【クイズ】BLTって何の略か言える?意外に知らない!

サンドイッチの定番BLTサンド。たまごサンド派なので、実は具材があやふや…。

 

定番サンドイッチ「BLT」とは何の略でしょう。

 

① バター、レタス、トウフ
② バター、レバー、トマト
③ ベーコン、レタス、トマト

 

定番すぎ、人気すぎで豚バラの価格に影響を及ぼすほど

答えは「③ ベーコン、レタス、トマト」です。

 

「BLT」とはベーコン(bacon)、レタス(lettuce)、トマト(tomato)の頭文字をとったもので、サンドイッチの定番の具材です。

なかでも、中心となるベーコンはカリカリに焼いても、やわらかいままでもどちらでもよいとされていますが、いずれいしてもよいお肉を使うとよりサンドイッチがおいしくなります。マヨネーズやパンの種類によっても違いが出ますので、同じ具材でもさまざまな楽しみ方が可能。

BLTサンドはかなり以前から食べられていたようですが、最初に文献に登場したのは1903年で、爆発的に広まったのは第二次世界大戦後のことだと考えられています。普及にともなって、それまで一つずつ「ベーコン、レタス、トマト」と呼ばれていた具材が、BLTと簡略化されたようです。

アメリカでは、BLTサンドはハムサンドに次いで最も人気があるサンドイッチだという研究があります。また、イギリスでも2008年に実施された調査で「国民的な大好物」だということがわかりました。また、BLTサンドは1年のうちでもトマトの旬である夏に人気が高まります。さらに、ベーコンを消費するため、この時期には豚バラ肉の価格も上昇するというのですから、その人気がどれほどのものか、はっきりとわかるでしょう。

このBLTサンド人気にあやかって、大手ファストフード企業でもBLTバーガーを取り扱っているところが見受けられます。この場合には、ハンバーガーにベーコン、レタス、トマトを挟むのでかなりボリューミーな仕上がりに。

日本人好みのサンドイッチの具材は「ハム」「タマゴ」「ツナ」ではないでしょうか。コンビニのミックスサンドも、たいていこの3種類が一つずつパッキングされています。まちがいがない具材たちですが、たまには冒険してBLTサンドを食べてみませんか。味わい深いベーコンと新鮮な野菜のコンビネーションによって、新しい食の冒険が始まるかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク