バリューブックスの口コミと評判を調査!ネットでの評判は良いのか調べてみた

バリューブックス 口コミ 評判 本の買取

本を高値で売りたいと考えている人に、今回は「バリューブックス」のサイトを紹介します。

バリューブックスは本好きの間では有名なサイトです。
基本的には本の買取サイトなのですが、本棚を撮影するだけで保有している本の買取総額がいくらになるかわかる機能が付いていたり、自分だけの本棚をサイトの中で管理できたり・・・と、とても便利なツールなんです。

そこでこの記事では、バリューブックスの特徴や口コミを紹介したり、どんな本が高く売れるのか?どのような人におすすめのサイトなのか?を解説していきます!

バリューブックスの公式サイトを見る

バリューブックスでの買取価格と相場

バリューブックスの1年間の平均買取価格は4,727円です。

ここから配送料が一律500円引かれます。

単品ではなくまとめて売りに出す人が多いので、価値のある本であれば高値で買い取ってくれるサイトです。

そこでこの章では、バリューブックスの最近の買取実例を紹介していきましょう。

東京卍リベンジャーズ 22巻セット 8,500円
呪術廻戦 15巻セット 4,200円
鬼滅の刃 23巻セット 4,000円
僕のヒーローアカデミア 30巻セット 6,500円
ハイキュー!! 45巻セット 11,000円
キングダム 60巻セット 18,000円
炎炎ノ消防隊 28巻セット 4,500円
チェンソーマン 11巻セット 2,000円
約束のネバーランド 20巻セット 3,500円
進撃の巨人 34巻セット 6,400円

今回は人気の漫画コミックの買取事例を紹介しました。
なお、この買い取り価格は時期によって変動します。最低価格を保証するものではありません。

バリューブックスでは送る前に「仕分け買取」を行っています。
仕分け買取とは、本棚に並んだ本をスマホで撮影し、その中から売れそうな本だけを選んで送るシステムのことです。
このようなシステムを導入することで、売る側も買い取る側も無駄な労力を使わないような仕組みになっています。

その中でも特にバリューブックスで高値で買い取っている本の種類は、以下の3種類の本です。

・発売から1年以内の本
・専門書
・全巻揃っているコミック

以上の3種類に絞って査定に出すことで、スムーズに持っている本を高値で買い取ってもらうことができます。

バリューブックスで買取した人の口コミと評判

バリューブックスは、数あるサイトの中でも本好きの間で特に高評価を得ている買取サイトです。

高値で買い取ってもらえる高評価よりも、サイトのわかりやすさや、持っている本を管理するのに便利なツールとして評判を呼んでいます。

この章では、バリューブックスのTwitterでの口コミを紹介していきましょう。

良い口コミ

悪い口コミ

以上のような良い口コミと悪い口コミが見られました。

正直買取価格については、買取品の種類によって相場より高かったり低かったりするようです。
良い口コミで多かったのは、バリューブックスの本に対する姿勢です。本好きのスタッフが査定に携わっていることが伝わってきます。

これらの口コミを踏まえてバリューブックスの評判をまとめます。

・専門書や人気のコミックなどは買取価格が高い
・事前査定などがしっかりしているので、査定に出す本の選別がしやすい
・サイトが随所に工夫されていて、読書家(本好き)のツボをとらえている
・良い本の価値をしっかりと見出してくれる
・本の種類によっては買取り価格が低い
・買い取ってくれない種類の方がある
・配達料500円がかかってしまう

特に悪い評判にある配達料に関しては、他のサイトが無料で宅配買取を受け付けている中で大きな痛手かもしれません。

とはいえ送る前に査定ができる仕組みが整っているので、事前準備さえしっかりすれば損をすることはないでしょう。

バリューブックスの公式サイトを見る

バリューブックスのキャンペーンコードについて

バリューブックスでネット検索をすると、キャンペーンコードについてヒットすることがあります。

これはバリューブックスがキャンペーンをやっている時に発行されるコードのことです。

2021年9月現在はキャンペーンコードを利用するキャンペーンは開催されていません。
時期によって「紹介コード」が発行され、友達にバリューブックスを紹介すると双方にプレゼントされる企画が開催されたりしていました。

このようなキャンペーンコードを発行するキャンペーンは年に何回か行われるので、こまめにバリューブックスのサイトをチェックすると良いことがあるかもしれません。

バリューブックスの買取キャンペーンについて

バリューブックスでは期間限定で買取額10%アップキャンペーンを行っています。

査定が成立した額から、10%上乗せした金額が入金されるキャンペーンです。

このようなキャンペーンも1年に数回行われます。
本はまとめて売りに出すほど高値がつくので、ある程度売りたい本をまとめてから10%アップキャンペーンの時に査定に出すと得します。

また新規会員登録すると、限定買取クーポンがプレゼントされることがあります。

限定クーポンの内容は時期によって変わりますが、初めてバリューブックスを利用する人はぜひホームページ内のバナーをくまなくチェックしてみてください!

バリューブックスの宅配買取の流れ

バリューブックスが他の買取サイトと違うところは、本を査定に出す前に本の値段を事前に調べる工程が入ることです。

このことにより、査定に出して値段がつく本かどうかを事前に知ることができます。

それではバリューブックスの宅配買取の流れについて説明していきます。

ステップ1 本の値段を調べる

バリューブックスのホームページから、本の値段を調べます。

調べ方はとても簡単です。スマホで本の背表紙を撮影するだけで、全ての合計金額の概算が表示されます。

これはその時の本の中古の相場が元になっていて、値段が付く本と付かない本を選別してくれるので、送料500円をかけて査定に出すべき本かどうかをジャッジできます。

ステップ2 本をダンボールに詰める

査定に出す本が決まったら、ダンボールに梱包をします。

ダンボールのサイズは1人で持ち上げることがきるサイズ内であればどんなダンボールでも大丈夫です。
ダンボールの最大の大きさは3辺の合計が160cm以内のもので、本を詰めた後の重さは25kg以内に抑えるようにしてください。

なお梱包した本と一緒に、本人確認書類と身分証明書のコピーを同送します。
本人確認書類は申し込みの時にアップロードが可能です。

身分証は公的なもので、免許証やパスポート・健康保険証を用意します。

ステップ3 集荷を依頼する

買取申込ページからヤマト運輸に集荷の依頼をすることができます。

指定した日時にドライバーさんが荷物を回収しに来てくれます。
伝票はその時にドライバーさんが持ってきてくれるので、その場で料金の支払いはありません。

ステップ4 査定と入金

本がバリューブックスに届いて査定が完了したら、査定結果がメールで届きます。

査定金額を承諾すればすぐに指定した銀行口座に現金が振り込まれます。
この時に配送料の500円が差し引かれて入金されます。

もしも査定金額に納得がいかずキャンセルする場合は、返送料無料で本を送り返してくれます。

以上がバリューブックスの宅配買取の流れです。2回目以降は個人情報の登録が済んでいるので、もっと簡単に査定依頼ができます。

1度に査定に出せるダンボールは5箱までです。

査定に関してわからないことはLINEチャットで気軽に質問できる(平日のみ)ので、なんでも聞いてみましょう。

バリューブックスでの買取の安全性

バリューブックスは本を通して様々な活動に力を入れている会社です。

買取だけではなくチャリティーにも積極的で、社会貢献に力を入れていることで有名です。

サイトを見ても本に対する愛情が伝わってきます。バリューブックスから本を買いたいと思う固定ファンがたくさんいます。
それだけ本好きを満足させる取り組みが随所にされている安心できる会社です。

場合によっては高値で買い取ってくれない本もあるでしょう。しかし、どんな本でも無駄にすることなく、必要な人にわたる取り組みを行なっています。

バリューブックスから派生した「Vaboo」「charibon」というサイトも人気です。
ぜひ覗いてみてください。

バリューブックスに本を売るメリットとデメリット

バリューブックスで本を売るメリットは、本好きの人が安心して買取りしてくれる仕組みが整っていることです。

一方デメリットは、配送料がかかってしまうことと、本の種類によっては高い買取額が期待できないことです。

どちらかと言うと読書家でたくさんの本を保有している人に向いているのがバリューブックスです。

なぜならバリューブックスの企業理念に賛同しながら、たくさんの本を心地よく手放すことができるからです。

ではバリューブックスのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリットその1 専門書の買取額が高い

バリューブックスは専門書の買取価格が高いことで有名です。

専門書とは、医学書や大学の研究で使うような参考書です。いわゆる難しい分野の本で、新刊で買うと3,000円以上するような種類の本です。

これらは流通している発行数も少なく、中古で探している人が多いので価値が下がりません。

そしてバリューブックスには、それらの本の価値を見極められるスタッフが揃っているので、安心して買取を依頼できます。

メリットその2 送る前に査定額がわかる

本の背表紙を撮影しておおよその査定額がわかる仕組みは、おそらくどのサイトよりもバリューブックスが1番良い仕組みを整えています。

この作業をすることで、送料の500円を差し引いても送るべきかどうかの判断を行うことができます。この見積額をもとに、他のサイトと比べてみるのも良いかもしれませんね。

メリットその3 サイトを見ているだけでも楽しい

バリューブックスのサイトは、読書家のツボを押さえた工夫がされています。

今どのような本が流行っているのか?今まで読んだことがない本を知るきっかけにもなるので、本に対する見聞を広げることができます。

本にまつわるコラムも沢山掲載されているので(更新頻度も高い)、本好きの人はぜひ堪能してみてください。

デメリットその1 宅配料がかかる

他のサイトの宅配料金が無料の中で、500円の送料が請求されることがデメリットです。

ただし事前に見積もり査定をできるので、宅配料も考慮してバリューブックスに売るべきかどうかを判断できるのは良心的です。

また査定額に納得がいかずキャンセルするときの返送料は無料なのも、良心的でしょう。

デメリットその2 査定額がつかない本もある

バリューブックスは本の種類によっては、査定額が厳しめの時があります。

これはその本を買おうと待っている人のための査定結果でもあります。

良い本を適正価格で次の人に渡す。その基準に満たなかった本はチャリティーに回す。というのが、バリューブックスの基本姿勢です。
そのためたくさん送った割には、ほとんど査定額がつかなかった・・・とがっかりする人も出てくるでしょう。

このようなことを避けるためにも、バリューブックスではどのような本が高値で買い取ってもらえるのか?を事前にリサーチしておくことが大切です。

バリューブックスに本の査定を出す!まとめ

バリューブックスは本の種類によっては高値で買い取ってもらえて、宅配買取の流れもとてもスムーズなわかりやすいサイトです。

査定に出す前に本棚を撮影しておおよその査定額がわかることも面白い仕組みですよね。

一方で本の種類によっては1冊ずつ自分でフリマアプリに出品した方が利益が取れる場合もあるでしょう。

バリューブックスはどちらかというと、読書家でたくさんの本を定期的に入れ替えて購入している人向けのサイトです。
「自分が選んできた大切な本を有効活用してもらいたい」「本好きの人に引き継いでもらいたい」「査定額よりも一気に本を整理できることを優先したい」と考えている人に、きっと役に立つサイトです。

ホームページを眺めているだけでも楽しいサイトなので、活字中毒の方はぜひ活用してみてください!

バリューブックスの公式サイトを見る

 

タイトルとURLをコピーしました