「はかる」でも「そくる」でもない!「則る」の読み方、知っていますか?

最近本を読んでいると、誰もが読めるように「ひらがな」で書かれた言葉をよく見かけるようになりました。しかし元々は漢字で表すこともできた言葉。ひらがなに馴染みのある言葉が元々の漢字で表されてしまうと「え…これ、なんて読むんだっけ?」と戸惑う人も少なくないのではないでしょうか。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「則る」の読み方、知っていますか?

「則る」の読み方は?

まず、パッと見た印象から「はかる」と答えてしまった人もいるかもしれません。ですが「はかる」は、「則」に「氵(さんずい)」を加えた「測」で、「測る」です。

また「則」には「経験則」「反則」など、「そく」という読み方がありますが、もちろん「そくる」ではありません。

正解は…

正解は「のっとる」です。

「則る」の意味は

規準・規範として従う。

手本とする。模範にする。のっとる。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

です。

「選手宣誓」のおなじみのフレーズに「我々選手一同は、スポーツマンシップに則り〜」 がありますが、この「則り」こそ、「則る」が意味するものです。

「のっとる」という読み方は、「則(のりと)る」の音変化だと言われています。「則」という漢字には

①のり。きまり。おきて。さだめ。
②のっとる。手本とする。
③すなわち。接続の助字。

引用元:則|漢字一字|漢字ペディア

という意味があり、“手本とする”を意味する「則(のり)をとる」が「則(のりと)る」→「則る(のっとる)」となったようです。

なお「則る」は「法る」とも書くことができます。

「則る」と「従う」の違い

“規準・規範として従う”を意味する「則る」ですが、「従う」とはどのような違いがあるのでしょうか。

「従う」には

  • 目上の人のあとについて行動する。
  • 他からの働きかけを受け入れて、さからわない。
  • 他人のいうことを聞き入れる。命令・教え・きまりなどを守る。
  • 大きな力に任せて、動かされるままに動く。
  • 降参する。

など、さまざまな意味があります。

「則る」は「従う」の一部ともいえます。「則る」を使う際には、どう従っているかが重要です。規準・規範にそっている・手本にそっているときには「則る」が適します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク