【クイズ】USBって何の略だか言える?意外に知らない!

さまざまな機器と接続する規格として普及しているのがUSBです。

 

「USB」は何の略でしょう。

 

① Union Security Buisiness
② Universal Securityl Bus
③ Universal Serial Bus

 

パソコンに周辺機器を接続するための規格のひとつ。

答えは「③ Universal Serial Bus」です。

 

USBとは、「Universal Serial Bus」(ユニバーサル・シリアル・バス)の略で、日本語で訳して使うことがないため、特定の日本語はありませんが、「汎用性があり(universal)」「コンピュータの内外、各回路がデータを交換するための共通の経路(bus)」を持つインターフェースということになります。

少し前までののパソコンには、ほとんど、USBコネクターを接続できるポートが搭載されていましたが、最近増えている超薄型パソコンには搭載されていないものや、従来のものよりも小さいUSB type-Cに対応したものも増えてきています。

USBの特徴のひとつは、機器を動作させるための電力をパソコンから供給することができることす。そのため、起動しているPCでスマホを充電できたり、夏には小さな扇風機を取り付けて動かすこともできます。

USBが普及する以前は、パソコンに接続されるマウスやキーボードなどに別々のポートが使われており、それぞれケーブルを用意しなければならないという手間がありました。
しかし、現在ではほぼUSBに統一されているので、大変便利です。

ただ、このUSB、使ったことがある人はご存じかと思いますが、ほとんどのものに裏表があり、間違えると差し込むことができません。これは開発当時、裏表をなくすとコストが2倍になってしまうことからできてしまった弱点だそうです。しかし、そのためにコストが下がってこれほどまでに普及したので、すこしの面倒には目をつぶっておきましょう。
また、新しいタイプのUSB type-Cには裏表がありません。デジタル機器をめぐる状況は毎日少しずつアップデートされています。ついていくのは大変ですが、いつの間にか順応しているはず。次はどんなUSBが登場するのでしょうか、それともしないのでしょうか。

 

 

USBとは?USBとUSBメモリの基礎知識(エレコム)
https://www.elecom.co.jp/pickup/column/memory_column/00002/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク