【クイズ】合コンって何の略だか言える?意外に知らない!

居酒屋などの休業でいまは「合コン」ができない……と思いきや、「オンライン合コン」を楽しんでいる人もいるようです。

 

「合コン」は何の略でしょう。

 

① 合同コンパ
② 合同懇親会
③ 合同コンタクト

 

2つの飲み会が一緒になったものなんです。

答えは「① 合同コンパ」です。

 

「コンパ」は英語の「Company」などが語源とされ、「交際」「付き合い」などといった意味を含みます。そこから転じて、日本では日本では飲み会のことをコンパと呼ぶようになりました。卒業生を送る飲み会を「卒コン」と呼ぶのはこの派生です。

合コンは飲み会を企画していたグループが「じゃあいっしょに…」と合同ですることで、合同コンパを略して「合コン」というようになったのです。主に、「男女の2つのグループが合同で開催する飲み会」を合コンと呼び、出会いの場のひとつとなっています。

ただし、当初は最初は大学内の女性サークルと男性サークルの合同コンパが主体であり、出会いの場としての意味はあとから生じたようです。当初は「合コンで知り合ったなんて」という風潮もありましたが、いまではすっかり一般的な出会いとして認知されています。

ただ、お酒を飲まない若者が増えていることから、合コンも次第に減ってきているようです。反面、婚活がさかんになっているので、街コンや相席居酒屋が実力を発揮しつつあります。いずれにせよ、初対面の人と楽しく話し、連絡先交換まで行うのはかなりの力が必要ですから、難しさは同じような気きもしますが……。

男女が互い違いに座ったり、自己紹介をしたり、また支払いはだれがするのか……など、細かいルールがある合コンですが、当たりの場合は楽しい会になります。しばらく行っていないなあ、という方は知人との飲み会から始め、少しずつ知らない人も交えて楽しんではいかがでしょうか。

ステイ・ホーム週間の今、オンライン飲み会もさかんになってきています。一人で寂しくなったときは、参加してみると気がまぎれるかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク