慢と忍耐の範囲も個人によって異なるでしょう。他人の節約方法から学ぶことは多々あります。良いところは取り入れ、悪いところは避ける。今回は、地方から東京に出てきた21歳の節約ガールを紹介します。

節約ガールのAさんは都内にあるエンタメ系の某有名企業にお勤めです。毎月の手取りは18万円。高校を卒業してすぐに就職し、3年契約の契約社員となりました。家賃は4万6千円のアパートです。

 

1・電気を消す

とにかく細かく部屋の照明を消すそうです。朝起きてから、どれだけ陽の光だけで生活できるかを昨日の自分と争っています。

 

2・歯を磨いているときに、水道を出しっぱなしにしない

とにかく、水を大切にします。「自分は砂漠にいるんだ。この水はもうすぐ枯渇してしまうかもしれない」そう考えながら水を出すそうです。

 

3・エアコンは限界までつけない。我慢する

設定を弱くするなんて初心者だと彼女は言っていました。まずは、つけない。そして、肉体的にも精神的にも限界が来たとき、エアコンのリモコンを放り投げ、限界を超えたときにスイッチを入れるそうです。

 

4・飲み会は参加しない

現代っ子の「その飲み会仕事なんですか?」という姿勢とは異なります。ただただ純粋に節制を求めて、外食を控えます。普段からしわい生活を見せているので、“変なやつ”と思われることはないそうです。

 

5・お昼はおにぎり一個まで

ダイエットも兼ねて、昼食は減らします。忙しすぎて昼食を取る暇がないときは「ラッキー」と思うそうです。昼を抜くと、夕食も食べる気がなくなることがあり一石二鳥です。お昼にはるさめスープをすすることもありません。

 

6・傘は買わない

予定外の急な出費というものは、事故のように発生します。そのような場合、彼女はなんとか金銭を支払わない方向で解決しようとします。突然雨が降っても、傘は買いません。走ります。

 

7・経費の立て替え払いを行わない

経費を立て替えるというのは、自らの資産を会社に利息無しで貸し付けていることと同義です。彼女は、対価を得られない貸付は行いません。また、立て替えは、精算を失念するリスクもあります。後出しで「それは経費で落ちません」と宣告されることもあります。彼女にとって一つもメリットがないそうです。

 

8・三角出張など交通費が曖昧になりそうな場合は、断固たる決意で交渉

仕事に関することで、自腹を切ることは絶対にありません。交通費を受け取るのは正当な権利ですが、億劫であれば多少の出費はやむを得ないこともあります。彼女は1円単位でしっかりと請求することを誓っています。

 

9・飲み物は買わない

彼女にとって世界で一番無駄な行動は、出先で飲み物を買うことです。会社に行けば、無料でお茶が淹れられます。淹れたあと、ボトルに入れます。平日に飲み物を買うことはないそうです。

 

10・電気料金の契約を見直した

公共料金に関する書類は熟読します。安くする方法があるかもしれません。ある日、電気料金には様々な契約があると知りました。電力会社のサイトで、月々の支払いや生活リズムを入力すると、今より月2000円も料金を減らすことができるプランがありました。電気メーターを交換する工事の必要な大規模なプラン変更でしたが、迷わず実施しました。

 

11・家賃は4万7千円

東京に出てきてから住んでいるアパートは、自分以外は独身のおじさんしか住んでいないそうです。風呂とトイレはありますが、築年数は古く、比較的ボロい。都内で駅徒歩6分というところが決め手となったそうです。

 

12・図書館に通う

本は最高です。永遠に時間が潰せます。図書館で借りれば無料ですし、冷暖房も聞いています。冷水機もあるので、喉も潤う。入り浸ることはありませんが、月に20冊は本を読みます。最近読んだのは、マネックス証券の松本大さんと三省堂国語辞典編纂者の飯間浩明さんの本で、延長したそうです。

 

13・コンビニに寄るのは週1回

週に1回、金曜の夜にだけ、コンビニでスイーツを買います。1週間仕事を頑張ったご褒美ではなく(自分にご褒美を与えなければ耐えられないほど、彼女は弱い人間ではないそうです)、仕事とプライベートを切り替えるスイッチとのことでした。

彼女の節約は独特で厳しいものですが、参考になる部分もあります。すべてとは言わずとも、いくつか真似ていただければ、今以上に貯金を増やすことができるのではないでしょうか。2年目の彼女の預貯金は、150万円だそうです。

 

■元国税!さんきゅう倉田の連載記事一覧■

#1・【新連載・元国税芸人】財布のココが違う!貧乏な人とお金持ちの現実

#2・【ドキュメント】これが借金250万芸人「西日本」の貧乏財布!倉田はどう整理した?

#3・その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

#4・元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

#5・気になる!芸能人だけがやっている、5つの危ない経費……⁉

#6・お金持ちの社長たちの共通点。彼らが「普段しないこと」9選

#7・1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

#8・元国税芸人の僕が思うモテる女性のお金づかい5選

#9・行き当たりばったりの節約はNG!正しい貯金術4選

#10・40歳独身の会社員が、定年までに貯めておきたいお金はいくらか?

#11・元国税芸人の僕が「それはやめたほうが」と思う投資は…初心者ほど失敗するコレ

#12・だから女性と芸人が騙される!「お金が欲しい人」が気をつけてほしい詐欺

#13・元国税芸人の僕が教える「お金まわりがダメな男」のチェックポイント6つ

#14・毎月の手取りが18万円なのに、2年で150万円貯めた⁉︎21歳節約ガールの13節約方法とは

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

「二度とご飯を食べたくない女性」に転落する7つの行動

元国税局職員 さんきゅう倉田です。おもに、芸人として活動しています。芸人になって10年ほど経つので、その10年で得たスキルで、文章を書いたり、講演会をしたりしています。このような仕事をしていると、たくさん…

【男が語る】年収300万円のイケメンと1000万円のブ男、どっちがコスパか

元国税局職員 さんきゅう倉田です。よしもとで芸人をやっております。「貧乏なイケメンとお金持ちで器量の悪い男どっちがいい?」そんな質問を友人からされたことがありませんか。熟考を要する究極の選択だと思いま…

【男が語る】お金がかかるオンナと、かからないオンナ。どちちがモテるのか?

こんにちは、元国税局職員の芸人、さんきゅう倉田です。さて、女性の友人に「金がかかるオンナとかからないオンナ、どっちがモテるかなあ」と聞かれました。「金がかかるオンナがモテるかい!」と心の中でつっこみな…

コレがバッグに入っていると貧乏に!「お金持ちが持ち歩かないもの」とは?

夏日が散見されるようになってきました。茹だるような暑さではないですが、天気予報で「夏日」と聞くと、夏が近づいている気がします。ぼくは、夏だからといって、海に行くこともプールに行くこともないですし、8月…

【男の意見】男が○○をしなくなったら浮気のサイン。金づかいで見抜く男の浮気本性

こんにちは、元国税局職員 さんきゅう倉田です。さて、芸人はみんな浮気をします。ぼくは、お笑いを初めて10年ですが、たくさんの浮気の話を聞いてきました。売れている売れていないに関わらず、みんな浮気に明け暮…

意外と知らない!芸能人の結婚式に呼ばれたら、ご祝儀はどうする?問題

他者と素敵な人間関係を築く人は、お祝いごとをかかしません。とくに、お笑い界は、めでたいことに敏感です。結婚式に呼ぶのが憚れるような大御所の先輩であれば、結婚の報告だけをすることも多々あります。すると、…

年収8000万の人たちがやってる「ものすごく手間がかかるけれど効果がデカい」節約

先日、クイズ番組の収録に遊びに行ったのですが、楽屋に10人いる中、お弁当が20個余っていました。持って帰りましょう、と誰かが言ったところ、その中にいたお金持ちから順にお弁当を取りに行っていましたが、先…

「もっとお金がほしい人」がインスタを見るとき注意すべき8ポイント

いつの時代も、たくさんの詐欺が溢れています。詐欺とは認定しがたいけれど、知識不足や思慮の浅さに付け込まれて、利益の出ない不動産を買わされてしまう人もいます。先日、ぼくの知り合いの30代の女性が「マンシ…

副業やセカンドキャリアを始めるときに、知っておきたい4つのこと

「仕事を辞めてかわいいカフェをやりたいなあ うふふ」と若い頃は思うものです。そのうち、開業資金や煩雑な手続きのことを知り諦めるわけですが、副業として何かをやるのはとてつもなく素敵なことです。国も副業・…

よく飲む人ほどお金持ちになる?意外だけどシンプルな理由【国税芸人の視点】

交際費とは、難しく言うと接待、慰安、供応、贈答を、得意先や仕入先に行った費用です。広く一般的には、“飲み代”が交際費と認識されていますが、間違いではないでしょう。それ以外にも、付き合いの場や慶弔の出費、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事