【男の本音】結婚の決め手は何だった?「男が逃したくない女性」4つの特徴

男女ともに既婚率が低下している昨今。

しかし、幸福の一つの選択肢として「結婚」が揺るぎないのも事実です。

では、男性たちの結婚の決め手となったものは何でしょう?

CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が男性陣の本音に迫ってみました。

 

最後に選ばれたのは、こんな女性だった

以前お伝えした「最後に選ばれる女」

では、

・自由を奪わない

・安心感を与え、絶対的な味方である

・最低限の家庭的な感覚を備えている

を挙げましたが、それ以外にもこんな4つの声が。

 

1・いつでも機嫌がよく、怒らない女性

「僕の奥さんは、『おはよう』から『お帰りなさい』に至るまで、つねにニコニコご機嫌なんです。以前、付き合っていた彼女は不機嫌を隠さない性格で、気に食わないことがあるたび、グチグチねちねち感情的に突っかかってきました。

今の妻のおかげで「家庭は安らぎの場であり、活力を養う空間」だと改めて実感。仕事のパフォーマンスもあがり、充実感を得ています」(営業・40歳)

 

「元カノは、とにかく怒りっぽかった。仕事への不満はもちろん、TVを見ていても「だから今の日本はダメなのよ」と文句たらたら。会うたびに『今日は機嫌よくいてくれますように』と神経をピリピリさせる自分に気づき、この女と結婚したら人生ずっと顔色を見て生きなきゃならないと思い、別れを切り出しました。今の妻はおっとりした性格で、不満な物事にも「文句」じゃなく「相談」という姿勢をとってくれる。

NOストレスな環境を作ってくれることが決め手になりました。(食品メーカー・36歳)

 

怒りっぽい、ヒステリックな言動の女性はワースト上位を譲らない定位置をキープしています。「不機嫌は罪」と心得ると、周囲はもちろん、あなた自身も幸せになれるのです。

 

 

2・前向きで社交的。適応力がある女性

「サービス業をしていた彼女は、僕の友人や上司、両親に対しても、臨機応変に対応をしてくれる。贈りもの、お礼状、会話の運び方や食事会でのフォローなど、出すぎず、控えめ過ぎず、男に恥をかかせることもない。『男女平等』といいつつも、男を立ててくれる適切なふるまいのできる女性が妻であってくれと望みます」(出版・36歳)

 

「今の奥さんは、転勤族だった父親の影響で、どこに行っても馴染めるし、他人と上手に付き合える大らかな性格で、精神的にタフなんです。内気で心配症の僕とは正反対なため、多少のトラブルに遭っても、「そんなこともあるよね」「こういう見方をしたら、逆にラッキーじゃない?」と、とにかく前向きで明るい。真逆の性格だからこそ「相性がいい夫婦」とも思えてきて、ネガティブ思考の僕も、徐々に自己肯定感が上がってきました。(保険・34歳)

 

環境が激変していく昨今、「適応力」「物おじしない明るさ」は、素晴らしい強みになります。きめ細かな気配り上手な女性も、「逃したくない賢妻」である条件のひとつですね。

 

3・支配と圧迫はNG!歩みよる「寛容さ」を持つ女性

「離婚した先妻は、自分の意に反した言動をとると『それは間違ってる』『こうやってよ』と支配・コントロールする人間でした。喫煙はダメ、小遣いは月に3万などと、こまごましたルールがあり、本当にキツかった。今の奥さんは、『タバコを吸うなら、換気扇の下でお願いしてもいい?』『将来のために積み立てしましょう』『○○の件は、あなたのご両親に合わせたいな』と譲り合いの精神で接してくれる。

僕以上に僕の両親を大切に思ってくれるところも、結婚の決め手となりました。(医療関係・44歳)

 

「元カノは異常に嫉妬深くて、同窓会はNG、呑み会では参加メンバーを知りたがり、帰りが遅いと電話の嵐。ケンカが絶えませんでした。今の奥さんは全面的に僕を信頼してくれて、同窓会や呑み会はもちろん、一人旅なども『リフレッシュしてきてね』と笑顔で送りだしてくれる。圧迫感ゼロの生活がありがたい。(通信・39歳)

 

以前もお伝えした「相手の自由を奪わない」は、長期的な関係を持つ相手には、とても大切です。生まれも育った環境も、教育課程も違えば、何もかもが違って当たり前。お互い妥協案を出し、前向きに歩み寄るのが「肝」なのです)。

 

 

4・いつまでもオンナである自分を意識する女性

「高校の同窓会で20年ぶりに会ったクラスメートの女性。互いにバツイチだとわかり、離婚の苦労話などで盛り上がりました。驚いたのは彼女の容姿。40代後半なのに、肌も髪も手入れされていて、とてもキレイなんです。訊けば美容関連の仕事で、人と接することも多く、身なりにはとても気を遣っているそう。他の男に取られてはならないと、その日のうちに食事の約束をとりつけ、数回のデートののち、プロポーズしました。(公務員・49歳)

 

「ベッドでの相性ってとても大事だというのが本音です。今の奥さんは性に対していい意味で開放的。過去の恋人らが『恥ずかしい』と決して許さなかった行為も、二人で愉しむことができます。決して淫乱ではないのですが、『セックスは男女対等』という考えがあるせいか、僕に対してもサービス精神旺盛。

セックスが充実すると男としても自信が持て、仕事もエネルギッシュにできますね。絶対に離したくない奥さんです」(IT・45歳)

 

「人間は中身」とはいえ、きれいを心がける女性は、やはり魅力的。そして、充実したセックスライフはオスとしての自信、さらには円満な夫婦関係を築くひとつの重要条件。男の本能を奮い立たせるって、実はとても大切ですね。

 

いかがでしたか?いつもご機嫌でいる、明るく物おじしない適応力、相手を支配しない寛容さ、「女」を忘れない美意識。よくよく考えれば、私たち女性も「夫に求める」シンプルで大切な項目かもしれません。婚活中の女性は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

モテる女性はやっている!【LINE】で男心をつかむテク3選

今やコミュニケーションに欠かせなったLINEは、ビジネスやプライベートと様々な場面で活用されています。だからこそ、相手に好印象を持ってもらえるLINEを送りたいもの。実際、モテる女性はどのような部分に…

クラブママ伝授!ホステスに学ぶ「元カレと復縁」する4つの方法

出会いと別れは紙一重。どれほど甘い恋愛期間を過ごしていても、ある日突然、別れがやって来るかもしれないのです。「どうしても元カレと復縁したい」と熱望するあなた、高級クラブのホステスたちの思考や接し方がと…

「彼女、美人だよね」と言われる人のごく当たり前の10の習慣

50歳を過ぎても、ナチュラルな色香を放ち、男性が放っておかない女性っていますよね。彼女たちに共通しているのは、ひとえに「女を忘れない」心がけ。若い女性と張り合うのではなく、成熟した自分を受け入れたうえで…

50代でも「モテまくる女」のごく当たり前な10の習慣って…?

内面が充実してくる一方で、容姿の衰えは否めない50代。当然ながら、男性からのお誘いや扱い、モテにも大きく影響しており――。モテを左右するのは、ひとえに「女を捨てない」心がけ。そんな50代のモテ女性の習慣…

美人じゃなくてもここまでモテる!40代女性の「アリな色気」4つの極意

美女なのにいまいち男性と縁がない女性がいる一方で、容姿はそこそこでも、周りに男性が絶えない女性が存在します。私自身、10年間にわたり六本木のクラブママを勤めましたが、必ずしも「ナンバーワンホステス=ス…

実はここならモテモテ?40代独女が「理想の独身男性」と出会える場所って

40代独女の婚活が、厳しさの一途をたどるのは周知の事実。「平成駆けこみ婚」を焦るあまり、流されるまま、お見合いパーティや街コンに参加し、お手軽に知りあった男性に遊ばれてしまったり、「こんなはずじゃなか…

「婚活開始から1年以内にゴール」できた40代女性の3大共通点って?

「婚活疲れ」は、社会現象のひとつとなっています。「ちょっとだけ休もうかな」「でも、ここまで頑張ったんだし」と行ったり来たりを繰り返す女性が多い一方で、短期決戦で見事勝利を収めた女性も大勢いるのが実情で…

ウソ…もしかして私「セカンド女」?疑わしいカレの挙動7つ

彼との「愛情の温度差」を感じることってありますよね?常にスマホをチェックして落ち着かなかったり、別れ際が以前より素っ気なかったり、次のデートの約束を「忙しいから、こっちから連絡するよ」と大よその予定さ…

一発アウト!40代女性が即恋愛圏外にされる「ゲンメツ臭」4つ

30歳を過ぎると、気になる人が多いと言われる加齢臭やミドル脂臭。汗をかきやすい夏が終わっても、ニオイとの戦いは一生続きます。今回は冬場の「女性のゲンメツ臭」に注目。男性に「女性のニオイに関するガッカリ…

また恋がうまく始まらない…もしかして私「友だちどまりオンナ」?3つのダメポイント

数回デートを重ねると、彼と疎遠になってしまう。デート中はいい雰囲気なのに、イマイチ愛情に温度差を感じて常に心配。尽くせば尽くすほど、彼が遠ざかっていく。――もしかして、良かれと思っていることが裏目に出て…

注目の記事

LOVEに関する最新記事