【「おくのほそ道」で芭蕉と旅した弟子は?】①そら②うみ③あさのだれ?【オトナの歴史クイズ】

「月日は百代の過客(はくたいのかかく)にして、行きかふ年もまた旅人なり」で始まる「おくのほそ道」を著した江戸時代の俳人、松尾芭蕉。彼とともに東北への旅に出た弟子の名前は?

① そら

② うみ

③ あさ

10人の優秀な弟子のひとり

正解は「① そら」です。

江戸時代の俳人として知られる松尾芭蕉(まつお・ばしょう)は1644(寛永21)年に三重県上野市(現在の伊賀市)で生まれました。名前は忠右衛門宗房といい、俳号が芭蕉です。詳しい出生はわかっていませんが、俳句(俳諧)を北村季吟(きたむら・きぎん)に学ぶようになったといいます。

成長した芭蕉は1680(延宝8)年に日本橋から深川に転居しました。このころから旅への気持ちが強まり、1684(貞享元年)から、のちに「野ざらし紀行」としてまとめられるたびに出ます。これは東海道を西へ向かい、伊賀・大和・吉野・山城・美濃・尾張などを回る旅でした。

旅に生きた歌人である西行の500回忌に当たる1689(元禄2)年の3月から、芭蕉は深川を旅立ち、下野・陸奥・出羽・越後・加賀・越前などをめぐる旅に出ました。この一連の紀行が「おくのほそ道」としてまとめられるものであり、この度に同行した弟子が河合曾良(かわい・そら)でした。ふたりの旅の様子を描いた「奥の細道行脚之図」には芭蕉に寄り添うように歩む曾良の姿が残されています。

「おくのほそ道」には有名な句がたくさんあります。いくつかはご存じのものもあるのではないでしょうか。「夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」「閑(しず)さや岩にしみ入る蝉の声」「五月雨をあつめて早し最上川」「荒海や佐渡によこたふ天河」などがとくに有名な句です。芭蕉は1694(元禄7年)に新しい旅に出ますが、旅の途中で病に倒れ、「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」の句を残して息を引き取りました。

曾良は芭蕉の弟子のうちでも優秀な「蕉門十哲(しょうもんじってつ)」の1人でした。彼が生まれた信濃国下桑原村(現・長野県諏訪市)と、亡くなった壱岐国可須村風本(現・長崎県壱岐市勝本浦)は1994(平成6)年に生誕の地と終焉の地として友好条約を結んでいます。

芭蕉が旅した土地、住んだ土地には彼をしのぶことのできる史跡などが数多く残されています。特に江東区芭蕉記念館分館の「松尾芭蕉」像は時間によって向きを変える趣向が凝らされた面白い銅像です。「五・七・五」を刻みながらぶらぶらと訪れてみるのもオススメです。

 

おくのほそ道(50句)(公益財団法人 芭蕉翁顕彰会) http://www.basho-bp.jp/?page_id=28

芭蕉記念館ホームページ https://www.kcf.or.jp/basho/

松尾芭蕉ゆかりの地(江東おでかけ情報局 – 江東区観光協会) https://koto-kanko.jp/theme/detail.php?id=TH00003

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

【東海道10番めの宿場町】は①箱根②浜松③小田原のどこ?【オトナの歴史クイズ】

江戸時代の主要陸上交通路で、江戸(日本橋)を起点とした五つの主要な街道は「五街道」と呼ばれており、「東海道」「中山道」「甲州街道」「日光街道」「奥州街道」をさします。このうち、江戸を起点に静岡などを経…

知らないと赤っ恥!貝塚は①台所②お墓③ごみ捨て場のどれ?【オトナの歴史クイズ】

先史時代の遺跡として知られる「貝塚」。日本中さまざまなところにあるので、行ったことがある人や、博物館で貝塚からの出土品を見たことがあるという人もいるでしょう。貝塚は本来なにに使われた場所だった?① 台…

「讃岐うどんの創始者」は ①水戸黄門②一休さん③空海の誰?【オトナの歴史クイズ】

知らなければ知らないでよし、でも知っていれば気まずい沈黙を破るきっかけになるかもしれない世間話。そんな時に役立つ歴史の知識をクイズ形式でお届けします。香川県にうどんをもたらした人はだれ?香川県といえば…

知ってた?【けんちん汁の発祥の地】は①京都②鎌倉③奈良のどれ?

知らなければ知らないでよし、でも知っていれば気まずい沈黙を破るきっかけになるかもしれない世間話。そんな時に役立つ歴史の知識をクイズ形式でお届けします。けんちん汁の由来はどこ?具だくさんでおいしい「けん…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事