「ゆうたい」ではない!「有体」の読み方、知っていますか?

 

漢字にはさまざまな読み方があります。そのため漢字自体は馴染みのあるものでも、読み方が想定とは異なり、「え、この読み方じゃないの?!」と戸惑ってしまうことも。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「有体」の正しい読み方、知っていますか?

「有体」の読み方は?

「有体」の「有」も「体」も日常生活でよく見かける漢字です。ただ2つとも読み方が複数あるので「どの組み合わせで読んだらいいの?」と戸惑う人もいるのではないでしょうか。

「有」

  • 音読み:ユウ・ウ
  • 訓読み:あ(る)(常用漢字表外)も(つ)

「体」

  • 音読み:タイ・テイ
  • 訓読み:からだ

同じ音読みを組み合わせた「ゆうたい」が正しい読み方にも感じられますが、「有体」を「ゆうたい」と読むのは間違い。

まずは正解を見てみましょう。

正解は…

「ありてい」です。

「有体」とは

① 物事の状態。ありよう。
② ありのままであること。偽りや飾りのないさま。ありよう。
③ ありきたりのこと。ありふれたこと。とおりいっぺんなこと。

出典元:精選版 日本国語大辞典

を指します。

「有体」は日常生活ではあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、「有体に」「有体に言えば」などの形で用いられます。ビジネスシーンなどでは聞く機会に恵まれるかもしれません。

「有体に言えば」とは「ありのままに言うと」「本音を言うと」などの意味があります。俗語的な表現に置き換えると「ぶっちゃけ…」が当てはまります。

最近では「有体」と書くより「有り体」と書く方が一般的なようです。ただ、いずれの場合も読み方は変わらず「ありてい」なので、「り」が書かれていない「有体」を読む時、うっかり「ゆうたい」と読まないよう気をつけましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク