【クイズ】経団連って何の略だか言える?意外に知らない!

経済ニュースなどにしばしば登場するのが「経団連」という名称。

 

「経団連」は何の略でしょう。

 

現在の会長は?

答えは「日本経済団体連合会」です。

 

「経団連」は「一般社団法人日本経済団体連合会」の略。日本の大手企業を中心に構成される団体で、日本商工会議所、経済同友会と並ぶ「経済三団体」のひとつ。そのなかでも大きな影響力を持っており、以前は経済産業省所管の社団法人でした。

前身となる日本経済聯盟会(経済聯盟)の第一回会議総会は1922(大正11)年に開かれましたから、実に100年近くの歴史があります。経済団体連合会としては、第二次世界大戦後の1948(昭和23)年に発足。2002年に日本経営者団体連盟(日経連)を統合したものが現在の組織。

経団連の目的は「企業の価値創造力強化、日本と世界の経済の発展の促進」。経営者の意見の取りまとめ、政治・行政・労働組合・市民などとの対話や、各国政府・経済団体や国際機関との対話などを担っています。

日本経済の有力企業が多く加盟しているため、その利害が社会問題に対する見解や主張に反映されているといわれます。政界・経済界に大きな影響力を持った組織という見方も。

現在の会長は、日立製作所会長でもある中西宏明氏が務めています。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク