「めまいく」ではありませんよ!「目眩く」の読み方、知っていますか?

日常生活でごく当たり前のように使っている漢字。でも時に「漢字だけなら〇〇と読めるのに、送り仮名がつくと全く違う読み方になる」漢字に遭遇し、読み方がわからず戸惑ってしまうことも…。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「目眩く」の読み方、知っていますか?

「目眩く」の読み方は?

「目眩」だけなら「めまい」と読むことができます。だからといって、「目眩く」を「めまいく」と読むことはできません。「眩」は「眩しい(まぶしい)」と読むことができますが、「目眩く」を「めまぶく」「ままぶく」と読むのも間違いです。

ちなみに「目眩く」の意味は

目がくらむ。めまいがする。また、魅力にひかれて、理性を失う。

出典元:三省堂 大辞林第三版

です。例文には「目眩くような高さ」などが挙げられます。

正解は…

「めくるめく」です。

「眩」にはさまざまな訓読みがあります。

  • 音読み ゲン
  • 訓読み くらむ・くらます・くるめく・めまいまぶしい・まばゆい・う・まどう・れる
    (出典元:眩|漢字一字|漢字ペディア)

「眩」だけでも「めまい」と読むことができ、また「めまい」には「目眩」以外に「眩暈(めまい)」と表すことができます。

『漢字ペディア』によると「眩」は日本漢字能力検定1級に該当する漢字とのこと。戸惑うほどの訓読みの多さにも納得ですね。

例文では「目眩く高さ=目が眩む(くらむ)高さ」という表現を紹介しましたが、最近では元々の「目が回る」「目が眩む」の意味よりも、 “魅力にひかれて、理性を失う”など、「心が奪われ、判断力を失うこと」を表す形で使われている印象があります。

 

 

★こちらの問題にもチャレンジ!

「勤しむ」の読み方は?

答えは>>>こちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク