春デートのココでバレる!男もガッカリな40代独女の「カン違い態度」3選

あたたかい陽気が続くようになると、春の訪れを感じますね。

冬の間は出不精だった人でも、春になるとお出かけしたくなるという男女は多く、デートの機会も増えるもの。

ですが、イベントが多い春デートではちょっとした態度が男性のテンションを下げることもあります。

「イケる!」と勘違いした40代独女の振る舞いは正直ツラい……。

実際にどんなエピソードがあったのか、男性に話を聞きました。

 

お花見の席で酔っ払う

「一年間、同じ部署で働いてきたアラフォーの女性。

ひそかに好意を寄せていて、今年度も机を並べることが決まったから思い切って花見に誘いました。

『じゃあお弁当とお酒用意するね!』

って言ってくれて、すごく嬉しかったんだけど……。

当日、用意してくれた手作りのお弁当は美味しくて、お酒のツマミもいろいろあるのはいいんだけど、持ってきたビールや缶チューハイの量がハンパない。

『これ、ここで全部飲むの?』

と訊いたら笑顔で『当たり前でしょ!』って言われて、大丈夫かなと心配していたら案の定酔いつぶれて、最後はまともに会話もできず。

『私、お酒が強いって有名なんだから』って、知っているけどこんな場所まで酔っ払う姿は見たくなかったな、と正直がっかりでした」(36歳/薬剤師)

 

★ この女性の勘違いは、「お酒に強い私」を男性とふたりきりで過ごすときまでアピールしようとしたこと。

お花見デートは、たくさん飲める自分を見せるのではなく一緒に桜を眺めるのを楽しむ時間。

せっかく手作りのお弁当が好印象だったのに、酔いつぶれる自分でネガティブな記憶を上書きしてしまうなんて、もったいないですよね。

 

いちご狩りで暴走

「お互い甘いものが好きなことを知っている女友達がいて、性格も合うし彼女になってほしいなと思っていました。

いつもほかの友人と一緒の時間が多かったから、思い切っていちご狩りに誘ってみることに。

『いちごが食べ放題なんて、嬉しいね!』

と喜んでくれる姿を見たら、それだけでテンションが上りました。

が、当日の彼女はパーカーにジーンズと”やる気満々”のスタイルで、食べ放題の時間が始まると一目散にいちごの棚へ。

片っ端からかごに入れていって、俺のことは無視。

その鬼気迫る雰囲気に気圧されて、声をかけるのもためらっている間に彼女ひとりでどんどん進んでしまって。

できれば、こう、並んで一緒に摘みたいと思っていたので、何だか寂しかったです。

やっと俺のもとに戻ってきたと思ったら、

『これ、私だけで食べるんだから』

と大量のいちごを後ろ手に隠されて、もういいや、と投げやりな気分になりましたね……」(40歳/公務員)

 

★ こちらの女性の勘違いは、ふたりで来ているのに自分の欲望だけを満たすのを当たり前と思ったことです。

男性の恋心から誘われたことは伝わっていなかったとしても、連れがいるならペースは合わせるのがマナー。

どうしてもひとりで行動したいときは、動くまえに男性の断りを入れるべきでした。

「どんだけ食い意地張ってるの」と男性に思われるのって、恥ずかしくないですか?

 

ドライブ中は○○に注意ですよ……!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事