カレのかわいいドジに萌え…40代が忘れられないデートって?

好きな人とのデートは楽しく過ごせるのが一番だけど、避けられないハプニングも起こるもの。

今でも赤面してしまう記憶や胸があたたかくなる思い出などは、40代になっても忘れられません。

人には打ち明けられないけど、ひそかにずっと胸に抱えているデートでのあれこれについて、40代の男女に聞いてみました。

 

食事中に嬉しいドッキリ

「忘れられないのは、今の彼氏と初めての旅行に行ったとき、ホテルのレストランでのことですね。

『先に座って待っていて』って言われたからどうしたのかなと思っていたら、遅れてやってきた彼氏は大きなバラの花束を抱えていて。

恥ずかしかったけど、『愛してる』って言いながら渡してくれて、まるで映画みたいでした。

ホテルの人がその花束を花瓶に活けて部屋に飾ってくれたのもいい思い出です」(36歳/看護師)

 

★ なんて羨ましい! と思ったこちらのエピソード。

男性は旅行に行く前からこのサプライズを計画していたようで、花束もすでに手配済みだったとか。

ホテルの人の協力もあって、最高の夜になったそうです。

 

方向オンチのせいで大事な予定に間に合わず

「俺がもともと方向オンチで、デートのときはスマホの地図が必須でした。

あるとき、彼女が行きたがっていた野外フェスがあって、県外で遠いけど一泊で行く予定を立てて。

が、その会場が山奥にあって、立て看板を見ながら運転するんだけど一向にたどり着かない。

どこかで道を間違えたみたいで、引き返してはまた進むのを繰り返していたら、彼女が見たがっていたアーティストの時間に間に合わず……。

彼女から、冷たい声で『もう帰ろうよ』ってポツンと言われたのがつらかったです。

不機嫌になってくれたほうがまだマシでした……」(35歳/公務員)

 

★ 思い出したくないエピソードでは、男性のこんな苦い記憶も。

あらかじめ道を把握できていたら良かったけれど、山奥なので行ってみないとわからないのが現状だったそうです。

彼氏が方向オンチだとわかっているとはいえ、見たかったライブを逃すのは確かにガッカリ。

気まずい空気でお泊りしたそうですが、彼女の笑顔はなかったとか……。

 

レストランで苦手な食材を食べたところまさかの…… 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事