ネットオフの口コミと評判を調査!ブックオフとの違いも解説

ネットオフ 口コミ 評判 本の買取

ネットオフは本の買取だけではなく、ホビーやフィギュア・ブランド・家電などあらゆるジャンルのグッズを買い取ってくれるとても便利なサイトです。

店に足を運ぶ必要がなく、ホームページを見ればどのぐらいの価格で買い取ってくれるのか?おおよその見当がつくのでとっても利用しやすいです。

そこでこの記事では、ネットオフがどのようなサービスを行っているのか?どのようなグッズが高値で買取されているのか?などを細かく解説していきます!

無料で査定!
24時間査定申込可能
ネットオフのサイトを確認してみる
公式サイト:https://www.netoff.co.jp/

ネットオフの買取はブックオフ買取とどう違うのか?

名前が似ていますがそもそもネットオフとブックオフでは母体になっている会社が違います。

そのためサービスの内容にも少し差があります。

とはいえ元々の本家はブックオフなんです。

ブックオフから独立して規模を拡大していった会社がネットオフなので、根本的な宅配買取のシステムには大きな違いはありません。

ではネットオフとブックオフではどのような違いがあるのか?項目ごとに見ていきましょう。

その1 売れるジャンルの違い

ブックオフが本やDVDの買取を中心にしているのに対し、ネットオフはもっと総合的に買取ができるジャンルを増やしているのが特徴です。

一応ブックオフでも、ゲーム機やパソコン・おもちゃ・金プラチナなどの買取も行なっていますが、ネットオフの方がそれぞれのジャンルごとに買取コースを設けていて、わかりやすく買取を受け付けています。

そのためネットオフはジャンルごとにダンボールを分けて送る必要がありますが、それぞれ専門の分野の買取スタッフがいるので、知識が高いぶん買取額もしっかりと査定してくれるでしょう。

特にブランド品を売りに出したいと考えている人は、ネットオフにはブランド品に特化した買取コースが設けられているので安心です。

その2 最低買取点数の違い

本やDVDの買取が20冊からOKなブックオフに対して、ネットオフは合わせて30点からの買取が条件になっています。

ただしネットオフ独自のサービス「ポストにポン買取」を利用すれば、対象の商品を1点から買い取ってもらう事が可能です。

その3 各種サービスの違い

両社とも買取品を送る際の送料や、買取額を銀行に振り込んでもらう手数料が無料です。

ただし梱包に必要なダンボールはブックオフは有料で、ネットオフは6箱まで無料でもらえます。

また利用にあたりブックオフは会員登録が必要ですが、ネットオフは会員登録しなくても「ゲスト買取」という形で取引ができます。気楽に始めるにはネットオフの方が良いかもしれません。

とはいえ本を中心に買取を考えているユーザーには、老舗のブックオフに会員登録をして使う人が多いです。

両社で買取額や特色に違いがあるので、自分にとってメリットの多そうなサイトを選んで利用すると良いでしょう。

その4 キャンペーンの違い

宅配買取サイトでは、年に数回買取額がアップするキャンペーンを開催する時があります。

このキャンペーンはブックオフよりもネットオフの方が若干多い印象です。

キャンペーンの時期に合わせてまとめて査定に出せば得することも多いでしょう。

ただし査定に出すものによっては、キャンペーンを待たずに早く査定に出した方が結果として受け取る金額が多くなることもあるので、一概にキャンペーンだけを頼りにする必要もありません。

ネットオフの宅配買取サービスの特徴!買取価格は高いのか

ネットオフは、様々なジャンルの商品を気軽に買い取ってもらうことができる便利なサービスです。

買取品目の種類も増えてきていて、様々なキャンペーンを頻繁に行っているので楽しく買取をしてもらうことができます。

気になる買取価格については、ネット宅配買取業者の中では中くらいのポジションです。

ネットだけに特化して買取を行っているので、お店を構えているリサイクルショップよりは高値で買い取ってもらえます。しかし買取額上位サイトとしての評判は少ないので、CMなどにお金をかけている分、買取額を抑えている傾向はあるかもしれません。

ネットオフの主な買取ジャンル

ネットオフで買取しているジャンルを紹介していきます。

書籍、CD、ブルーレイ、ゲームソフト

ネットオフの買取の中でも最も力を入れているジャンルです。

コミックはもちろん、小説やビジネス書などの買取も積極的に行っています。

特に人気のコミックは全巻揃って査定に出すことで高価買取を期待できます。ゲームソフトは販売して間もないゲームソフトほど高値がつくので、新品で購入して遊び尽くし、すぐに売りに出すユーザーも多いですよ。

たまに開催されるキャンペーンでは、本やゲームの買取額が最大50%もアップすることがあります。

タイミングを見て上手に査定に出すことで、想像以上のお金をゲットすることができるでしょう。

ホビー、フィギュア

ネットオフが本の次に力を入れているジャンルです。

ホビーといっても子供が使うようなおもちゃではなく、フィギュアやプラモデル・キャラクターグッズ・抱き枕カバーなどの買取が中心です。

人気のアニメキャラのレアなグッズは高値で取引されていて、場合によっては箱がないフィギュアも買取対象になっています。

これらのグッズは店頭に持ち込むよりも、ネットだけで買取を行っているサイトの方が高値で買い取ってくれるのが特徴です。

ブランド品

ネットオフではブランド品の買取も専門コースを設けています。

ブランドもののカバンや財布、小物などが中心です。本の買取のイメージが大きいけど大丈夫なの?と心配する人もいると思いますが、実はもう10年前からブランド品の買取を専門に行なっています。

また金やプラチナの買取も行なっているので、ブランドジュエリーを持っている人やブランドがわからなくても使っていない貴金属がある人は査定に出してみると良いでしょう。(査定額はその時の金の相場に比例します)

その他

デジタル家電・カメラ・携帯電話・楽器・スポーツ用品・アウトドア用品・子供教材・文房具・装身具・着物など

以上のジャンルもネットオフでは買取の対象になっています。

子供教材とは、例を出すとディズニーの英語教材などのテキストのことです。
またベビーカーやチャイルドシートも買い取ってもらえます。

文房具は高額な万年筆や手帳など。
装身具とは、ブランド眼鏡やかんざし、ブローチ、カフス、ネクタイピンなどのことです。

着物のジャンルでは、帯や小物、ストールなども含まれていて、なんと三味線やお琴などの和楽器まで査定してくれますよ。

ネットオフでは本以外のジャンルの買取も力を入れています。
それぞれを一緒くたに買い取るのではなく、ジャンルごとに分けてページを設けているのが特徴です。
ジャンルごとに過去の買取事例をホームページに載せていて、どのアイテムにどのぐらいの査定額をつけてくれるのかとてもわかりやすいです。
ここまで詳細に買取事例を載せるということは、それだけ査定に自信があるということです。おそらくそれぞれの分野ごとに専門知識を持ったスタッフが査定に携わっているのでしょう。ぜひネットオフのホームページをチェックしてみてください。
無料で査定!
24時間査定申込可能
ネットオフのサイトを確認してみる
公式サイト:https://www.netoff.co.jp/

ネットオフを利用するメリットとデメリット

ネットオフは、本以外の買取も受け付けているので、趣味のグッズやブランド品などを売りたいと考えている人にとってはメリットの多いサイトです。

会員登録をする必要もなく、様々なキャンペーンを頻繁に行っているので、利用する敷居が低いのもメリットです。

一方、デメリットはジャンルごとに分けて査定に出さなくてはいけないことと、買取額が決して高いわけではないことです。

それぞれどのようなことなのか、紹介していきます。

メリット1 買取品目が多い

前の章で紹介したように、本やDVD以外にも買い取ってもらえるジャンルが多いのがネットオフのメリットです。

それぞれ過去の買取事例もホームページに載せているので、他のサイトと比較しながら売るべきかどうか判断できるのも親切なポイントです。

メリット2 キャンペーンが多い

ネットオフでは常時何かしらのキャンペーンを開催しています。

しかも買取品目ごとにお得なキャンペーンを開催しているので、査定額にプラスしてお小遣い稼ぎをすることができます。

メリット3 気軽に始められる

ゲスト買取を利用すれば、正式な会員登録をしなくても買取を依頼できます。

どのようなサイトなのか試しに使ってみて、利便性が良かったら2回目以降は会員登録して使うと良いでしょう。

デメリット1 買取額か高いわけではない

他のサイトに比べてネットオフの買取額は、ずば抜けて高いわけではありません。

事業を大きく展開しているぶん、コストがかかっていることも想像できます。

そのため商品のジャンルによっては、そのジャンルだけを専門に買取を受け付けているサイトを探した方が高値で買い取ってもらえることが多いです。

前身の会社が本の買取を専門に行なっていただけあって、ある程度本の買取額は期待できるかもしれません。

一方でブランド品を買い取ってもらおうと考えている人は、ブランド品の買取に特化したサイトと過去の買取事例を比較してみることをおすすめします。

デメリット2 複数のジャンルを一緒に送ることができない

例えば、本と一緒にブランドバッグをダンボールに入れて査定に出すことはできません。

同じ会社とはいえ査定するアイテムを分けているので、面倒でも別々に査定手続きを行う必要があります。

ただし、手間は増えますが送料はかからずダンボールも無料で手配してくれるので、別々に査定に出すことで大きなデメリットはそこまでないでしょう。

デメリット3 返送料がかかる

査定金額に納得せずにキャンセルした場合の返送料は、ユーザー負担になります。

返送料を無料にしているサイトが増えてきている中で、送料負担をデメリットに感じる人もいるでしょう。

またネットオフでは事前査定のサービスもないので、実際に送ってみないことには正確な査定額は分かりません。

査定が出てから後悔することがないように、ジャンルごとにいくつかのサイトを見比べながら査定に出すものを決めていきましょう。

以上のメリットとデメリットからネットオフが向いている人は、本やDVDを気楽に査定に出したいと考えている人です。
キャンペーンも随時行なっているので、まとめて本を査定に出すと得することも多いでしょう。もし売りたいものがブランド品中心の人は、ブランド品買取を行っている複数のサイトを見比べてから検討する方が良いです。

ネットオフで買取した人の口コミと評判

ネットオフの買取を実際に利用した人の口コミをTwitterで検索してみると、便利に簡単に査定に出せた!という利便性の良さに対する良い口コミが多い一方で、買取額が安かった…とがっかりする口コミがよく見られました。

良い口コミ

悪い口コミ

家の整理をするのに便利で親切!という声が多い反面、ジャンルによっては想像以上に買取額が安かったと酷評する人も多いのが特徴です。
やはり査定に出す前に十分検討する必要があります。

以上のようなことからネットオフの評判をまとめます。

・ネット買取の仕組みが整っていて使いやすい
・キャンペーンが多くて得する
・送料や手数料、ダンボールの無料サービスが行き届いている
・本やCDをまとめて査定になるとそれなりの査定額がつく
・リサイクルショップに持ち込むよりお得に換金できる
・買取額が低い(特に本以外のジャンル)
・返品手数料が取られる
・家電やブランド品の査定は、リサイクルショップに持ち込んだ方が高かった
・自分でフリマアプリに出品した方が値段がついた
本をまとめて査定に出すには、ネットオフは候補の1つに入れておくと良いサイトです。
反面、本以外のジャンルのものを査定に出す時は、面倒でも他のサイトの方が高値が付かないか?自分でフリマアプリに出品した方が得しないか?などを調べた方が損はしないです。
値段は気にせずとにかく一気に家の物を片付けたい!と思う人は良いですが、少しでも高値で買い取って欲しいと考えている人は、他のサイトと見比べてから査定に出す方が良いでしょう。

ネットオフの宅配買取の流れ

ネットオフの宅配買取は、とにかく「ラクに買取」をモットーとしているため、できるだけユーザーの負担がないような仕組みが整っています。

また、本やDVDを売りたい人と、ブランド品など他のジャンルの物を売りたい人で窓口を分けていることも特徴です。

この章では簡単に、どのジャンルでも共通する宅配買取の流れについて説明していきます。

手順その1 ログイン・申し込み

初めての人は、ホームページの「初めての買取お申込み」のバナーをクリックしてスタートします。

会員登録が済んでいる人はログイン画面から進んでください。

なお会員登録せずに買取を申し込むこともできます。「ゲスト買取でお申し込み」のバナーをクリックしてください。

手順その2 必要書類の準備

買取には現金を振り込んでもらう口座と本人確認書類の準備が必要です。

あらかじめ手元に用意しておきましょう。

手順その3 商品を梱包

家にあるダンボールに査定に出す商品を梱包します。

本であれば水濡れを防止して、総重量が25kg以内に収まるように梱包します。
ブランド品は傷がつかないように、緩衝材などで養生してからダンボールに詰めるようにしましょう。

家に適当なダンボールがない場合は、ネットオフが無料でダンボールを送ってくれます。

手順その4 商品の発送

査定に出す商品と一緒に商品送付書を箱に入れます。

商品送付書はホームページからプリントアウトすることもできますが、手書きで適当な紙に記入するのでも大丈夫です。

なお本人確認書類は、ホームページからアップロードする時に使います。

梱包した商品は佐川急便が指定した日時に集荷に来てくれます。

この時に着払い伝票をドライバーさんが持ってきてくれるので、ユーザー側が伝票を用意したり、その場で送料を支払う必要はありません。(自分でコンビニに持ち込むのでもOK。

その時はヤマト運輸の着払いを使用)

手順その5 査定・入金

送った査定品がネットオフに届いて数日後、査定結果がメールで届きます。

これに了承すれば、指定した銀行口座に現金が振り込まれます。

了承は「査定金額了承画面」から行いますが、5日以内に承認しなかった場合は自動的に査定結果が銀行に振り込まれます。

なお了承せずに返品してもらう時には、返送手数料がかかります。

※ネットオフのホームページには、各アイテム毎に買取ができない商品の具体例が掲載されています。必ずこのページを確認してから梱包するようにしましょう。

ネットオフの査定についてのまとめ

ネットオフに査定に出すのに向いている人は、気楽に買取査定を送りたいと考えている人や、まとめて一気に家を整理したいと考えている人です。

特に本やDVD、ゲームソフトなどの買取が得意分野なので、キャンペーンなどを上手に活用しながら査定に出してみると良いでしょう。
初めて利用する時にはゲスト会員のまま利用することもできるので、「どんなサイトか試してみたい」「宅配買取を経験してみたい」という人には、ネットオフからチャレンジしてみるのもおすすめです。

またネットオフでは、ブランド品やデジタル家電なども宅配買取を受け付けています。書籍以外にも売りたいものがある人は、ぜひホームページをチェックしてみてください。

過去の買取事例も親切に紹介されているので、他に買取を検討しているサイトと見比べてみると良いでしょう。

無料で査定!
24時間査定申込可能
ネットオフのサイトを確認してみる
公式サイト:https://www.netoff.co.jp/

 

タイトルとURLをコピーしました