この時期だけ限定の悶絶チーズ!「モンドール」を急いで食べて!

その名も「金の山」、Mont d’Or(モン・ドール)。季節限定の絶品チーズとしてちらほら名前は聞いていましたが、「意外に近所のお店にも在庫がある!」と気づいて、食べてみました!

普段はスーパーでスライスチーズを買う程度、全く詳しくないからこそシンプルに感じた絶品具合を、実感を込めてお伝えします!

400gで3~4,000円くらい。パーティ食材かも?

今年は友人との新年会をチーズフォンデュ会にしました。「この機会にぜひモンドールというものを食べてみたい」と見てみると、百貨店だけでなく成城石井にも在庫が。おおむね百貨店で4000円ちょっと、成城石井で3000円ほど、ネットの最安値が2800円くらいの見当でした。

ちなみに「モン・ドール」はフランスで作られたもの、「ヴァシュラン・モン・ドール」はスイスのものだそう。どちらの国でも8/15~3/15の間に作り、9/10~5/10の間だけ販売します。周囲の丸い部分はエセピアという木の樹皮。食べる前に型から外したい気もしますが、これはこのまま調理するものだとのこと。日本語サイトでは辻調理グループ「とっておきのヨーロッパだより」をご参照ください。

本場では3kgなどの大型のものもあるそうですが、日本では大抵400gのものが売られています。とはいえどれだけチーズ好きでも400gを自分ひとりで食べるにはちょっと多い。何かの機会に持ち寄って食べるのにぴったりです!

必ず室内に2~3時間置いて常温に戻してから

開封しました。表面は白カビで覆われています。ウォッシュタイプとありますが、外見はむしろ白カビタイプ。カマンベールやブリーみたい。本場では家庭で好みのやわらかさに熟成させてから食べるものだそうです。どうやって食べるにせよ、大事なのが常温に戻すこと。冬場ですから時間がかかります、半日ほどキッチンにおいておくくらいでちょうどいいと思います。

成城石井の店頭には上を取り除いてと書かれていましたが、あとからフランスやスイスのサイトを検索してみるとそのままぶすぶすとフォークでさしたり、そのまま切って盛りつけたりとさまざま。日本では高級品ですが、本場では日常的に食べるチーズですから、個人の好きにすればいいようです。

さっそく食べてみましたが、室温に戻りきっていないのか、それともこのチーズの熟成がそれほど進んでいないのか、ご覧のとおり「少し柔らかいカマンベール」程度で、さほどトロトロではありませんでした。

この段階でトロトロならこのままぺろっと食べてしまったと思いますが、これは納得いかない、焼くしかない。

いちばん一般的な食べ方は「上に白ワインを注ぎ、刻んだにんにくを散らしてオーブンで焼く」ものだそう。周囲の木の枠がこげないようにアルミホイルを巻いて、準備完了!

おっかなびっくり180度のオーブン下段で10分焼いてみましたが、この通り、思ったほどトロトロになりませんでした。せっかくなので200度の上段でもう10分加熱してみることにします。200度なんて、クッキーやパンなら真っ黒になる温度です。大丈夫でしょうか……。

焼けました!塩気のあるソース、コクの塊!

ご覧ください、この焼き色。高め長めの加熱で大正解! 日本の気候でも、「白ワインを大さじ3~4注ぎ、刻んだにんにく1かけらを散らして、200度のオーブン上段で20分焼く」方法でよさそうです。

バゲットにつけて、いただきます! この直前に、スイス輸入のフォンデュの素をそのまま使った(ある意味本場の)チーズフォンデュを食べていました。グリュイエールとエメンタールで作られていたその素と比べると、サラサラとした舌触りで、はっきりとインパクトのある塩味。「ソース」と「チーズ」の間のような、わかりにくく例えると超厳選素材で作った超高級マヨネーズから一切の酸味を消したような、チーズが苦手な人が嫌がるあの臭みがまったくない「コクの塊」です。

ちなみに、フランスのモンドールはこのように白カビタイプのような味わいですが、スイスではもっとウォッシュなのだそう。初心者はきっとフランスのものがいいでしょう。チーズフォンデュもご家庭やお店の好みの配合がそれぞれあり、このモンドールもフォンデュの材料に使われるとのこと。サラっとした塩味とうまみを追加できそうです。

 

おまけ。この日はカチョカバロも買ってきました。

くるっと丸まった形がかわいい。

輪切りのじゃがいも焼きをイメージしながら、袋の裏に書いてあったとおりに輪切りにして焼いたのですが……そのまま溶けました!

小麦粉をはたいてから焼けば形状を保てたみたい。こちらはモッツァレラチーズのようなキュキュッとした歯ごたえでした。次回は小麦粉をつけてみます! では、みなさまもよい新年会を!

スポンサーリンク

更年期世代は「ドライアイ」が進む?コンタクト派は気をつけておきたい「角膜」の話

身体のあちこちに思わぬ不調が現れる更年期世代。「夕方になると眼がかすむ」「モニタを見ている時間が長くて眼精疲労が強い」「友人とも老眼の話がよく出る」などの声も聞こえます。一説に、日本人のうち約2300…

【激辛すぎる】マツキヨのポテチ「MK(マジカラ)ビーフ」の辛さが本当にヤバい

こんにちは、普段はそこそこ程度に辛いもの好きの担当井一です。かつては激辛で知られるラーメン店、蒙古タンメン中本で「北極2倍」などをナチュラルにたしなみ、新宿の名産である内藤唐辛子を自宅で栽培して激辛の…

あなたの「冷え」はどのタイプ?3つの原因チェックリストと冷え対策

働く40代と切っても切れないのが「冷え」。夏場はエアコンの直撃を受け、冬場は手先も首元も冷たくなり…。実は夏バテと同様、冬にも「冬バテ」があるのだそう。主に原因は冷えですが、一概に冷えと言っても年代や性…

【北海道民は知ってる】美味しいごはん、絶品のお土産、ここだけの風景…「十勝」8ランキング

爽やかな晴天「とかち晴れ」でも知られる北海道の十勝エリア。ざっくり言って北海道の右側で、中核の帯広市のほか、陸別町や足寄町、浦幌町など19の自治体から成るエリアです。この秋、イタリアが誇るコンパクトカー…

北海道で人気の手土産は?「とかち帯広空港」で買えるおすすめスイーツランキング

日本国内でもトップの「焼き菓子王国」北海道。小麦や乳製品、小豆など菓子原材料の一大産地としての地の利のほか、道民同士の「お持たせ文化」で洋菓子文化が発展しました。そんな北海道では、エリアごとに地元を代…

40代の肌づくりに必要な「腸」って…?科学的に正しい腸活を究極の美食でレクチャー!

季節の変わり目ごとに肌がゆらぐ40代。そろそろ秋の入り口ですから、身体をトータルに整えたいところ。そこで気になるキーワードが「腸活」ですが、正直に言って「どのくらい何を食べればいいのかわからない」という…

ザ ストリングス 表参道で最高の午後!キャスキッドソンのコラボアフタヌーンティー開催中

秋のさわやかな午後、表参道のケヤキ並木を眺めながら、優雅な本格アフタヌーンティーはいかがでしょう?ザ ストリングス 表参道1階のカフェ&ダイニング ゼルコヴァでは、ただいまロンドン発のライフスタイルブラン…

皮膚のセラミド、40代では「〇〇%」も減る…?知らなかった肌のこと

2007年にブランドが登場したアスタリフト。2010年、「ジェリー アクアリスタ」は登場するや大ヒットを記録します。当時は珍しかったジェル形状と高い浸透力で「肌が食べるジェリー」として導入アイテムの地位を確立…

【無印良品】大人気の化粧水はどれ?40代にオススメのスキンケアをタイプ別に詳解

私たちの日々の暮らしに寄り添い、いろいろな分野でいつでも支えてくれる無印良品。中でも、密かに愛用者が多いのがスキンケア分野です。ただ、何しろアイテム数が多いので、店頭のテスターでは「どれにすればいいの…

【無印良品】無敵の化粧直し!メイクパレットの人気組み合わせは?好評の8品はコレ

無印良品の店頭でいつも賑わっているコーナーの一つがメイクアイテム。アイカラーやファンデーション、チークなど、テスターはいつでもちょっと試してみたくなりますよね。従来から無印良品のアルミの名刺入れにコス…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事