【この食べ物は何?】ブドウとユズではありません!「葡萄柚」は何と読む?

身近な食べ物も、見慣れない漢字表記になると何のことだか分からない・・・。特に野菜や果物はカタカナを用いることが多いですよね。

そこで本記事では、「漢字だとそんな表記をするとは!」と意外な食べ物の漢字クイズを出題します。

「葡萄柚」は何でしょうか?

葡萄は、ブドウですよね。

柚は、ユズですね。

これらの漢字は、お菓子やお酒のフレーバーなどでよく見かけます。

しかし、葡萄と柚がくっついた「葡萄柚」はあまり馴染みがないですよね。

でも、フレーバーとしては、わりとよく使われて、お馴染みの食べ物なのです。

とはいえ、味が葡萄と柚を混ぜたような食べ物、というわけではありません。

見た目がヒントになります。葡萄のような、柚のような、見た目のフルーツです。

いっそのこと、「葡萄柚」を英語にしてみたら分かるかも!?

正解は、こちらです。

「グレープフルーツ」です。

グレープフルーツという名前の由来は、一つの枝に複数の実をつける様子がブドウ(グレープ)の房に似ているからだと言われています。

ザボンの一種。果実が枝にブドウのような房状につく。ふつう果皮は黄色で、多汁。米国カリフォルニアで栽培。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

「グレープ」の部分を「葡萄」と書くのはそのままですから納得です。

でも、「フルーツ」を漢字にするなら「果物」なのでは、と思ってしまいますよね。

「葡萄柚」は中国語の表記をそのまま使ったものです。

ちなみに、中国語で「柚」は日本の「ユズ」ではなく、同じ柑橘類の「ザボン」のことです。

こうして見ると、英語より漢字のほうが、グレープフルーツの特徴をよく表しているかもしれません。

 

ところで、グレープフルーツは食べるだけでなく、実は驚きの活用術があるのです。

暖かくなってくると、どこからともなく出没する、ゴキブリ!

なんと、グレープフルーツにはゴキブリを撃退する効果があります。

ゴキブリは柑橘類の匂いが大嫌いなのです。柑橘類に含まれる「d-リモネン」という成分がゴキブリに有害にはたらくためです。

グレープフルーツの皮を乾燥させて置いておくだけで、ゴキブリがやって来なくなります。

キッチンの隅やシンクの下など、ゴキブリが出そうな場所に置いておくといいですね。

薬剤を使用するよりも安全で、小さな子どもがいる家庭でも安心して置けますよね。

レモンなど、他の柑橘類でも同じように使えます。

もちろん、この果物でも。

「甘橙」は何でしょうか?

橙(だいだい)は、ミカン科の柑橘類です。

しかし「甘橙」は、橙とは別の果物を表します。

この読み方を知らなくても、お馴染みの甘い柑橘類を思い浮かべれば一発的中するでしょう。

正解は、こちらです。

「オレンジ」です。

オレンジの和名は「甘橙(アマダイダイ)」と言います。

ちなみに、グレープフルーツにはこのような和名がありません。

オレンジにもゴキブリ撃退に有効な「d-リモネン」が含まれています。

グレープフルーツやレモンの酸っぱさが苦手な人は、オレンジで試してみて!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク