【国名漢字】「ひつゆ」ではありません!「秘露」はどこの国?|国名クイズ3問

普段、国名はカタカナで表記されていることが一般的ですが、仏蘭西、露西亜、伊太利亜など、漢字でも馴染み深いものはありますよね。

これらの漢字表記は、国名の音に漢字の読みを当てはめているため、漢字の意味など考えずにそのまま読めば、もともと読み方を知らなくても読めてしまうこともあります。

とはいえ、ちょっと「ひねり」の必要なものも多いです。

 

第1問:「秘露」はどこの国でしょうか?

「秘かな露」という文字面から、どことなく官能的な想像をしまうのは私だけでしょうか。

「秘」の読み方は「ヒ」でも「ピ」でもなく、「露」の読み方は「ロ」でも「ツユ」でもありません。

しかし、「ピ」や「ロ」という音からこの字を当てたのだろう、という推察はできます。

正解はこちらです。

「ペルー」です。正式な国名は、ペルー共和国。

ちなみに、中国語の表記では「秘鲁」で、「秘」は中国語をそのまま使っています。

「露」で「ルー」と読むのは難しいですね。

マチュピチュやナスカの地上絵など、神秘的な古代遺跡が数多く存在し、アンデス山脈・アマゾンの熱帯雨林・沿岸部の砂漠といった地形から成るペルー。

「秘露」という表記がぴったりな気もしてきます。

出典>>【国名漢字】「ひつゆ」ではありません!「秘露」はどこの国?

 

第2問:「埃及」はどこの国でしょうか?

「埃」は、「ほこり」や「ちり」と読むことが多いですが、音読みで「アイ」とも読みます。

たとえば、「塵埃」と書いて「じんあい」という言葉があります。意味は、やはり「ほこり」や「ちり」です。

「及」は、「および」「およぶ」「およぼす」などの訓読みと、「キュウ」という音読みがありますね。

これらの音のどれかを当てはめているのですが、そのままだと国名にならないので、ちょっと「ひねり」が必要なのです。

 

正解はこちらです。

「エジプト」です。正式な国名は「エジプト・アラブ共和国」です。

「埃」を「エジ」、「及」を「プト」と読むなんて、そんなまさか!

実は「エジプト」という呼称は、古代ギリシャ語の「アイギュプトス」に由来します。

エジプトの古都メンフィスの古代名「プタハ神殿」を、ギリシャ人がギリシャ神話の登場人物にちなんで「アイギュプトス」と呼んだことによります。

さらにこれが、ローマに伝えられ「エジプト」に転訛しました。

この「アイギュプトス」に「埃及」という漢字を当てたのですね。

そう言われてみれば、「埃」という字は砂漠の砂埃をよく表しているような気もしてきます。

しかし、「及」で「ギュプトス」は、けっこう無理やりな感じがしますね。

出典>>【国名漢字】「ほこりきゅう」ではありません!「埃及」はどこの国?

 

第3問:「土耳古」はどこの国でしょうか?

「土」「耳」「古」、どの漢字も小学校2年生までに習う簡単な漢字です。

しかし、組み合わさると意外と読めないものですね。

漢字それぞれの意味を無視して音だけで考えてみましょう。

ヒントは、「耳」は日本語の読み方ではないということです。

正解はこちらです。

「トルコ」です。

「土」を「ト」、「古」を「コ」と読むのは分かりますよね。でも、「耳」を「ル」!?これはなかなか難しい・・・。

「耳」は中国語だと発音記号が「er」で、むりやりカタカナにすると「ウーァル」となります。

日本語の「ル」に近いから、「ル」には「耳」を当てているのではないかという説があります。

出典>>「つちみみこ」ではありません!「土耳古」はどこの国?