尊敬する気持ちorただのドケチ? デート代を割り勘にする40オトコの心理

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。ネットサーフィンをしていると、よく見かけるのが「デート代の割り勘」についてのお悩み。若い頃ならまだしも、40代ともなると男性の割り勘に疑問を抱える女性が多いようです。デート代を割り勘するアラフォー男性の心理とは、一体どのようなものなのでしょうか。

デート代の割り勘=彼女を尊敬する気持ちorただのドケチ?

とあるアラフォーカップルの場合、デート代は全て彼氏持ちとのこと。週1回のデートはもちろん、年に数回の旅行も全て彼氏持ちです。

どうやら40代の男性は“デート代は男性持ち”という意識が高いようで、他の女性からも「デート代は一度も払ったことがない」「最初の頃はこちらも何度か出そうとしたのですが、ことごとく拒否されました」といった声が多く見られました。

その理由についても「お金を払うことが男の甲斐性って思う人もいるのかも」「どうも『お金は男が出すもの。女に出させるなんて…』という意識が強いみたいです」などの意見があり、中には「社会経験をある程度積んだ40代に『割り勘しましょう』は逆に失礼」という人も。

いっぽう40代半ばの年上男性と交際中という女性は、デート代は毎回割り勘だといいます。お相手の男性は経済的に余裕がある模様。それでもキッチリ割り勘する心理について、ネット上では「1.“割り勘=対等”という考えから彼女を尊敬する心理」「2.自分以外にはお金を費やしたくないドケチ心理」の2択という意見が上がっています。

“尊敬の気持ち”か“単にドケチ”なのかという極端な2択なので、普段の言動から彼のタイプを判定できるかも。白黒はっきりさせたい方は、一度彼の発言や行動に注目してみてはいかが?

世界デート選手権!「デート代は男性持ち」という考えが強い国第1位は…?

世代によって考え方が異なる「デート代の割り勘」ですが、実は国によっても違いがあるようです。

マッチ・ドットコムジャパン株式会社のとある調査では、アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・オーストラリア・日本の6カ国に「初デートではどちらがお金を支払うべきか」というアンケートを実施。「男性が支払うべき」と回答した人の割合は、アメリカが48%、日本46%、カナダ35%、フランス34%、オーストラリア32%、イギリス30%と“アメリカ”が最も高いことが分かりました。

いっぽう「割り勘にするべき」と答えた人は、イギリス37%、オーストラリア28%、カナダ22%、フランス20%、日本17%、アメリカ10%という結果に。「デート代は男性持ち」という考えが強かったアメリカが最も低く、逆にイギリスはデート代の割り勘に寛容的なようです。

ちなみに「デートで毎回お金を払う」という女性の割合が最も高かったのは、全体の16%を占めた“日本”。デート代について悩みを募らせる女性は、そう珍しくないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

O型で乙女座の女性は気をつけて! 浮気されやすい女性の特徴

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。先日友人とランチをしていたら、「彼氏に浮気された…」という悩みを相談されました。しかも同じ彼氏に浮気をされたのは初めてでなく今回が4度目。私の友人なのでもちろんい…

え、コレってまさかヒゲ…? オトコの淡い幻想をぶっ壊す“オンナのムダ毛問題”

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。女性は何かとお手入れの大変な生き物ですが、中でも面倒くさいのが「ムダ毛の処理」。剃っても剃ってもまた生えてくるので、ムダ毛だけに不毛な戦いを強いられますよね。か…

清楚系よりセクシー系? 男性が好む下着の種類を大調査!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。新年を迎えて心機一転、下着でも新調しようかとランジェリーショップに訪れた今日この頃。そこでふと気になったのが、“男ウケ”が本当にいい下着の種類です。さまざまな説が…

マンネリ解消は可能なのか?「一緒にいてもつまらない」と感じたらまずは“冒険”しろ!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。カップルたちに突如襲いかかる「マンネリ」。実は10組に3組のカップルは、マンネリによって“破局”を迎えているそうです。付き合いたての頃はあんなにも幸せだったのに、ど…

男女の結婚観は雲泥の違い!? 現実的な女性ほど生き地獄になりやすい理由

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。巷でよく耳にする「結婚は人生の墓場」という言葉。よく職場の既婚者陣も結婚生活の不満をぼやいているので、思わず“結婚生活の実態”について検索してみました。すると女性…

“安定した収入”は武器になる!? 40オンナこそ「イマドキ男子」を狙うべき2つの理由

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。突然ですが、皆さんは交際相手より高収入だった際に抵抗を感じますか? 男性は何かとプライドの高い生き物。彼を傷つけるのではないかと、本当の収入額をひた隠しにしてき…

「私、子ども嫌いなんです」はタブーワード? オンナが“子ども嫌い”で何が悪い!

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。先日、私の友人が「子ども嫌いの女性に対して、世間は冷たすぎる!!」と嘆いていました。どうやら“子どもはあまり好きじゃない”と意中の男性に話したところ、若干引かれて…

キャラ変女を撃退&オトコにモテる!? 40オンナが目指すべき「ネオぶりっ子」の実態

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。先日、私事ながら合コンに出陣してきました。その場は大いに盛り上がったのですが、一点気になったのが友人の豹変した態度。いつもは汚い言葉を使う友人が、まるで借りてき…

中居正広は“別れる”レベルでNG! 元カレと友達関係になるのは何故ダメなのか?

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。突然ですが、皆さんは別れた元カレと友達関係を築けますか? 後腐れが大嫌いな私はもちろんNOですが、世の中には“今カレがいても元カレと会い続ける”という女性も珍しくは…

松本人志も思わず納得? “若い子と結婚する人は精神年齢が低い”説が一理あるワケ

こんにちは。恋愛ライターの中島アイです。注目すればするほど面白い“芸能人の恋愛観”。12月7日の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)では、女優・秋吉久美子さんが“若い子と結婚する人は精神年齢が低い”と独特な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事