セカンドストリートでのブランド買取の相場を紹介!口コミと評判も解説

ブランド買取サイトの口コミと評判

ブランド品を売りたいと考えている人は、「セカンドストリートの宅配買取ってどうなのかな?」と思ったことがあるでしょう。

街中でよく見かけるセカンドストリートは、店頭買取以外にも宅配買取を行っています。

そこでこの記事では、セカンドストリートでブランド品を査定に出した人の口コミや、宅配買取の具体的な流れについて紹介していきます。

無料で査定!
24時間査定申込可能
ブックサプライのサイトを確認してみる
公式サイト:https://www.2ndstreet.jp/

セカンドストリートのブランド品買取実績

まずはセカンドストリートの、ブランド品の買取事例を紹介します。

セカンドストリートに行くと、厳重にガラスケースで保管しているブランドバッグなどを見かけます。一体買取額はどのくらいになるのでしょうか。

ルイ・ヴィトン アポロバックパック モノグラム インクキャンバス M43676 240,000円
セリーヌ トラペーズ ハンドバッグ 104,000円
グッチ GG ジャガード コットンジャケット 148,000円
プラダ サフィアーノラックス 1BA838 90,000円
タグホイヤー キャリバーホイヤー01 ブルータッチエディション 280,000円

こちらはセカンドストリートで査定額がついたごく一部です。
他にもたくさんの種類のブランド品やアイテムを買取しています。

セカンドストリートでブランド品を売った人の口コミ

この章では、実際にセカンドストリートでブランド品を査定に出した人の口コミを紹介していきます。

良い口コミ

ブックオフで買取不可だったブランド品を、セカンドストリートで買い取ってもらえた口コミです。
セカンドストリートは総合的なリサイクルショップの中でも、「おしゃれなアパレル」に力を注いでいます。
店頭のレイアウトもおしゃれなお店が多いです。

セカンドストリートはよくアイテムごとに買取キャンペーンを行っています。
ブランド品の買取アップキャンペーンをやっている時もあるので、そのタイミングで査定に出すとお得です。

セカンドストリートは店舗数も多いですし、色んなブランド品を買い取ってもらえるので、まとめて査定に出す人が多いです。
クローゼットの整理ができて、良いお小遣い稼ぎにもなったと喜ぶ人が多いです。

続いては悪い口コミです。

100点査定に出して408円だったようです。

こちらはチョット変化球な口コミです。
お客さんに査定額が低くて怒鳴られてしまっている店員さんに同情している口コミですが、実はこのような光景はセカンドストリートではよく見受けられます。

ここで、セカンドストリートの良い口コミと悪い口コミをまとめます。

〇買い取ってもらえるアイテムが多い
〇ハイブランドまではいかないカジュアルブランドも買い取ってくれる
〇買取アップキャンぺーンが多い
〇まとめて査定に出すとお得
〇ファッションアイテムに力を入れている
✖査定額が低い
✖ハイブランドだけどマニアックなブランドは査定額が低い
✖ブランド品専用の鑑定員がいない

とても敷居が低く気楽に査定に出すことができますが、ブランド品の査定額は他者に比べて低い傾向があるのがセカンドストリートの特徴です。

無料で査定!
24時間査定申込可能
ブックサプライのサイトを確認してみる
公式サイト:https://www.2ndstreet.jp/

セカンドストリートで買取りしてくれるブランドとアイテム

セカンドストリートで査定を行っている代表ブランドを紹介します。

ラグジュアリーブランド

ブルガリ、カルティエ、セリーヌ、シャネル、クリスチャンディオール、グッチ、エルメス、IWC、ルイ・ヴィトン、ミュウミュウ、オメガ、プラダ、ロレックス、フェラガモ、タグホイヤー、ロエベ

服飾雑貨ブランド

アディダス、カシオ、シティズン、コンバース、ジミーチュウ、MCM、セイコー、VANS、クリスチャンルブタン、クロムハーツ、ビルケンシュトック、プーマ

※バッグ、シューズ、腕時計、財布、小物、アクセサリー、アイウェア、帽子、スカーフ、マフラーなど

ストリートブランド

アベイシングエイプ、キャリー、ギャングスタービル、オフホワイト、シュプリーム、ステューシー、ワコマリア

インポートブランド

APC、カナダグース、アニエスb、ディーゼル、デュベティカ、ラベンハム、ポールスミス、MM6、マッキントッシュ、グローバーオール、マリメッコ

セカンドストリートでは、若者に人気のストリート系ブランドやインポートブランドを多く買い取ってもらえます。
また古着の買取にも強いので、新品で買ったブランド以外にも希少なブランド品を持っていたら査定に出してみるとよいかもしれません。

メンズブランドの買取にも力を入れているので、旦那さんや彼氏と一緒にクローゼットの整理を行うのもおすすめです。

セカンドストリートでの宅配買取の流れ

セカンドストリートはいつも混んでいて、査定の間店内で待たされることが多いです。

そんな時には宅配買取を利用した方が、自分の時間を大切にできます。

ステップ1~買取申込

ネットから申し込みます。申込にはGEO IDの登録が必要です。(あのレンタルのゲオです。共通のIDなので、DVDをレンタルしたことがある方は持っているハズです)

ステップ2~商品の発送

必要な梱包材を無料で手配してくれます。宅配発送料も着払いでOK。
ブランド品を梱包したら、指定日に宅配業者が集荷に来てくれます。

ステップ3~入金

査定結果がメールで届きます。承諾すれば指定した口座に現金が振り込まれます。
希望額に届かずキャンセルした場合でも、無料で商品を返送してくれます。

以上がセカンドストリートの宅配買取の手順です。
家にいながら無料で全て完結するので、とっても便利です。

なお、査定額に応じてポンタポイントが付与されるのでぜひ連携してください。

宅配買取で受け付けている最大の大きさは、段ボールの3辺の合計160㎝までです。
また、宅配買取対象外のメーカー(HP参照)を送ってしまった時の返送料はユーザー負担になってしまうので注意してください。

セカンドストリートでの宅配買取に必要な書類

店頭買取の時と同様に、本人を確認できる公的身分証明書のコピーが必要です。

運転免許証やパスポート・健康保険証などです。
年金手帳・生活保護受給票・小型船舶操縦士免許証・外国人登録証明書など、幅広い証明書を認めてくれるので、詳細はHPで確認してみてください。

18歳未満は親の同意書や親の身分証明書が必要になります。

セカンドストリートでブランド品を売るメリットとデメリット

では、セカンドストリートでブランド品を売るメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリットその1~宅配買取が便利

宅配キットや振込手数料、キャンセル時の返送料(一部例外あり)まで無料なのは、かなり良心的です。

査定に出向く手間を省くことができるので、一気にブランド品を整理するのに向いています。

メリットその2~若者向けのブランド品が売れる

若者に人気のブランド品買取におすすめです。
ブランド品専門の買取店では、老舗のハイブランドしか受け付けていない会社もあります。

シュプリームやワコマリアなど、流行りに乗って在庫を抱えることに不安を持っている会社も多いです。

そのような中で、セカンドストリートは若い世代のユーザーを多く抱えているので、どんどん新進気鋭のブランドアパレルを買い取ってもらえます。

メリットその3~買取アイテムが多い

買い取ってくれるブランド品のアイテム数が多いのもセカンドストリートの特徴です。
店頭でも、サングラスやキーケース、帽子やマフラーまで多くのアイテムが並んでいます。

バッグはここ、小物はこっちと分けて査定に出すのが面倒な人にはセカンドストリートはありがたい存在です。

デメリットその1~査定額が安い

1番のネックかもしれません。口コミでも「とにかく査定額が安い」という声が多いです。
店頭で販売されているブランド品もリーズナブルなので、「セカンドストリート転売」を仕事にしている人もいるくらいです。

店頭でのブランド品の販売価格が安いということは、買取額はもっと低くなります。
とにかく少しでも高くブランド品を売りたいと考えている人は、セカンドストリートの選択肢は最後の方になるかもしれません。

デメリットその2~ブランド品の査定に強くない

セカンドストリートには、ブランド品の査定に詳しい専門の査定員がいるわけではありません。店頭で査定に当たっているスタッフもアルバイトが多く、査定マニュアルに基づいて画一的に査定が行われています。

HPでも「市場の動向をもとにした査定」と謳っているので、ブランドそのものの価値よりも、「売った時の利益」を考慮して査定額が付けられています。

なのでハイブランドであっても、マニュアル通りに査定することで、実際の価値より低い査定額になってしまうことも多々あります。(そこを転売屋は狙っています)

以上のメリットとデメリットを総合すると、セカンドストリートにブランド品を売るのに適した人は、

・流行最先端のブランド品を売りたい人
・査定額は低くてもすぐにまとまったお金が欲しい人
・一気にブランドアイテムを整理したい人

です。

一方で、ハイブランドで希少価値の高い品を持っている人は、ブランド品専門の鑑定士が在籍している買取業者を選んだ方がよいです。

セカンドストリートでブランド品を高く売る方法

セカンドストリートで少しでもブランド品を高く売る方法は、3つです。

ポイント1~セカンドストリートが力を入れているブランドをチェック

HPや店頭をリサーチして、買取に力を入れているブランド名を把握しておきましょう。どちらかというと老舗の海外ブランドよりも、インポートや古着、ストリートカジュアルブランドの買取がおすすめです。(スポーツブランドも含む)

ポイント2~査定に出す時期を意識

ファッションブランドであれば、季節を先取りして査定に出すことが2つ目のポイントです。
少なくともワンシーズン先に査定に出しましょう。

ポイント3~お得なキャンペーンを見逃さない

買取アップキャンペーンに合わせて査定に出すと、プラスアルファーの査定額になります。
「ブランド買取キャンペーン」にのっかっても良いですし、売りたいアイテムに片寄りがある場合は、アイテムごとのキャンペーンを狙ってみるのもオススメです。

セカンドストリートのブランド品査定まとめ

セカンドストリートのブランド品買取の実情を紹介してきました。

若者に人気で、店頭でのファッション展開もおしゃれなセカンドストリートでは、お気に入りのブランドを売ったり買ったりを気楽にできる楽しさがあります。

一方で、「ハイブランドをそれなりの価格で買い取ってほしい」と思っている人にとっては、他の会社にも見積もりを出してもらって比較してみることが大切です。

気になる人はぜひ、セカンドストリートの店頭でブランド品がどのくらいの価格で売られているのかをチェックしてみることから始めてみるとよいでしょう。

無料で査定!
24時間査定申込可能
ブックサプライのサイトを確認してみる
公式サイト:https://www.2ndstreet.jp/

 

タイトルとURLをコピーしました