20代、30代とはココが違う!40代女性だからこそ男に刺さる「モテ】行動

人生経験を重ねた40代独女。職場では日々スキルを更新しているのに、恋愛のテクニックはわかったあの頃のままだったりしませんか?20代だった頃のモテテクをオトナが行っても、痛いだけ。オトナにはオトナのモテテクニックがあるんです。今回はこっそり、そのテクニックをご紹介します!

1. 年齢や自分の短所を謙虚に受け入れる

最近は見た目が若い40代女性が増えています。でも、だからといって年齢をまったく無視していいかというとそうではありません。

 

どんなに若々しい40代でも、20代や30代とは違います。40代はやっぱり40代。若いコがしているような服装や髪型をそのまま取り入れると男性にドン引きされてしまいます。ある程度年齢を受け入れた髪型や服装のほうが、洗練されたイメージを与えることができるんです。

 

そんなオトナな見た目を手に入れたら、ありがちな恋の駆け引きを試してはダメ。「直球勝負でいこうと思って」と、無邪気さをあえてアピールすることもいいでしょう。「緊張すると男性の前ではうまく喋れない」と自分の短所も素直に認めた上で、男性と接するのおすすめです。年齢にあった大人っぽいルックスであるからこそ、こうくるであろうという男性のイメージをいい方向に裏切るのです

 

2. 私生活をペラペラ語らない

私生活に対して多くを語るのはNG。40 代になったら、情報開示は少し出し惜しみするくらいがいいでしょう。

例えば「すごく美味しいコーヒーを出す喫茶店があるの」とだけ伝えて、そのお店の名前を教えてもらえないと、かえってそのお店に行ってみたくなりますよね。40代独女になったら、くした心理学をうまく使ってみて。やがて男性は、あなたの事を「もっと知りたい」と思うようになりますよ。

でも、多くを語り過ぎてはいけないからといって、全ての会話でほぼスルーに近い受け答えは感じ悪い。このあたりは、年齢ならではのさじ加減が大事です!

3. 焦らしテクを効果的に使う

若い頃に男性に焦らされたりすると、どこかイラっとしたりしませんでしたか? 若い頃というのはエネルギッシュなので、すぐに結論が知りたいですし行動を起こしたいものですよね。そこで焦らされると、イラっときたりすれ違ったりするものだと筆者は思うのです。

しかし、年齢を重ねることで、様々な過程を楽しめるようなるのが大人。ここは焦らしに焦らして、少しずつご褒美をあげるなどの意地悪してみませんか。

今だからこそ、一人の異性と長い時間をかけて恋愛ができるのです。展開を急いではダメ。40代女性の恋は、これまでと違った恋愛だということを認識しておきましょう。今までの自分に打ち勝つことも、40代独女の恋では、求められる必須スキルです。

 

4. トーク力を高める

 

大人の女性の最大の強みといっていいのが、楽しい会話を提供する力。筆者の友人は、同性でもたまにドキッとするような極論を述べる女性がいます。こういう女性は、会うたびに面白い価値観を披露してくれるので一緒にいて、とても楽しいです。

20代のフレッシュで可憐な女性なら、黙って座っているだけで男性も満足してくれます。でも、40代女性が見た目だけで男性を満足させるのは至難の業。

相手の意見を巧みに引き出し、自分の意見を述べる女性を目指してみませんか。難しい経済ネタや政治について話す必要はありません。

普段行っている誰もが知ってるお店やレストランなど、身近なネタを話題にし自分なりの意見を述べてください。40代だからこそ、遊び心がある会話は思いの外ウケたりします。

5. 押してダメなら引いてみる

20代や30代の頃は、どちらかといえば活発な女性がモテる傾向にあると筆者は感じます。しかし、40歳を過ぎてくると、そのままの性格では「イタイ」と思われてしまうことも。40代女性は、前へ前へと出しゃばるのではなく一歩引いた行動を取ると「上品」「育ちがいい」というイメージを与えることができます。

 

4であげた会話力と真逆の事を言うようですが、ひたすら彼の話に耳を傾けるのも大人の女性のモテ行動としては効果的。量産型の20代、30代女性とは違う、「ありがち」の逆をつく行動が40代からの恋には効果を発揮します。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク