【クイズ】「CFO」って何の略だか言える?意外に知らない!

ちかごろは「代表取締役」「専務」などではなく「CEO」などの英語表記で役職を表す会社が増えています。グローバルで勝負したい意識の表れかもしれません。

 

「CFO」はつぎのうちどれでしょう?

① 最高情報責任者
② 最高財務責任者
③ 最高技術責任者

 

会社の財務をつかさどる人物。お金はこの人が動かします。

答えは「② 最高財務責任者」です。

 

CFOとは、「Chief Financial Officer」の頭文字で、日本語で「最高財務責任者」と訳します。企業においては財務戦略を責任者として執り行います。

企業財務のトップとして、CFOは欧米ではCEO(最高経営責任者)とおなじくらい地位が確立された存在です。

CFOはただ財務だけにかかわっていればよいわけではありません。やがて出世、あるいは起業してCEOを目指す場合、CFOも経験しておくことが必要です。CFOは社内のさまざまな業務や状況を把握して、適切な財務の運用をする必要があり、経験を重ねるに必要な部署だからです。

もちろん、CFOには財務に関する専門知識も必須です。会社の業績を分析するだけではなく、社会や経済の潮流を見極め、どのように経営戦略に結び付けるかといったことをCEOに提言するのもCFOの仕事だからです。

また、さまざまな部署から出される要求を検討し、上手に予算分配せねばなりません。会社の外と内を上手におさえ、管理していく素養がなければ、よいCFOにはなれません。企業の命運を握る一人として、CFOはとても重要な人物なのです。

なお「最高情報責任者」は「CIO( Chief Information Officer)」で情報システム部門担当の役員。情報を生かした戦略の立案なども行うことがあります。
また「最高情報責任者」は「CTO(Chief Technology Officer)」で、自社の技術戦略や研究開発方針を立案、実施する責任者のことです。

 

CFO(最高財務責任者)とは(JACFO 一般社団法人日本CFO協会 コミュニケーションサイト)http://www.cfo.jp/org/about/what_cfo.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク