ぱっと見は紳士?「悪い男」が40代女性に繰り出しがちな口説きの手口3選

40代女性の恋のお相手世代には、一筋縄ではいかない筋金入りの“悪い男”も存在するのが現実。

相手もそれなりに年齢を重ね、経験値が上がっているだけに、ぱっと見では“いい人”そうに見えて実は……なパターンもあるから、厄介ですよね。

そんな厄介な男たちには、女性を口説く一定のパターンも。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、“悪い男”が繰り出しがちな口説きの手口に迫ります。

 

40代女性の敵!「悪い男」がやりがちな口説きの手口1:“結婚前提”をにおわせながら近づく

40代で婚活中な女性ほど「次にお付き合いするなら、結婚する相手と」と考えているのも実情です。

そんな女心を知っている悪い男ほど、はっきりとは「結婚前提」を口にしないものの、暗に“結婚前提で付き合える女性を探している”というニュアンスをにおわせながら、言葉たくみに女性に近づきます。

「そろそろ落ち着ける相手を探しているけど、なかなか出会えなくて。でも今回は、なんだかいい予感がするよ」、「この歳になると、居心地のいい女性とでないと、一緒にいる気がしなくてね」など、まるで“あなたが僕の理想の相手です”と言わんばかりのセリフを繰り出し、女性がソノ気になるように誘導。

しかし悪い男にとっては、女性を口説くのがゲームでしかない側面も強く、実際に相手の女性が自分に本気になった時点で「面白くない」を理由に、さっさと距離を置くのも傾向です。

「結婚前提」をはっきり口にするならまだしも、単に“におわせるだけ”なあたりに、悪い男の並々ならぬズルさを感じざるをえません。

 

 

40代女性の敵!「悪い男」がやりがちな口説きの手口2:身の上話で同情を引く

40代女性の恋のお相手世代ともなれば、過去に壮絶な恋愛や結婚経験があっても、なんら不思議ではありません。

そして、40代の独身女性とてそれは同じで、独身を貫いているからといって修羅場を経験していないわけではないことから、恋のお相手候補である男性から普通なら人にはなかなか言わないであろう身の上話を聞かされれば、思わず同情してしまうのも、ありがちなお話。

ところがこの“同情を買う身の上話”こそが、悪い男の常套手段として、女性を口説く道具に使われている実情も……。

「こんな深い話までしてくれるってことは、私に心を許してくれたのね」「こんなことまで話してくれるってことは信頼されているんだわ」などと感じやすい女性心理を悪用し、あえて話を盛り盛りにして同情を買おうとする男もいるから、要注意です。

特に、知り合って間もないのに、やたらに込み入った身の上話をふっかけてくる男性には、くれぐれも警戒しておいて損はないはず。

 

 

40代女性の敵!「悪い男」がやりがちな口説きの手口3:サラリと口にする不慣れそうな容姿褒め

好きな女性の容姿を「きれい」「タイプ」などと褒める男性は少なくないけれど、悪い男も例外ではなく、狙った女性に対してとことん容姿褒めするタイプも珍しくありません。

しかし、堂々と口にすると場慣れしているように見えるのを知っているのか、さも“心底から感心した”とでも言いたげに静かに口にしたり、いかにも慣れていない様子を出すためにわざとらしいほど照れ臭そうい口にしたりするのが、悪い男にありがちな流れ。

言われた女性としても悪い気はしないことから「私は、この男性に特別に好かれているのかも」と気分良くなってしまいがちですが、あえて口馴れていないフリをして、それこそが女性の警戒心を解く術だと心得ている悪い男もいるのです。

なんだかんだで、タイミングよく容姿褒めを出してきたら、それだけ女性に慣れていると心得たほうが無難です。

 

 

ぱっと見は紳士でも、悪い男として女性を泣かせまくっている男性もいるから、40代の出会いは気を抜けません。

悪い男ほど「今度こそいい人と巡り会えたかも」と思わせるテクニックにも長けているので、“うますぎる出会い”には、やはり警戒しておいて損はないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク