読めそうで読めない漢字!「些か」の読み方、知っていますか?

どこかで聞いたことがあっても、漢字を知らないと「え、これなんて読むの?」と戸惑ってしまうもの。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「些か」の読み方、知っていますか?

「些か」の読み方は?

私は「些か」の文字を見たとき「些」を「砦(とりで)」と見間違えてしまいました(もちろん「とりでか」なんて言葉を聞いたことがないので「違うだろうなあ…」とは思っていましたが)。

「些」はあまり馴染みがないように感じますが、「些細(ささい)なこと」などに用いられる漢字です。「些細」なら「あ、知ってる!」と思った方も少なくないのでは?でも、だからといって「些か」を「さか」と読むのは間違いです。

ただ「些か」が表す意味は、“こまかい、わずかなこと”を指す「些細」によく似ています。

「些か」の意味は


①数量・程度が少ないさま。少し。幾らか。自己の事柄については謙遜を、他者の事柄については婉曲を表し、「かなり」の意で用いられることがある。
②(下に打ち消しの語を伴って)少しも。全然。現代語では「〇〇〇かも」の形をとる。 二
数量・程度がわずかであるさま。重大でないさま。

出典元:三省堂 大辞林第三版

です。

例文には「腕には些か自信がある」「それは些か問題だ」などが挙げられています。

どこかで聞いたこと、ありませんか?

正解は…

正解は「いささか」です。

また「些か」の他に「聊か」と書くこともできます。こちらも読みは同じ「いささか」です。

「些か」も「聊か」も常用漢字表外の漢字で、現代では「いささか」とひらがなで用いられることが一般的です。「些」と「聊」で使い分けなければならない…というわけでもありません。ただ「些細」でおなじみの「些か」のほうが、読みと意味が覚えやすいのではないでしょうか。

ビジネスシーンに便利な「些か」

なお「些か」はビジネスシーンで用いるのに便利な言葉です。ビジネスシーンで「ちょっと」「少し」と表現すると軽く聞こえてしまうところを「些か」に置き換えることができます。また

  • 自分の技術にはかなり自信があります→自分の技術には些か自信があります

のように「かなり」の部分を「些か」に置き換えることで、謙遜しながらも技術に自信があることを伝えることができます。

相手が使った「些か」の意味が「少し」なのか「かなり」なのかを読み取るのは、相手の話し方やシチュエーション次第なところもあり、難しく感じるかもしれませんが、言い換えることでビジネスシーンに適した表現になる、とても便利な言葉とも言えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク