「えんきょく」ではない!「歪曲」の正しい読み方、知っていますか?

さまざまな読み方がある漢字。漢字同士がよく似ていることもあり、書いてある漢字を別の漢字と勘違いしてしまい、読み間違えてしまった…なんてことも。

そこで本記事では、意外と読めない感じのクイズを出題します。

「歪曲」と書かれていたら、あなたはなんと読みますか?

「歪曲」なんと読む?

「歪曲」と見ると、歪んだり曲がったりしているイメージが浮かびますね。この漢字から意味を読み取ることはできるかもしれませんが、読み方を思い浮かべるのはなかなか難しいですよね。

「〜曲」の字から読み方を思い浮かべて「えんきょく」と読んだ人も少なくないはずですが、「歪曲」を「えんきょく」と読むことはできません。

正解はこちら!

正解は「わいきょく」です。

「歪曲」の意味は

1 物をゆがめまげること。また、ゆがみまがること。
2 事実をわざとゆがめて伝えること。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

です。

「歪曲した線路」といったようにモノに対して使うこともあれば、「歪曲して報道する」などと事実をゆがめて伝えるときなどにも使われます。ただ「歪曲」を使う場合、基本的には「悪く変える」ことに使われます。

間違いやすい「えんきょく」とは

ちなみに「歪曲」の「歪」の読みは

音読み ワイ
訓読み ゆが(む)・いが(む)・ひず(む)・いびつ

引用元:歪|漢字一字|漢字ペディア

であり、「えん」という読み方はありません。

「えんきょく」と間違われやすいのは、「歪曲」と同じく「〜曲」とつく「婉曲(えんきょく)」とごっちゃになっているからだと考えられます。

ちなみに「婉曲」は

言いまわしが穏やかでかど立たないさま。露骨でなく、遠まわしに言うさま。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

という意味があり、事実を悪く変える「歪曲」とはだいぶ意味が違います。

読み間違えてしまうと話の内容が変わるどころか、悪い意味で捉えられてしまうことも考えられます。この機会に「歪曲(わいきょく)」「婉曲(えんきょく)」の読み方と意味を把握しておくことをおすすめします!

参考文献:瀬崎圭二監修, 『正しい日本語どっち? 500』, 平成28年5月20日, 株式会社 彩図社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク