「こうそう」ではありませんよ!「更迭」の正しい読み方、知っていますか?

私たちは普段、何気なく日本語を使っていますが、日本語というのは意外と難しいものです。パソコンやスマホの普及で、適切な漢字が自動的に変換される昨今、「知っているけど読めない、書けない」漢字に出会うこともあるでしょう。

そこで本記事では、意外と読めない感じのクイズを出題します。

「更迭」と書かれていたら、あなたはなんと読みますか?

「更迭」なんと読む?

「こうそう」と読んだ人も少なくないのではないでしょうか。確かに「更迭」の「迭」の部分を「そう」と読みたくなる気持ちもわかりますが、「こうそう」は間違いです。「こうそう」と間違える人も少なくありませんが、「そう」と読むことができる「送」と「更迭」の「迭」は全く別の漢字です

正解はこちら!

正解は「こうてつ」です。

「迭(てつ)」には、

かわる。かわるがわる。たがいに。入れかわる。

引用元:迭|漢字一字|漢字ペディア

という意味があり、「こうそう」と間違いがちな「送(そう)」がもつ

おくる。 ①人を見おくる。見おくり。 ②おくりとどける。

引用元:送|漢字一字|漢字ペディア

という意味とは異なります。

意味も間違いやすいので注意!

なお「更迭」の意味は次のうち、どちらだと思いますか?

  1. 辞めさせる
  2. 役目を変える

先で紹介した「迭(てつ)」の意味から考えると、答えが分かるのではないでしょうか。

正解は「2.役目を変える」です。

ある地位・役目にある人を他の人と代えること。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

という意味があります。例文には「大臣を更迭する」などが挙げられます。

地位や役職を他の人と変えることに用いられる言葉なので、日常的に使う機会はあまりないかもしれません。とはいえ、「『おくる』意味をもつ『送』と『更迭』の『迭』は違う漢字」と覚えておくだけでも、読み間違える頻度は少なくなるはずです

ぜひとも覚えておいてくださいね。

参考文献:瀬崎圭二監修, 『正しい日本語どっち? 500』, 平成28年5月20日, 株式会社 彩図社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク