気を付けて!2019初夏、40代をダサく見せがちな「眉デザイン」3つ

季節が変わるとともに、メイクのトレンドも少しずつ変化をしがち。

40代メイクでも、眉の印象ひとつで「素敵!」にもなれば「ダサい……」にもなることがあるから、気が抜けません。

そして眉メイクは、一度自分なりの定番ができてしまうと、なかなか変えにくいのも現実。

しかしそんな“変化していない眉”が、まわりから見て「古くさいオバサン!」の評価につながっている場合もあるのです。

時短美容家の私、並木まきが2019年初夏の今、40代が「古くさく見える」デンジャラスな眉に迫ります。

 

気づけば「古くさいオバサン」40代をダサく見せがちなデンジャラス眉1:天然すぎる太眉

ナチュラル眉一辺倒だった時代を過ぎ、今どきは、手をかけつつも自然に見せる眉がトレンド。

 

そして自眉が濃い女性ほど、自然な毛流れをいかしたデザインを好む傾向もありますが、あまりにも“自然すぎる太眉”に見えてしまうと、生活感や手抜き感が強く出すぎてしまい「古くない?」を招く要素にも。

 

特に、眉尻に向けて微妙に太くなるデザインは、旬のデザインとは異なるために「なんだか野暮ったい」の印象を与えがちなのも否めません。

 

太眉は、40代を若見えさせてくれるテクでもあるけれど、眉尻のほうがインパクトが強くならないよう、改めて気をつけておきたいところです。

 

気づけば「古くさいオバサン」40代をダサく見せがちなデンジャラス眉2:いかにも描いてます!色が合っていない人工眉

見るからに「描いてます!」な印象が強い眉も、40代を古くさく見せやすい典型。

 

自眉が生えてこない、極めて薄い……などの事情から、デイリーの眉メイクはコスメをフル活用しなくてはならない人も少なくない世代ですが、いかにも不自然な色使いの眉になっていると、他人からは違和感を抱かれがちなのも実情です。

 

特に、太陽光のもとでは室内灯の下で見たときと異なり、微妙な色の違いが目立ちやすいので、自分では気づかなうちに“不自然眉”になっているケースもありがち。

 

自眉の色にピタリと合う色みを探すのは、なかなか難しい話でもあるのですが、ペンシルやリキッドだと、その不自然さが強調されやすい面もあるので、パウダーを駆使しておくほうが安心です。

 

眉を書くときは目の○○も意識して! 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事