「いっし」ではありません。「一縷」の読み方、知っていますか?

パソコンやスマホの自動変換機能のおかげで、漢字を間違える機会は減りました。読み方を間違えていたとしても、自動変換が正しい漢字を導き出してくれることも。ただ…どこかで聞いたことがある言葉にも関わらず、漢字で表されると「え、なんて読むの?」と戸惑う機会は増えたのではないでしょうか。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「一縷」の読み方、知っていますか?

「一縷」の読み方は?

「一」は馴染みのある漢字ですが、「縷」は日常生活であまり見かけることのない漢字です。「糸」という漢字が使われていることから、「糸」に関連する言葉なのでは…と導き出すことはできるかと思いますが、読み方まで導き出すのは難しいですよね。

「糸」という漢字から「いっし」と読んだ人もいるかもしれませんが、残念ながら「いっし」は間違いです。

ですが、答えを知ると「聞いたことある!」と思われる方も多いのでは?

正解はこちら!

「いちる」です。

「一縷」とは

1 1本の糸。また、そのように細いもの。
2 ごくわずかであること。ひとすじ。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

のことです。例文には「一縷の望みを託す」などが挙げられます。

「縷」という漢字には

①いと。いとのように長いもの。いとすじ。
②こまかい。くわしい。
③ぼろ。ぼろきれ。

引用元:縷|漢字一字|漢字ペディア

という意味があります。

「糸のように細かいもの」を指す「縷」に、わずかな数である「一」が合わさることで、“ごくわずかであること”を意味しているのです。そのため「一縷の望み」は「ほぼ絶望的だが、希望がごくわずかに残っている」という意味合いになります。「一縷」がネガティブな意味合いを持っているわけではありませんが、少し追い詰められている様子が感じ取れますね。

参考文献:NHKアナウンス室編, 『NHK 間違いやすい日本語ハンドブック』, 2013年5月25日, NHK出版

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク