【NHKガッテン!】スーパーフード「大豆」で筋力アップ&心疾患予防!?

「人生100年時代」と言われる昨今。平均寿命や健康寿命が長くなる中で、健康意識が高まっている人も多いのではないでしょうか。そんな中、健康長寿を叶える「ある食材」が話題を呼んでいます。

2019年6月5日(水)放送の『ガッテン!』(NHK)で取り上げられたのは「大豆」

日々の食生活に大豆を取り入れるだけで、

  • 体力・筋力がアップ
  • 心疾患が減少

という効果があるのです!

 

動かなくても筋肉が増える?!

 

 

 

徳島大学宇宙栄養研究センター センター長・二川健さんが行った研究によると、寝たきりの人であっても、大豆を食生活に取り入れるだけで筋力がアップ!

入院中の患者さん27人を対象に、大豆から抽出したタンパク質粉末を普段の食事内容に30日間加えたところ、筋力が40%もアップしました。

入院中の患者さんは1日の大半を車椅子やベッドの上で過ごしており、筋肉が弱まりやすい環境にいました。しかし食生活に「大豆」を取り入れただけで筋力がアップしたのです!

 

また番組では20〜70代の男女54人に集まってもらい、

  • ジャンプ力
  • 背筋力
  • 握力

を計測。2週間「煎り大豆」を食生活にとりいれてもらった後、再計測を行いました。この際、特別な運動などはしていません。

 

すると、54人中37人が筋力アップ!

2週間前と比べた結果の平均は、

  • ジャンプ力 30.2cm → 32.4cm
  • 背筋力 76kg → 83.9kg
  • 握力(右) 30kg → 31.9kg
  • 握力(左) 29.1kg → 30.7kg

となりました。

 

筋力アップに必要な大豆タンパク質の量はどれくらい?

 

筋力アップに必要な大豆タンパク質の摂取量は8gです。

番組で行われた実験では、煎り大豆20gを2週間の食事にとりいれてもらいました。この煎り大豆20gに含まれる大豆タンパク質の量がちょうど8gです。

大豆タンパク質8gを摂取する方法は「煎り大豆」だけではありません。大豆製品1食分に含まれる大豆タンパク質の量は以下の通りです。

 

 

「大豆」のタンパク質が注目されている理由

 

徳島大学宇宙栄養研究センター センター長・二川健さんは、宇宙から帰還した宇宙飛行士の身に起こる急激な筋力低下について研究する中で、大豆タンパク質には肉や魚とは違う特殊な構造があることに気づきました。

特殊な構造についてお話しするために、まずは筋肉がつくられる仕組みについてご紹介します。

筋肉は筋繊維の束です。運動すると筋繊維は傷ついてしまいますが、「IRS-1」と呼ばれるタンパク質が傷ついた筋繊維を修復します。また筋肉は、運動しなくても劣化によって傷つきます。傷ついた筋肉を「IRS-1」が修復しようとするのですが、運動不足の体に現れるタンパク質「ユビキチンリガーゼ」が「IRS-1」にくっつき、その働きを妨害します。

そんなとき、役立つのが大豆タンパク質です。

大豆タンパク質の立体構造は「IRS-1」によく似ています。「ユビキチンリガーゼ」は「IRS-1」によく似た大豆タンパク質にくっつきます。その間に「IRS-1」が筋肉を修復できるので、筋力アップにつながるというわけです。

 

大豆だけを食べればいいわけじゃない!

 

ただし、食生活に大豆「だけ」をとりいれようとするのはNGです。

魚や肉に含まれるタンパク質は「筋肉をつくるもと」になるアミノ酸を供給します。加えて、魚には「動脈硬化に役立つ成分」が、肉には血液をつくる「鉄分」が含まれています。魚や肉には、大豆とは違った体に重要な役割があるのです。

また番組内の実験でも、54人中17人には筋力アップの効果が得られなかったように、二川さんが入院中の患者さんに行った検証でも、3割近くは効果が得られていません。

健康長寿を目指すのであれば、大豆「だけ」を取り入れるのではなく、

  • 魚・肉・大豆のタンパク質をバランスよくとりいれる
  • 適度な運動

が欠かせません。

 

心疾患を減少させる働きも?!

 

 

 

FDA Health Claim(アメリカ食品医薬局 健康強調表示)によると、「大豆タンパク質25gで心疾患が減少する」と言われています。

心疾患の原因はさまざまですが、代表的な心疾患である「狭心症」と「心筋梗塞」の大きな原因は、どちらも動脈硬化と言われています。動脈硬化は加齢とともに誰でも進行するものですが、それを促進するものとして

  • 肥満
  • 高血圧
  • 高血糖

などが挙げられます。

大豆には食べ物に含まれる脂質の吸収を妨げる働きがあるため、動脈硬化予防に役立つのです。

参考文献:心疾患ってどんな病気? 心疾患 生活習慣病ガイド

 

大豆を食べるときの注意点

 

  • 体力・筋力がアップ
  • 心疾患が減少

という効果のあるスーパーフード「大豆」。ぜひとも食生活にとりいれてほしいものですが、注意点が2つあります。

  • 大豆は「生」では食さない
  • 1度にたくさん食べすぎない

大豆は生で食べることができません。また「煎り大豆」も、高齢者や体調の優れない人には消化が悪いため、1度にたくさん食べすぎないよう注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

ウワサの「ヨーグルト断食ダイエット」実際やってみたら効果はどうだった?

アラフィフ美容健康ライター・藤井が体当たりでゆるゆるとダイエットをしている連載「ダイエット戦記」。今回ですでに26回めです。さて、26回めにしてはじめてワタクシ藤井…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹?…

だるい、眠い、イライラ……プチ不調を解消1分ハンドマッサージ

3月も半ば、指先のネイルも春らしい色にチェンジしたくなる季節ですね。手や指が美しいか荒れているかで、印象はかなり変わりますし、保湿などのケアも大切なのですが、手…

3か月で7㎏やせてリバウンドしてない僕が教える超カンタンな7つのルール

みなさんはじめまして!ダイエット研究家の三浦卓也です。いきなりですが、僕は体重が人生で自己最多となった2018年の8月からバターコーヒーと糖質制限ダイエットをはじめ…

どこにも紹介されてない⁉︎目新しい台湾の紙モノみやげは......

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんが、「オトナの必買台湾みやげ」を提案! 「週末ちょっと行ける」玄人目線の2泊3日台湾モデルコースを11カ月!かけて紹介し…

「ぽっこり腹」にコレがいい。朝夜5分、反り腰改善3つのポーズ

お腹やせを目指して腹筋を鍛えたいのに、腰が痛くてトレーニングにならない…というお悩みありませんか? 私自身、人一倍の反り腰で、腹筋を鍛えるエクササイズをしてもど…

手取り200万円代でも、1年で100万円貯める3つの方法

収入が少ないんだから貯金なんかできるはずはないと、そもそも諦めていませんか? 貯めている人は手取り年収が200万円代でも1年に100万円貯めています。1年に100万円たま…

痛すぎる「ワキもみ」で40代の身体こりが劇的にとれた!一人でもできるワキもみの方法とは

いま私は放心しています。ベローチェではアイスルイボスティー(カフェインレス)をオーダーしました。身体が「これ以外の悪いものを口にしたくない」と訴えているのです。…

背中で手は組めますか…?届かないなら10秒ストレッチ「肩甲骨はがし」にトライ!

自分の体重をうまく使い、身体をゆっくりと気持ちよく伸ばしていく新しいストレッチが「肩甲骨はがし」。はがすという語感からはバリバリと痛いストレッチを思い浮かべます…

オバサン「加齢太り」に【朝フルーツ】が激効き!食べまくるだけダイエット法

こんにちは、五行鑑定士の小林です。毎月5日ごろ更新で「九星フラワー占い」を連載しています。さて、私は五行鑑定士を名乗る前の約16年間、健康雑誌で記者としてあらゆる…

知らないと恥をかく!「早急」の正しい読み方、知っていますか?

見慣れている漢字でも、いざ読み方を問われると自信がない漢字ってありませんか?漢字を読み間違えた経験があるという人は少なくないでしょう。でも間違いを指摘されてしまうと恥ずかしいのも事実。そこで本記事では…

今さら聞けない!「一段落」の正しい読み方、知っていますか?

誰もが一度は目にしたことがあり、「読んだ」ことのある漢字。でも、実はその漢字に正式な読み方があったとしたら・・・。「どう読んだらいいんだろう?」と迷うこともある漢字。でも正しい読み方が分かると、それだ…

その読み方か!「八百万」の正しい読み方、知っていますか?

日本語には、1つの漢字にさまざまな読み方があります。でも中には「え!そんな読み方するの?!」と驚いてしまうような読み方も。そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!数値以外の意味を表す…

「徐に」の正しい読み方って?「じょじょに」ではなく、よく使うあの言葉です

普段使い慣れている言葉なのに、「漢字」にした途端読めなくなる・・・そんな経験ありませんか?漢字の読み間違いは、誰しも経験したことがあるはずです。しかし「うっかり漢字を読み間違えたことで恥ずかしい思いを…

大人なら知らないと恥ずかしい!「奇しくも」はなんと読むのが正解?

「当たり前に使っていた言葉が、実は読み間違いだった」そんな経験ありませんか?漢字の読み間違いは誰しも経験があるはずです。でも、漢字を読み間違えたことで恥ずかしい思いをするのは避けたいところ。そこで本記…

「戦く」って読めますか?「せんく」ではありません

普段、何気なく使っている言葉を「漢字」で出されると途端に読めなくなる・・・そんな経験をしたことありませんか?漢字の読み間違いを経験したことがある人は決して少なくないはずです。でも、漢字を読み間違えたこ…

いざ質問されると迷う!「造作」の正しい読み方、知っていますか?

「どこかで聞いたこと・使ったことがある言葉なのに、漢字で書かれると読めない・・・」そんな経験をしたことはありませんか?漢字を読み間違えたことがある人は決して少なくないでしょう。でも「漢字をうっかり読み…

えっ、そう読むんだ!「出来」の正しい読み方、知ってた?

誰もが一度は目にしたことのある漢字の読み方が、実は間違っていたとしたら・・・。1つの漢字にさまざまな読み方がある日本語ってとても不思議ですよね。そんな漢字の読み間違いを経験したことがある人は決して少な…

仕事でもよく使うのに読めない!「目処」の正しい読み方って?

どこかで一度は聞いたことがある・使ったことがある言葉なのに、いざ漢字で書かれると読めなくなること、ありますよね。漢字を読み間違えてしまったことがある人は決して少なくないはずです。でも漢字をうっかり読み…

【あさイチ】美肌効果バツグン!「きくらげ」レシピ&ぷりぷりになる戻し方

中華料理店などでよく食べる「きくらげ」は、栄養豊富で美肌にもいいということをご存知ですか?2019年6月11日(火)に放送された『あさイチ』(NHK)では「“知っているようで意外と知らない”きくらげ大特集」と題し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事